ワンピース

ワンピース1063話ネタバレ確定最新話感想と考察!パシフィスタポリス登場!ローと黒ひげが激突!

ワンピース 1063話 ネタバレ 考察 感想
Pocket

「ワンピース1063話ネタバレ確定最新話感想と考察!パシフィスタポリス登場!ローと黒ひげが激突!」

物語も最終章を迎え、衝撃的展開のオンパレードとなっているワンピース!

次々に、回収される伏線達が、読書を驚かせれくれますよね♪

現在、公開されている劇場版『ONE PIECE FILM RED』は、9週連続1位となり、記録を伸ばし続けています。

REDの感想や考察は、落ち着いた印象ですが、本編の衝撃的な展開の多さに、考察界隈は、大盛り上がりとなっていますよね!

この記事では、映画のネタバレは行いませんので、映画をまだ見ていない方にも、お楽しみいただけると思います。

そして、ワンピース全話では、ジュエリー・ボニーの父がくまであることが確定しました。

ボニーは、自分の父が、兵器に変えられたことをルフィ達に告白します。

ルフィ達は、父親がくまであることを知りませんが、話しているボニーの背景にくまが描かれていたことから、父親がくまだということが確定しました。

また、CP-0がベガパンク抹殺を計画していることが明らかになりました。

ここで、ベガパンクが6人いることも語られましたが、世界一の科学者で、政府に大きく貢献してきた人物を、抹殺しようとしている展開には驚きましたよね!

そして、今回のワンピース1063話では、バシフィスタポリスが登場し、ルフィ達に襲い掛かります。

自販機のような機械からでた食べ物を、無銭飲食したという罪で襲われるのですが、その姿を見たボニーは、涙を流していました。

また、新世界のとある海域で、トラファルガー・ローと黒ひげが激突し、ポーネグリフ争奪戦が開始されましたね!

勝利した方が、ワンピースに王手をかける重要な戦いになりそうです。

最新のワンピース1063話は10月17日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定です。

それでは早速「ワンピース1063話ネタバレ確定最新話感想と考察!パシフィスタポリス登場!ローと黒ひげが激突!」と題しまして、ワンピース最新1063話ネタバレ考察をお届けします!

 

ワンピースネタバレ1063話考察


最新ワンピース1063話の前に、前回のおさらい!

ルフィが、仲間に語った夢の果てが、全ての島に橋を架けることでは?と以前の記事で考察していきました。

自由を追い求め、海賊王は「この海で一番自由なやつ」という価値観を持つルフィは、世界を自由にしたいと考察しました。

その方法として、全ての島に橋を架け、国境も差別もない、自由な世界を実現したいのではないかと思います。

また、世界一の大剣豪である、鷹の目のミホークは、冥王レイリーと元女帝シャッキーの息子だと考察しました。

ミホークは、世界屈指の実力者ですよね。

そんな、ミホークの父と母が、普通の人だとは到底思えません。

そこで考えられるのが、レイリーとシャッキーでした。

その根拠として、もみあげなど見た目の特徴が、2人に似ていることや、実力面と年齢など多くの事柄が挙げられます。

ミホーク出生の秘密が、明らかになる日が待ち遠しいですね♪

今回は、ベガパンクとフランキーが親子である可能性を考察していきます。

また、麦わらの一味が、ベガパンクと敵対し、セラフィムと戦う可能性についても考察していきましょう!

それでは、早速「ワンピースネタバレ最新1063話!べガパンクとフランキーは親子?麦わらの一味はセラフィムと戦う?」と題しまして、ワンピース最新1063話ネタバレ考察をお届けします!

ワンピース最新【1063話】の掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!

 

ワンピース1063話ネタバレ考察|コブラ王殺害事件の犯人は世界政府?

世界に衝撃的なニュースが公表されました。

革命軍のNo.2であり、ルフィの義兄弟、現在では「炎帝」と称されているサボがコブラ王を殺害したというニュースです。

果たして本当にサボがコブラ王を殺害したのでしょうか?

結論としてサボがコブラ王を殺害することはないと考察できます。

それはなぜかというと、まずサボがコブラ王を殺害する動機が見当たりません。

サボはマリージョアで屈辱的な状況にある仲間のバーソロミューくまを救出するために行動していました。

天竜人の奴隷なり、サイボーグにされたくまの現状に怒り聖地に殴り込みに行ったのです。

そんなサボがコブラ王を殺害するとは到底思えません。

コブラ王は善良な人間であり、サボがくまを救出することを止めたりはしないでしょう!

そうなると動機が見当たらないのです。

そうなると誰がコブラ王を殺害したのでしょうか。

殺害した犯人は世界政府だと考察できます!

レヴェリーの後にコブラ王は世界政府に何かを問い詰めに行ったと思われます。

その内容こそがアラバスタ王国にあるとされていた「プルトン」のことや、空白の100年に関係することだったのではないでしょうか!

古代兵器であるプルトンやネフェルタリ家に違和感を感じたコブラ王は、真実を知ろうとしたのではないかと思います。

結果世界政府から危険人物と見なされ、消されてしまったのではないでしょうか!

その犯人として丁度マリージョアにくまを救出にきたサボを利用したと考察できます。

つまりサボは濡れ衣を着せられており、真実を隠すため都合よく世界政府に利用されてしまったと考えられるでしょう。

 

ワンピースネタバレ1063話ネタバレ確定の見どころ!


最新のワンピース1063話では、どんなところが見どころになるでしょうか?

これまでの物語を踏まえ、ワンピース1063話で見どころとなりそうなシーンを予想してみました。

内容が確定されるまで待ちきれないので、みんなで一緒に予想して楽しみましょう♪

考察してみた見どころは、こちらです!

 

ワンピース1063話ネタバレ|見どころはジュエリー・ボニーとくまの関係が明らかになる!

麦わらの一味の前に現れたジュエリー・ボニーは、ベガパンクに会うために、エッグヘッド島に来たと話していました。

このことから、ジュエリー・ボニーは、ベガパンクに、何かを要求しに来たと考えられます。

その要求こそが、くまを元に戻すことでしょう!

自ら、ベガパンクの実験体となり、サイボークとなって、人格すら失ってしまったくまですが、これには何か理由があったと思われます。

それは、ジュエリー・ボニーがくまの娘であり、人質にされていたというものです。

ジュエリー・ボニーが、黒ひげに捕らえられた時、赤犬は「政府から逃げた時にはヒヤリとした」と発言していましたよね!

赤犬がヒヤリとした理由は、くまが途中で、実験を放棄する可能性があったからだと考察できます。

娘を人質に取られていたからこそ、くまは実験を受け、娘の身代わりになっていたのでしょう。

しかし、マリージョアで奴隷のように扱われ、サイボーグとなり、心を失ってしまった父の姿を見て、ジュエリー・ボニーは、くまを助けることを決意したと考えられます。

そう考えると、ジュエリー・ボニーの涙や、今までの行動が全て父であるくまのためだったということになり、辻褄が合うのではないでしょうか!

 

ワンピース1063話ネタバレ|ベガパンクによって悪魔の実の秘密が明かされるかが見どころ!

ベガパンクが、登場したことにより、注目されているのが、悪魔の実の秘密が明かされる可能性です。

実は作者の尾田栄一郎先生は、ある博士が悪魔の実の秘密を明らかにすると言っていました。

この博士は、十中八九、世界一の科学者であるベガパンクのことでしょう。

人造悪魔の実の作成や血統因子の研究など、悪魔の実の秘密を知らなければ、到底できないような研究をベガパンクは行なっています。

ワンピースの物語が最終章に入ったことで、悪魔の実がどうやって生まれたのか、なぜ力が発現するかなど、多くの謎がいつ明らかになってもおかしくないでしょう。

一体、ベガパンクからどんな秘密が語られるのか、今後の展開に期待します!

 

ワンピースネタバレ1063話ネタバレ感想

みなさん、ワンピース1063話はご覧になりましたか?

今回は、パシフィスタポリスが登場し、無銭飲食をした罪で、ルフィ達に襲い掛かってきました。

ルフィ達4人は、未来風の新たなコスチュームをゲット!

そんな中、ルフィは見覚えがある顔を発見します。

それが、くまの姿をしたパシフィスタでした。

このパシフィスタには、POLICEと描かれており、無銭飲食などの罪で、ルフィ達にレーザー砲を放ってきたのです。

罪が重すぎるという、ジンベイのツッコミもありましたが、容赦なくルフィ達に襲い掛かってきます。

そして、ボニーがロックオンされ、危険な状況になるのですが、ボニーは動くことができませんでした。

なぜならくまがボニーの父親であり、父親と同じ姿をしたパシフィスタを見て、感情が抑えられなくなっていたのです。

涙を流しながら、ルフィ達にくまが自分の父親であることを告げます。

しかし、本物のくまではないパシフィスタは、そんなボニーにも情け容赦なくレーザー砲を放ち、ルフィ達は爆発に巻き込まれるのでした。

そして、舞台が新世界のとある海域へと移り変わります。

なんと、ここで登場したのは、女体化したトラファルガー・ローであり、ローと黒ひげが激突していました。

ローは、黒ひげ海賊団のドクQから攻撃を受けており、女体化する病に感染していたのです。

その病で、女体化したローの可愛さに歓喜するハートの海賊団でしたが、より強い覇気で病を克服し、男性へと戻ることができました。

病は気からってやつですね!

さらに、バージェスが怪力で山を持ち上げるなど、伝染や怪力、瞬間移動など、黒ひげ海賊団全員が、能力者になっている可能性が非常に高くなりました。

そして、黒ひげ海賊団船長である黒ひげと対面します。

対面した両者は「勝った方がロードポーネグリフの総取りだ」と言い、これから壮絶な、ポーネグリフ争奪戦が幕を開けることとなりました!

エッグヘッド島の裏側で、とんでもない戦いまで始まり来週のワンピースからも目が離せませんね♪

 

ワンピース1063話ネタバレに対するSNSの感想は?

 

ワンピースネタバレ1063話まとめ

「ワンピース1063話ネタバレ確定最新話感想と考察!パシフィスタポリス登場!ローと黒ひげが激突!」いかがでしたでしょうか?

今回のワンピースy1063話で、パシフィスタポリスが登場しました。

今まで登場したパシフィスタと、同様の性能だと思われますが、見た目が警察のようになっており、胸にはPOLICEの文字が入っています。

ルフィ達が、無銭飲食をした罪で、レーザー砲を放つというとんでもない兵器でしたが、ボニーはその姿を見て涙しました。

その時に、くまが自分の父親だとルフィ達に打ち明け、ルフィ達もボニーの父親がくまだということを知ります。

また、新世界のとある海域で、ローと黒ひげが激突しました!

ドクQのシクシクの実で、病を伝染させられ、女体化したローが登場し、読者を驚かせてくれましたね。

また、リキリキの実で、怪力人間となったバージェスや、ワプワプの実で、瞬間移動が可能になったヴァンオーガーなどが登場しました。

このことから、黒ひげ海賊団全員が、能力者になっている可能性が非常に高くなり、残るメンバーの能力も気になりますね♪

そして、この戦いの勝者が、ロードポーネグリフの総取りだと発言していたことから、ワンピースに王手がかかる戦いでもあるでしょう。

今後、この戦いの勝敗が、物語に大きな影響を与えることは間違いないことから、この戦いにも要注目ですね!

ワンピース1063話は10月17日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定です。

それでは「ワンピース1063話ネタバレ確定最新話感想と考察!パシフィスタポリス登場!ローと黒ひげが激突!」ここまでです!

最後までご覧いただきありがとうございました。