ワンピース

ワンピースネタバレ最新1057話!くまの人格は戻る?緑牛よりルフィの方が強い?

ワンピース 1057話 ネタバレ 考察 感想
Pocket

「ワンピースネタバレ最新1057話!くまの人格は戻る?緑牛よりルフィの方が強い?」

連載が再開してから展開の早さに置いていかれそうになるほどのワンピース!

劇場版『ONE PIECE FILM RED』も8月6日(土)に公開となりました。

もう既に複数回、劇場で観ている方も多いのではないでしょうか!?

もちろん、これから観に行こうと楽しみにしている方もたくさんいらっしゃいますよね。

この記事では映画のネタバレには一切触れておりませんので、ご安心ください♪

前回のワンピース1056話では、ついにルフィたちがワノ国を旅立つことに!

物語がまた大きく動き出しましたね。

今回の記事では、革命軍によって解放されたことが明らかとなったバーソロミュー・くまの人格が元に戻るのか?に注目していきたいと思います。

また、以前のワンピースのお話ではシャンクスが緑牛を覇気で追い払っていました。

シャンクスと緑牛の実力はどれくらいなのかも気になりますよね。

まずは緑牛よりもルフィの方が実力が上なのかという点を考察していきます。

ワンピース1057話は8月22日(月)発売の週刊少年ジャンプ38号に掲載予定です。

それでは早速「ワンピースネタバレ最新1057話!くまの人格は戻る?緑牛よりルフィの方が強い?」と題しまして、ワンピース最新1057話ネタバレ考察をお届けします!

https://twitter.com/Eiichiro_Staff/status/1555207223319883778?cxt=HHwWhMDTodqumpUrAAAA

ワンピースの最新刊を無料で読む方法をご存じですか?

次々と海賊版違法漫画サイトが開設されていますが、そんな危険なサイトを利用しなくても安全に漫画を読める公式の電子書籍アプリがあるんです。

それがU-NEXT

なんと、今ならU-NEXTで無料お試しキャンペーンを実施中で、ワンピースの最新刊を無料で読むことができます。

以下に危険を促す為、漫画を違法アップロードしている海賊版サイトを載せておきます。

≫【2022年最新】海賊版サイト一覧

上のサイトの漫画をダウンロードすることも違法で危険なことなので絶対に利用しないでくださいね!

ワンピースファンのあなたも、安全に漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーン中に今すぐ簡単登録しちゃいましょう♪

 

Contents

ワンピースネタバレ1057話考察

チョッパーの「ヒトヒトの実」にもモデルがあるのでは?という点については、以前の記事で考察しました。

今回は、そのチョッパーが食べた「ヒトヒトの実」モデルがあった場合は幻獣種モデル雪男なのでは?と考えています。

また、以前気になる謎の多いシャンクス。

最近の意味深な発言たちからも、どうやらシャンクスはワンピースの在り処を知っているような雰囲気。

シャンクスは多くの謎について知っていそうですが、この「ワンピースの在り処を知っているのか」ということについても、考えていきたいと思います。

それでは早速ワンピース最新1057話ネタバレ考察をしていきましょう!

ワンピース最新【1057話】の掲載情報は週刊少年ジャンプ公式サイト、または公式ツイッターの情報もご覧ください!

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|バーソロミュー・くまの人格はDr.ベガパンクが元に戻す?

以前のワンピースのお話では、バーソロミュー・くまが奴隷にさせられている衝撃的な姿が描かれていました。

しかも、革命軍北軍軍隊長・カラスが、くまを救い出すことを決意しながらも、元のくまには戻らないと言っていたのを覚えていますか?

あのくまが人格を失ったままだとは、やっぱり思いたくないですよね。

ですが、この発言に「(天竜人から奪還するだけでは元のくまには戻らないけれども)唯一くまを改造したDr.ベガパンクになら戻せるかもしれない」と続きがあるという希望を持ちたいです。

世界最高と言われる頭脳と科学力を誇るDr.ベガパンクになら、人格を失って人間兵器となってしまったバーソロミュー・くまの人格を元に戻すことが可能なのではないでしょうか?

くま改造も、世界政府の命令によって行なったDr.ベガパンクですから、どこかで抜け道を用意していたと信じたいですね。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|緑牛と比べるとルフィの方が実力は上?

海軍大将と言えば元々「赤犬(サカズキ)・青雉(クザン)・黄猿(ボルサリーノ)」の三大将でしたが、マリンフォードでの頂上決戦後、赤犬が元帥へ昇格。

赤犬と元帥の座を争った青キジは、赤犬の下につくことを拒否して海軍を去ったため、現在の海軍三大将は「黄猿・藤虎(イッショウ)・緑牛(アラマキ)」です。

海軍大将は全員悪魔の実の能力者で「海軍本部最高戦力」と言われていることから、戦闘力は申し分ありません。

緑牛に関しては「ロギア系・モリモリの実」の能力者で「禁憎森々」という技はわかっていますが、まだまだ未知数。

藤虎に並ぶくらいの実力だと以前言われていましたが、おそらく過去の海軍大将で最強で現在は元帥となっている赤犬ほどではないのでしょう。

最強と言われていたカイドウを倒したルフィと比べると、緑牛よりルフィの方が実力が上の可能性は充分にあります。

シャンクスが覇気だけで追い払った緑牛と、ルフィが直接対決するときが来るのが楽しみですね。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|チョッパーの「ヒトヒトの実」は幻獣種モデル雪男?

海軍本部元元帥のセンゴク・通称「仏のセンゴク」は、悪魔の実「ヒトヒトの実 モデル”大仏”」の能力者です。

動物(ゾオン)系悪魔の実の中には、幻獣種というものがあり、これは自然(ロギア)系よりも希少価値が高く、能力的にも自然系と並ぶのが特徴。

ルフィの悪魔の実も、ゴムゴムの実ではなく「ヒトヒトの実 モデル“ニカ”」という幻獣種でしたよね。

いまのところ、「ヒトヒトの実」を食べた能力者は、全員この幻獣種の能力者。

となると、やっぱりチョッパーの「ヒトヒトの実」も幻獣種かな?と考えたくなります。

チョッパーは「雪男」と言われていたことから、最有力なのはチョッパーの「ヒトヒトの実」は幻獣種モデル”雪男(イエティ)”」かなと考えています。

ルフィの太陽神や、センゴクの大仏から、チョッパーの幻獣種も神仏に関係しているのかな?と思ったのですが、雪や氷の神様は女神が多いんですよね。

ですので、一番近いと考えられるのは「雪男」ではないでしょうか。

これまでのお話の中で、チョッパーが「雪男」と呼ばれて恐れられているシーンがいくつかあったので、これは伏線になっているのかもしれません。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|シャンクスはワンピースの在り処を知っている?

休載明け、シャンクスが登場してファンは大いに沸きましたよね。

そのとき、シャンクスがワンピースを「奪(と)りに行く」と発言していました。

「獲る」ではなく、「奪る」。

奪う、という漢字があてられているのは大きなヒントのように思います。

これは既に誰かがワンピースを手にしているということでしょう。

または例えばルフィや他の海賊が既にワンピースまたはワンピースに直結する何かを手にしていて、それを奪いに行くということかもしれません。

いずれにせよ、この発言からシャンクスは既にワンピースの在り処を知っているような気がします。

在り処を知っていて、奪りに行くと言っていることからも正体が何かも既に知っているのでは…?

これまで獲得に動いていなかったということは、何か条件が揃っていなかったのでしょう。

ついにシャンクスが動き出しそうですので、ここからワンピースを巡る動きは加速する一方だと考えられます。

「ワンピース」に辿り着くのはシャンクスなのか、ルフィなのか、それとも…?

これもう、最後まで目が離せませんね!

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|コブラ王を手に掛けたのは世界政府?

カイドウ撃破後、一気に様々なニュースが世界を駆け巡りました。

その中で、モルガンズに対して世界政府が情報操作命令を出していたことも明らかに。

特に衝撃的だったのは「サボのコブラ王事件」。

今ではサボは炎帝と呼ばれ、世界の英雄的存在として祭り上げられています。

革命軍が英雄となるのは世界政府も望んではいないでしょうから、本来であればこの事件は世界政府としても揉み消したかったニュースのはず。

このニュースは、ニカルフィの写真同様、揉み消しに失敗したのでしょうか?

それともコブラ王の記事はサボに濡れ衣を着せたくて発信したもの?

世界政府がこのコブラ王事件の黒幕で、サボに濡れ衣を着せて何か企てているのか、それとも事故や病気での突然死なのかはわかりません。

ですが、ドラゴンたちが事実確認をしなくてはと慌てている様子は、革命軍としては予想していなかった事態なのでしょう。

そうすると、サボが手に掛けた可能性は低そう。

どういう意図でこのニュースが世界に流れたのか、真相が早く知りたいですね!

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|チョッパーが食べたヒトヒトの実も幻獣種?

長らくルフィの食べた悪魔の実は「ゴムゴムの実」と思われていました。

ですが、ここへ来て実は「ヒトヒトの実」で、しかも「幻獣種モデルニカ」であったことがわかりましたよね。

そうなると、俄然気になるのがルフィと同じ「ヒトヒトの実」を食べているチョッパー。

チョッパーにも、まだ明らかになっていない能力が隠されている可能性はあります。

「ヒトヒトの実」の能力者で、モデルが明かされていないのは今のところチョッパーのみです。

このまま明かされないまま…というのは考えにくいでは!?

やはり、チョッパーの実にも何かモデルがあると考えた方が自然ですよね。

チョッパーが食べた「ヒトヒトの実」も幻獣種で、この後さらにパワーアップを見せてくれることもありえるんじゃないかな?

能力を覚醒させたチョッパー、見てみたいですね。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|ロビンは青キジと再会する?

元々、海軍大将は青キジ(クザン)と黄猿(ボルサリーノ)と赤犬(サカズキ)の3名でした。

その後、新世界編になってからは赤犬が海軍元帥へと昇格。

赤犬に負けた青キジは海軍から離脱し、空席となった海軍大将に新しく藤虎(イッショウ)・緑牛(アラマキ)が就任しましたよね。

その緑牛はワノ国編が終わりを迎えるタイミングでようやくハッキリと姿を現しました!

では前任の、青キジ(青雉)は一体どこへ行って何をしているのでしょうか?

青キジと言えば、ロビンと印象深い関係にありますし、オハラはまだ生きているという発言も印象深いところ。

もしかすると、「空白の100年」を弾圧してきた世界政府や海軍に対して疑問を抱いていた海軍中将サウロの遺志を継ごうとしているのかも。

ただ歴史の真実を知ろうとしている考古学者たちを根絶やしにする必要がどこにあったのか?

海軍を離脱した今、青キジはそれを探ろうとしているのでないでしょうか。

歴史を探る過程で、ロビンと青キジが再会する可能性は高いと考えています。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|シャンクスは「ゴムゴムの実」をわざとルフィに食べさせた?

「ワノ国編」の終盤、ルフィが食べた悪魔の実が「ゴムゴムの実」ではなく、「動物系ヒトヒトの実・幻獣種モデル“ニカ”」だとわかりました。

相当な衝撃でしたが、シャンクスはこの「ゴムゴムの実」を敵船から奪い取っています。

別の理由で襲った敵船にたまたまあったのを貰ったのではなく、このゴムゴムの実を狙っていたような口ぶりでした。

そこまでして奪った悪魔の実を、ルフィがあっさり手に入れて食べてしまったのは、どうも不自然です。

シャンクスは「ゴムゴムの実」が本当は「ヒトヒトの実・幻獣種モデル“ニカ」だと知っていて、ルフィが悪魔の実を食べるよう仕向けたような気がします。

ルフィのポテンシャルを信じてその実を託したかったのではないでしょうか。

「ヒトヒトの実・幻獣種モデル“ニカ」を食べたルフィは、シャンクスが片腕を失っても安上がりだと思えるほどの存在だったのかなと思います。

もちろん、そんな打算だけでルフィの命を救ったとは思いたくありませんので、2人の間の友情がベースにあればいいのですが。

新四皇として肩を並べた2人、シャンクスがルフィの躍進を喜んでいてくれると期待したいですね!

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|ギア5ルフィが真っ白なのは火力が太陽に近づいたから?

カイドウ撃破の大きな後押しとなったギア5でニカ化したルフィ。

新しい手配書に、このニカルフィの写真が使われているのにも驚きましたが、何よりその風貌は結構衝撃的でしたよね!?

ギア5のルフィは髪も眉も真っ白ですが、ルフィと言えば、赤のイメージが強いです。

ヒーローものでは主役、熱くて元気なイメージの色でルフィにピッタリなので「白ルフィ」はすぐには慣れませんでした。

ルフィには兄エースの「火拳(ひけん)」を再現した火拳銃(レッドホーク)など、炎を纏う技がありますよね。

その火にまつわる話ですが…実は熱した金属や炎などは赤色が最も低く、次いで黄色、白色…と温度によって色が変わります。

赤いほうが熱そうなイメージがありますが、実際には逆です。

そして、太陽を赤色で表現するのは日本独特の文化です(日本だけ、ではありませんが少数派です)。

欧米では、実際に屋外で太陽を見上げたときの白や黄色を太陽の色として考えるのが主流。

そのため、太陽の神ニカの力を手にしたルフィが白色な理由は「火力アップ」と「太陽の世界的なイメージ」を表現したからなのではないでしょうか。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|懸賞金が30億止まりなのはルフィを警戒しているから?

新四皇入りが期待されていたローとキッドでしたが、そこまでとはいきませんでしたね。

懸賞金が30億ベリーにまで上がりましたが、単独でビッグ・マムを倒したわけではないのが原因でしょう。

それに対し、単独でカイドウを撃破したルフィが新しく海の皇帝となったことに異を唱える人はいないはず。

ですが、新しい懸賞金額に関してはカイドウの46億と比べて「ルフィが30億は少ないのでは?」とも言われていましたよね。

これは恐らく世界政府が意図的に金額を下げたのでしょう。

五老星はルフィの手配書に「Dの文字」を入れないように伝えていたようですし、ギア5のニカ化ルフィの写真を使うのも良しとしていませんでした。

ルフィが30億止まりなのも世間的な注目を集めることを危険視しているのでしょう。

そのため、新四皇入りはしましたが、あえて懸賞金額をカイドウ以下に抑えることで「そこまでの人物ではない」と対外的にアピールする狙いがあったのかな?と思います。

それでもルフィなら、いずれロジャーの55億を超えてくれると期待したいですね。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|バギーが四皇に選ばれたのはバラバラの実のせい?

ローとキッドの二人に代わってバギーが新四皇に入ったのは、予想していた人もいれば意外だった人も多いのでは?

最初はネタかなと思いましたが、確かにバギーはインペルダウンから脱獄した後、他の脱獄囚を従えたり、着実に部下を増やしていたりと謎の(笑)カリスマ性もあります。

強キャラのローとキッドを差し置いて、バギーが四皇に選ばれたのはバラバラの実が関係しているのではないでしょうか。

ただ、「ゴムゴムの実」が実は「ヒトヒトの実・幻獣種モデル“ニカ」だったように、「バラバラの実」も「ヒトヒトの実・幻獣種」の可能性は大いにあります。

世界政府だけがそれを知っていたとしても不思議ではありません。

それに、ミホークに切られても即再生するなど、わかっている範囲だけでも手強い能力です。

打撃面で強いというよりも「負けない(死なない)」というところが評価されたのかも?

そして、もしこれが覚醒するとなればより驚異となるはず。

本当にネタで四皇になっただけ…という笑える展開もアリかな?とは思いますが、今後の作品内でのバギーの立ち位置や扱いがどうなるのかは大注目ですね!

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|四皇ビッグマムはまだワノ国の地下で生きている?

以前のワンピースで、ユースタス・キッド、トラファルガー・ローと対峙したビッグ・マム。

この激闘も熱かったですよね〜。

戦いの末にキッドとローの2人に敗北したビッグ・マムは、ワノ国の地下深くに落下してしまいました。

確かに、落下はしましたが、生死は不明なまま。

しかも、ビッグ・マムはワノ国に何があるか知りたがっていて、それがわからないことを悔しがっていましたよね。

戦線離脱はしていますが、この状態で「生存してない!」とは言い切れないので、ビッグ・マムはワノ国の地下でまだ生きていると予想。

ワノ国の地下に眠っている「お宝」を探している可能性もあるのでは…と考えています!

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|ヤマトが仲間になる場合の懸賞金額は?

みんなが楽しみにしている懸賞金アップイベント。

数字の予想って楽しいですよね。

特に自分の推しキャラの懸賞金が高かったり大幅に上がったりすると、嬉しくなりませんか!?

では、仮にヤマトが仲間になって海に出るとすれば、懸賞金の額はいくらぐらいが妥当でしょう?

今のところヤマトは、直接世界政府に歯向かったり、危害を加えたりはしていませんし、反政府的な思想も持っていません。

そこだけを切り取ると、まさかの懸賞金0もアリでは!?

ですが…麦わらの一味の船に乗るのに懸賞金額が0じゃ物足りないですし、そもそも仲間入りしてる時点で危険と見なされる可能性は高そう。

ゾロやサンジといった他のメンバーも軒並みアップすることを考えて、まずは破格の5億ベリーからスタートと予想!

実力的にはもっと高くてもいいと思いますが、加入直後から麦わらの一味の中で2位3位に食い込むほどの額にはならなそう…。

今後の(仲間入りすると仮定して…ですが)活躍でさらなる懸賞金アップをしてもらいたいですね!

 

ワンピース1057話ネタバレ|見どころはサボの事件を知ったルフィの反応!

サボがアラバスタ国王のコブラ王を手に掛けたとする記事は相当ショッキングなものでした。

どうやら生存しているようなので、ファンとしては嬉しくもありますが、サボがビビの父を殺害するという流れはにわかには信じたくありません。

おそらく、ルフィもこれを真に受けるようなことはしないのでは?

笑い飛ばすのか、事実確認に急ぐのか。

皆さんはルフィの反応はどんなものになると思いますか?

このサボの事件を知ったときにルフィが一体どのような反応をするのかは、気になるポイントですよね。

ルフィの反応が読者と同じなのか、それとも違うのか。

これによって、サボが本当に事件に関与しているのか、それとも濡れ衣を着せられているだけなのかが見えてくるかもしれません。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|カイドウは黄泉の国でおでんと再会?

ようやくルフィに撃破されたカイドウ。

侍の心意気にある種の憧れのような気持ちを持っていて、そんな侍が好きだと以前公言しています。

何度倒れても立ち向かってくるルフィにも、侍たちに向けるのに似た感情を抱いていたとしても不思議ではありません。

そんな相手に打ち負かされてようやく満たされた…かな?と思いますが、カイドウがこのままフェードアウトしちゃうのも勿体ない!

死にたがりのカイドウは、自分がその死に様を高く評価しているおでんやロジャー、それに白ひげに会いたいと思っていそうな気がします。

そこで、ルフィと技をぶつけ合った末の敗北を受け入れたカイドウは、黄泉の国でおでんに再会 。

武士らしく散っていた先人たちと肩を並べることで、ようやく納得の行く自分の引き際を見つけることができるんじゃないでしょうか!?

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|藤山の頂上には不治の薬がある?

大団円を迎えたと言ってもいいワノ国編ですが、まだ気掛かりなことがあります。

おトコたちのSMILEの副作用については解決していません。

「これは副作用じゃなくて、本当に笑ってるんだな」と思えるシーンも最近のお話では増えてきていますが、治っているわけではないですよね。

この治療が完成してこそのワノ国編だと思うので、治療のヒントが未だ詳細の描かれていない藤山にあると予想します。

藤山のモデルとなった富士山には数々の伝説があり、そのひとつの「竹取物語」ではかぐや姫が天に帰ったことを嘆いた帝が、かぐや姫の遣いから送られた不死の薬を山の頂上で焼いたとされているのです。

そこから「ふじの山」と呼ばれるようになったという言い伝えがあり、「藤山」とも繋がりますね。

ワノ国の藤山にあるのは「不死(ふし)」の薬か、それとも「不治(ふじ)」の薬なのか。

チョッパーが目指している万能薬のヒントがそこに眠っているのではないでしょうか?

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|Dr.ヒルルクの見た桜はワノ国にある?

繰り返しになりますが、藤山のモチーフや富士山。

そもそもワノ国自体が「倭の国(和の国)」という名前なだけあり、全体を通して日本の色が濃く出ています。

そんな日本を象徴する花といえば桜がすぐに思いつきますが、ワンピースの中でこれまで描かれてきた桜の中で、場所がはっきりと示されているのは花の都のみ。

花の都では桜が舞い散っていますし、ワンピースの世界ではここにしか桜が咲いていない可能性も充分にあると思います。

このことから、Dr.ヒルルクが医学を志すきっかけとなった、山いっぱいに咲き誇る「奇跡の桜」はワノ国にあったと予想。

ワンピース屈指の名シーン、かつ人気エピソードの「ヒルルクの桜」。

この桜を、チョッパーが実際に自分の目で見ることで、ヒルルクの感じた奇跡を胸に刻んで、受け継いだ遺志をより強固なものにしてほしいです。

 

ワンピース1057話ネタバレ考察|ヤマトがおでんとして仲間入りしない?

ルフィの返事を待たずに、光月おでんとして自己紹介して乗船宣言したヤマト。

海への憧れが強く、四皇カイドウの子供で戦っても強く…そして読者人気も高い!

海賊王の仲間としてはピッタリな逸材かな?と思っていますが、個人的に仲間になってほしい気持ちを一旦抑えるとヤマトが「仲間にならないのでは?」という要素も…。

まずは「クルーとしての役割」。

おでんの航海日誌を持ってはいますが、そこで思いつく「航海士」としては既にナミがいるため、ヤマトにしか出来ない相応しい役割が不明。

そして「ルフィと冒険をすることで叶えたい夢」。

ゾロであれば世界一の剣豪になる、という明確な夢があります。

ルフィも自分の仲間になるならそれぐらいの夢を持って、叶えてほしいと言っていましたよね。

ナミも当初の1億ベリー稼ぐ!ではなく、世界地図を完成させるという本当の夢も持ったタイミング(「アーロンパーク編」)で「2人目」というタイトルがナミに与えられました。

現時点でのヤマトは、海へ出て冒険をすること自体が夢です。

冒険することから一歩踏み込んで、海へ出ることで叶えたい自分だけの夢を示すことが本当の意味での「仲間入り」には不可欠。

ヤマトが光月おでんとして冒険するだけではなく、ヤマトとして成し遂げたい夢を見つけることが待たれますね。

 

ワンピースの伏線回収と今後の展開予想!

休載明けからワンピースが最終章に突入すると言われています!

ワノ国編もそろそろ締められ、ルフィたちは次の目的地へ向かおうとしているところです。

まだ回収されていない伏線、明かされていない謎、キャラクターたちの気になる秘密など「あれはどうなってるの?」という点がまだまだ残されていますよね。

連載再開までの間は、映画の情報や少年ジャンプ本誌についてくる付録小冊子「Road To Laugh Tale」を読んで待っていましょう♪

今後の展開を予想して楽しんでいこうと思います!

バーソロミュー・くまの現状と救出の行方は?

衝撃的な姿が描かれて以来、現状が気になっている人もたくさんのバーソロミュー・くま。

以前は王下七武海の一人で「暴君くま」と呼ばれて恐れられていました。

元革命軍の幹部で、しかもソルベ王国の元国王だったことも明かされていますよね。

ソルベ王国の詳細はまだ描かれていませんが、世界政府加盟国(レヴェリー参加権保持国)なので、比較的大きな国なのでしょう。

そんな世界政府加盟国の元国王でありながら、くまは「聖地マジョーリア」で天竜人の奴隷となっています。

さらには、マリンフォード頂上決戦前にDr.ベガパンクの最後の改造によって人間兵器とされてしまい、現在は自我すら失っている状態。

無敵奴隷くま、などと呼ばれていて読んでいて辛い気持ちになったファンも多いはず。

くまの身近にいるサボは、優しいくまだと言っていて世間の「暴君くま」のイメージとはかけ離れているような…?

手に聖書を持っている姿も、暴君には程遠いものがあります。

この「暴君」というのも世界政府にはめられ、世界政府から反逆者の元国王として見せしめにされているのでしょう。

シャボンディ諸島でくまに助けられたルフィたち麦わらの一味ですから、今度はバーソロミュー・くまを助けることになるのではないでしょうか。

受けた恩を返さないという展開は考えづらいので、バーソロミュー・くまの現状を知ったルフィたちが救出しないわけはないと考えています。

 

サボの生死とドラゴン革命軍の動向は?

ドラゴンは革命軍の創設者であり、総司令官としてトップに君臨しています。

サボはその直属の部下にあたり、現在は生死が不明なまま。

革命軍の目的は世界政府の転覆で、打倒・天竜人ということになります。

現状、サボは最悪の場合は処刑済み、良くても捕らえられている可能性が高く、サボに関するエピソードが今後描かれると考えています。

既に処刑済みの場合は仇討ちとなると思いますが、これから処刑となる場合はエースのときと同じように大々的に行われるのではないでしょうか?

作者の尾田栄一郎先生も、以前コミックス内のSBS(ファンページ)で

今「ワノ国」盛り上がってますけども、ルフィが無事ここを出航できたなら、世界的展開、誰も読んだ事ないような大興奮の物語、OP史上“最も巨大な戦い”を描く事になります。

出典:尾田栄一郎「ONE PIECE」ジャンプコミックス97巻SBS

と、発言されています。

ですので、サボ奪還(考えたくないですが仇討ち)のためにルフィたち麦わらの一味とドラゴン革命軍が動き、世界政府と戦う流れになるのでは?と予想!

サボの生死とドラゴン革命軍の動向は、そのまま打倒世界政府への大きな布石となるのではないでしょうか。

 

シャンクスの正体は天竜人?

ワンピースの最初から登場しているのに、未だに謎の多いシャンクス。

左腕を近海の主に食べられてもルフィを助けた場面は、今でもグッズなどのビジュアルに使われるほど作品の象徴的なシーンですよね。

四皇の1人でありながら五老星と面会できるのは、他の海賊たちと一線を画しています。

シャンクスが来るならとわざわざ五老星が時間を作ってくれるほどです。

また、頂上戦争を止めようと、自分の顔を立てるよう全員に伝える場面もシャンクスの名シーンですよね。

海賊であるシャンクスが発したからこそ説得力のある言葉ですが、見方を帰ればシャンクスが天竜人だからこの発言に繋がったのかも。

ビブルカードを見るとシャンクスの出生は「西の海」です。

ですが、シャンクスのバックグラウンドは天竜人と無関係だとするとここまでの待遇は少し疑問。

おそらくシャンクス自身が天竜人か、少なくとも出生に天竜人が深く関わっているのではないでしょうか。

 

ゾロとミホークは再戦する?

ゾロの印象的な場面といえば、何を思い浮かべますか?

個人的には、強敵ミホークに歯が立たないながらも斬りかかり、敗北するくらいなら死を選ぼうとするシーンが忘れられません。

剣士としてのゾロの生き様を象徴していますね。

結果的にミホークに敗北しますが、二度と負けないと涙ながらに再戦を誓った場面はワンピース屈指の名シーンなのではないでしょうか。

その後、2人はクライガナ島で修行をして師弟関係を築きました。

ミホークもゾロを高く評価しているので、男の約束を果たす意味でも2人の再戦は描かれるのではないでしょうか。

それに、ゾロが夢に描く「世界一の大剣豪」を現実のものにするためにもミホークに一度も勝利しないままというのは考えづらいです。

最終章で、ゾロとミホークの再戦は描かれると期待していいでしょう!

 

シャンクスがワノ国に来たのはニカルフィの偵察?

劇場版の公開に合わせるかのように、休載明けの本誌ではシャンクスが登場して大いに盛り上がりました。

覇気だけで緑牛を追い払い、直接シャンクスと緑牛の戦闘とはならず。

ワノ国を攻めようとする緑牛をシャンクスが追い払うことで、いよいよ「新時代」の幕開けを実感して胸が熱くなりましたね!

ルフィはシャンクスを直接顔を合わせないながらも、その存在に気がついて「懐かしい」と言っていたのも絆を感じる名場面でした。

では、なぜシャンクスはワノ国に来たのでしょうか?

古代兵器プルトンのことや、ロードポーネグリフを調べに来たのかと思いましたが、その様子はなく立ち去ってしまいましたよね。

考えられるのは「ニカルフィ」の写真が使われた手配書を見て、その様子を見にきたのでは、ということ。

ここでは以前より「シャンクスは、悪魔の実がモデル”ニカ”だと知った上で、わざとルフィに食べさせたのでは?」と考察もしています。

ですので「ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”」を食べたルフィの様子をシャンクスは気にしていたのではないでしょうか。

カイドウとの決着がついており、既にルフィの姿は元に戻っていましたが、シャンクスがワノ国に来たのは、ニカルフィの偵察のためだと考えています。

 

ワンピースネタバレ1057話ネタバレ確定の見どころ!

最新のワンピース1057話では、どんなところが見どころになるでしょうか?

謎が次々と明らかになってきて、全ページ見どころだらけな回が続いています。

その中でも1057話で見どころとなりそうなシーンを予想してみました。

見てみたいな〜という期待も込みです!

内容が確定されるまで「こんな場面が見たい」「そろそろあの答えが知りたいな」などなど…みんなで一緒に予想して楽しみましょう♪

考察してみた見どころは、こちらです!

 

ワンピース1057話ネタバレ|見どころはサボの再登場!

長らく安否が気になっていたサボですが、少し前のワンピースのお話では「炎帝」と呼ばれ革命軍の英雄的な扱いを受けていました。

バーソロミュー・くまの解放にも成功したということで、サボの生存はほぼ確定と言っていいでしょう。

一時期は生死不明だったので、ほっと胸をなでおろしましたよね。

サボの顔写真は大きく描かれましたが、今のところ本人は登場していませんので、そろそろ出てきてほしいところ。

もしサボが再登場すれば大盛り上がり間違いなしです。

ルフィと直接対面するシーンはまだ先かもしれませんが、ルフィがシャンクスの覇気を感じ取ったように、その存在に気がつく描写だけでも見たいですよね。

 

ワンピース1057話ネタバレ|ワノ国編ラストとしてヤマトが旅に出るのかが見どころ!

連載再開直前に、これからワンピースの謎を全て描いていくという尾田栄一郎先生の手書きメッセージがSNSに掲載されました。

その時に「もう少しでワノ国編を〆る」と明言されていましたので、そろそろルフィたちはワノ国を出発するのでしょう。

以前のワンピースのお話で、モモの助は緑牛を倒そうとしたヤマトを制止して自分で倒そうとするシーンがありましたよね。

この時に、ワノ国に残る者が外からの敵を退治できなければ、旅立って行く人たちが安心できない…という主旨の発言をしていたのが印象的でした。

これはヤマトのことも「旅立っていく側」だとモモの助は知っているのかもしれませんね。

ヤマトが仲間入りするかどうかは長い間ワンピースファンの間でも議論になっていますから、ヤマトの旅立ちがワノ国のラストに描かれるかは見どころになりそうです。

 

ワンピースネタバレ1057話まとめ

「ワンピースネタバレ最新1057話!くまの人格は戻る?緑牛よりルフィの方が強い?」いかがでしたでしょうか?

ファンからの人気も高いバーソロミュー・くまの人格が元に戻るのか?について考えていきました。

解放されたことはとても嬉しいですが、くまが元に戻らないことには素直に喜べないですよね…。

悲しい終わり方にはなってほしくないなと願っています!

さらに、緑牛と比較するとルフィの方が実力が上なのではないかという点も考察。

いずれ激突することになるのかもしれませんが、やっぱり度重なる死闘でパワーアップを繰り返しているルフィが最強!だといいな〜と思っちゃいますよね。

ワンピース1057話は8月22日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定です。

この夏は漫画も映画もTVアニメも、あちこちで行われているコラボも含め、ワンピースだらけで一緒に大騒ぎしましょう♪

それでは「ワンピースネタバレ最新1057話!くまの人格は戻る?緑牛よりルフィの方が強い?」ここまでです!

最後までご覧いただきありがとうございました。