呪術廻戦

呪術廻戦164話ネタバレ!日車が領域展開で開廷!虎杖は呪力喪失!

呪術廻戦 164話 ネタバレ 最新 確定 考察
Pocket

呪術廻戦164話ネタバレ!日車が領域展開で開廷!虎杖は呪力喪失!

前回の呪術廻戦では、虎杖がついに日車寛見と対面し、話し合いでは収まらない様子でした。

そして今回の呪術廻戦164話で、早くも日車寛見の領域展開が行われます!

“領域展開”はとても強くないとできないイメージですよね、、、。

私もそうでした!

しかし、日車が領域展開した理由も判明しますのでお楽しみに♪

背後の奇妙な呪霊も話し出しますよ!

そして虎杖は、呪力を使えなくなりました><

>>【続き】呪術廻戦165話ネタバレ最新速報!

 

呪術廻戦164話ネタバレ考察!


呪術廻戦最新164話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

甘井と虎杖が中学生の時の、ストーリーが明らかに!

当時も気が弱い甘井は、プライドの高い奴らに合わせ、自分の居場所を作っていました。

弱いものを脅す仲間の横で、うまく言い返せないでいる奴をバカだと甘井は思います。

それを止めようとした虎杖にもバカだと思う甘井でしたが、虎杖は殴りかかってきた奴を、片っ端からぶっ飛ばします。

どおりで甘井は、虎杖のことを知っていました。

そして日車寛見がいると言われている劇場へ、甘井が虎杖案内します。

劇場に着くと、甘井は虎杖が軽く入ろうとするのを止めました。

軽い足で入って行く虎杖に勇気を振り絞って謝ります。

一人で虎杖はそのまま入っていき、舞台の上にある風呂にスーツを着たまま浸かる日車寛見を発見。

一方伏黒は麗美の案内に口出しをしますが、麗美はなんとか言い訳をつけて自分のルートを歩いていきます。

すると伏黒の前にレシートで上半身覆われたおカマの男、レジィが登場!

麗美はレジィ様と呼び、慕っている様子でした。

すぐに状況を把握した伏黒は玉犬を召喚します。

日車寛見と対面した虎杖は、日車寛見と話をしました。

話が通じることから、虎杖は日車寛見を現代のプレイヤーと考察し、100ptを使わせてくれるよう交渉を試みますが、あっけなく拒否。

死滅回游を日車寛見は楽しんでいるようで、気に入らないものを殺せることに快感も得てます。

また、術式剥奪も見て見たいとのことで、今までの日車寛見とは思えない、悪人になっていました。

虎枝は日車寛見との交渉は無理だと判断し、戦闘モードになり、それに応えるかのように日車寛見も浴槽から出て、後ろには例の天秤を持つ呪霊が出現!

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 甘井が虎杖に謝る
  • 日車寛見は死滅回游を終わらせたくない
  • レジィと麗美VS伏黒と玉犬

以上を中心に呪術廻戦最新164話についてネタバレ考察していきたいと思います!




【呪術廻戦164話】ネタバレ最新考察|甘井の謝罪理由は同行できない?

虎杖を日車寛見のいる劇場へと案内した甘井は、劇場前で虎杖と別れます。

別れ際に、勇気を振り絞ってごめんと謝る甘井がいました。

その後一人で日車寛見がいる劇場に入る虎杖。

ここで、なぜ甘井が謝ったのか謎のままでした。

甘井は虎枝に、この先は一緒に行けないと言ったのではないでしょうか?

昔から強い人に合わせて自分の居場所を確保していた甘井は、この死滅回游でも虎杖について行く気満々だったと思います。

しかし虎杖が向かったのは、甘井がすでに知っていた日車寛見の元でした。

羽場と日車の戦いを見ていた甘井は、日車のことを相当強いと思っており、虎杖に日車の元へ行くなと提案したと考察。

自分が巻き込まれるのを恐れて、勇気を振り絞って甘井は一緒にいけないことを虎杖に伝えたと思います!

 

【呪術廻戦164話】ネタバレ最新考察|伏黒が麗美で得点獲得?

麗美にまんまと騙された伏黒は、レシートまみれのレジィという男と対面します。

伏黒は時間がない中、虎杖とも逸れ、ただでさえご機嫌斜めのところでした。

その上麗美に騙されたときたら、もう許すわけがないですよね。

自分で点を取りに行ってもいいと言っていた伏黒は、ついにレジィ&麗美と戦い、得点を獲得してしまうのではないでしょうか?

というのも、レジィは不退転の刺青があり、信念を曲げない男ですから、生きるか死ぬかの戦いになると予想!

話口調はオネェですが、麗美もレジィ様と呼ぶほどなので、レジィの強さに惚れ込んでいます。

命がけで伏黒もレジィと戦わなければならないと考えました。

そしてそれをきっかけに、伏黒自ら100点を目指してルールを追加してしまうと考察!

虎杖もいないので、十分にありえると思います!

 

【呪術廻戦164話】ネタバレ最新考察|日車寛見がルールを追加する?

日車寛見と話をした虎杖。

虎杖が100ptを使わせて欲しいと伝えるも、日車は即拒否!

死滅回游で気に入らない奴らを殺せることに快感を覚えていることと、術式剥奪に興味があるからのようですね。

日車寛見と虎杖の戦いが始まりましたが、この2人は相性が悪そうだと思いませんか?

そのためなかなか決着がつかずも、何とか虎杖が優勢になると思います。

しかし最後の最後で日車寛見が100ptを使い、虎杖が希望するルールとは違うルールを追加してしまうのではないでしょうか?

死滅回游を終わらせるというより、日車寛見は殺し合いを望んでいます。

「絶対殺さなければいけない状況を変えたい」という虎杖の言葉も断っていますしね。

ポイントの譲渡を禁止するなど、今後虎杖たちにとって不利なルールを追加するのではないかと考察!

やっぱり伏黒に100点とってもらい、ルールを追加してもらう方が良さそうです。笑

 


 

呪術廻戦164話ネタバレまとめ

『呪術廻戦164話ネタバレ!日車が領域展開で開廷!虎杖は呪力喪失!と題し、最新話の呪術廻戦164話の考察をご紹介して参りました。

日車は現代の術師でありながら昔の領域展開を使うとは全く想像していなかったです!

虎杖の言い訳があまりにも普通すぎて、伏黒だったらうまく無罪になってたのかなーとか思ってしまいました。笑

有罪判決となり虎杖は呪力を使えなくなりましたが、この先どうやって戦うのでしょうか?

死滅回游のルール追加までまだまだかかりそうですね〜。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!