呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ156話!星綺羅羅は南十字座の術式!伏黒が脱兎実験で勝利!

呪術廻戦 ネタバレ 156話 最新 考察 確定
Pocket

呪術廻戦ネタバレ156話!星綺羅羅は南十字座の術式!伏黒が脱兎実験で勝利!

前回の呪術廻戦155話では、虎枝が秤との接触に成功し説得を試みましたが、高専の者とバレてしまいました。

話を聞いてもらうために必死に口を開く虎枝ですが、秤は話をさせません。

一方、屋上では綺羅羅と伏黒&パンダの戦いが続いています。

綺羅羅の術式で近づけない二人。

伏黒は何か思いついたのか、綺羅羅の説得を試みて脱兎を放ちました。

なんとか秤に話を聞いてほしい虎枝と、綺羅羅を説得したい伏黒ですが戦いは避けれなさそうですね!

>>【続き】呪術廻戦157話ネタバレ最新速報!

 

呪術廻戦156話ネタバレ考察

呪術廻戦最新156話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

虎枝は秤がいるモニタールームに入ることができ、秤と対談します。

対談中に綺羅羅から緊急を知らせる着信、それと同時に秤に鎌をかけられた虎枝は高専の者とバレてしまいました。

なんとか話をしようとする虎枝ですが、秤が術式を発動し話をさせてくれません。

やっとの思いで『聞いてくれ!!!』と発しますが、あっけなく拒否されます。

なぜなら秤が愛し、人生とも言っている“熱”が冷めたから!!!!!

一方、屋上で伏黒&パンダと綺羅羅の戦いが続いており、その中で過去に秤と高専の上のものが揉めた事がわかりました。

原因は秤の術式が関係しているようです。

綺羅羅に五条が封印されたことを伝えてもなかなか信用してくれません。

それでも秤に一番近い綺羅羅を説得することが得策と考えた伏黒が大量の兎、“脱兎”を召喚します。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 熱=ギャンブル=人生!!
  • 保守派と揉めた秤金次の術式
  • 伏黒が近づけない綺羅羅に“脱兎”召喚

以上を中心に呪術廻戦最新156話についてネタバレ考察していきたいと思います!




 

【最新156話】呪術廻戦ネタバレ考察|綺羅羅の説得成功する?

伏黒は攻撃力がさほどない兎を大量発生させる“脱兎”を召喚したことで、戦いというよりも説得する時間稼ぎをしそうです。

“協力をお願いしてる立場”ということもわかっていますから、下手に攻撃はしないと思います。

綺羅羅に五条が封印された事さえ信じてもらえれば協力してくれそうですが、あの五条が封印されたなんて簡単に信じてくれません。

私は綺羅羅を説得するのは失敗すると思います!

秤が虎枝との戦いで熱くなって協力してくれることになり、綺羅羅もついてくるのではないでしょうか。

なぜなら綺羅羅は熱い時の金ちゃんが大好きです。

仮に伏黒が綺羅羅を説得できたとしても秤の熱が冷めてる状況では、秤も綺羅羅も動かないでしょう。

だから伏黒は綺羅羅を説得できないと思います。

 

【最新156話】呪術廻戦ネタバレ考察|五条が過去に秤を救っていた?

これまでに乙骨や虎枝の処分を撤回できた五条です。

秤が保守派の上層部と揉めて殴ったにもかかわらず、停学で済んだのも五条のおかげかもしれません。

それ以外にも秤が高専に残る理由があると私は思います。

上層部が気になるほどの能力を持っている秤は、乙骨や狗巻のように人から差別を受けて生きてきた過去があり、秤をその孤独から救ったのは五条なのではないでしょうか?

誰も近付かなかった秤にとって、高専はずっと側にいる綺羅羅とも出会えた場所なので、とても大事な居場所になっているのではと思います。

五条が孤独から秤の居場所を作ったり、上層部を殴った処分を軽くしたりと秤を何度も救ったので、秤は完全に五条側で五条の封印を知れば、虎枝に協力してくれるのではないでしょうか?

 

【最新156話】呪術廻戦ネタバレ考察|秤に賭けで協力させる?

『熱とは賭けで、賭けとは人生!』これが秤を動かすキーワードになりそうです。

秤は熱を愛しています。

そこで冷めている熱をギャンブルで再び熱くすれば、秤も虎杖に協力してくれるのではないでしょうか?

  • 虎枝と秤が本気で殴り合い勝負
  • どちらが先に死滅回游で五条封印解除の鍵となる来栖華を探し出せるか勝負
  • 死滅回游でどちらがポイントを獲得できるか勝負

などの賭けを提示し、虎枝が勝てば五条の封印解除の協力、秤が勝てば虎枝は秤の元で行動する。

などの条件で秤の熱を再び熱くするのではと思います。

冷静な話し合いで秤の熱を熱くしたいところですが、冷めた秤に聞く耳はないので、戦いながら賭けの話を持ち出すと予想!

虎枝は上手に話ができるタイプではないので、まっすぐな気持ちを戦いでぶつけ、そんな愚直な虎杖を面白がった秤が虎杖が持ち出した賭けに乗るという流れになるのではと思います。

 

【最新156話】呪術廻戦ネタバレ考察|虎枝が死滅回游に参加?

死滅回游には時間制限が定められていますので、虎枝たちにはゆっくりしている時間がありません。

虎杖は秤&綺羅羅を仲間にしたら、すぐに死滅回游に参加するのではないでしょうか?

秤は単に人助けのために死滅回游に参加するとは思えません。

先程の考察の賭け試合にのるか、五条不在で高専退学になる可能性を避けたいなど、秤も死滅回游に参加することで利害が一致すればあり得るでしょう。

虎枝たちの死滅回游での目的は

  • 伏黒恵の義理姉である伏黒津美紀を死滅回游から脱却させること。
  • 1000年前から活躍しあらゆる術式を消滅させる“来栖華”を探し、五条が封印されている獄門疆の裏の封印を解除してもらうこと

死滅回游は簡単に言えば殺し合いなのでこれから激しい戦いが続くと思います。

羂索曰く、1000人の悪意を持った虎枝が放たれているわけですから、強力な力を持つ参加者が多くなります。

虎枝、伏黒、パンダ先輩、秤、綺羅羅この5人で死滅回游に参加するのではないでしょうか?

五条の封印解除はもう少し先になりそうですが、死滅回游が開始されると伏黒津美紀や来栖華の登場でたくさんの事実が明らかになると思います。

 

【最新156話】呪術廻戦ネタバレ考察|乙骨とリカちゃんは恋人?

いち早く死滅回遊の参加へ向かった乙骨憂太。

死滅回遊は他人の生命を絶つことでポイントを得る事ができ、100ポイント使えばルールの追加もできます。

100ポイントとは最低でも20人は殺さなければならないので、死滅回遊開始後は各地で大乱闘の予感です。

そこで気になるのは乙骨の活躍、そして乙骨と行動を共にしている“リカちゃん”の存在!

乙骨が少年時代に婚約を結んだ幼馴染の里香ちゃんという少女がいましたが、目の前で交通事故に合い、呪霊となって乙骨と行動を共にします。

しかし過去の“里香ちゃん”は成仏に成功してるので、“里香ちゃん”と今存在する“リカちゃん”は、かつての恋人と別の存在ではないでしょうか?

今も乙骨がリカちゃんに話しかけるところを見ると恋人同士のような関係に見えますが、私的には主従関係に近いのではと感じています。

なぜなら、虎枝の背後から現れたリカちゃんの気配に虎枝は式神と言いました。

そのことから今の“リカちゃん”は乙骨の術式で作られた存在ではないかと考えられます。

五条が封印された今、死滅回遊で乙骨とリカちゃんの活躍は間違いなしと期待!!

 

【156話】呪術廻戦ネタバレまとめ

『呪術廻戦ネタバレ156話!星綺羅羅は南十字座の術式!伏黒が脱兎実験で勝利!と題し考察をご紹介して参りました。

今後の呪術廻戦もお楽しみに!