呪術廻戦

呪術廻戦166話ネタバレ最新確定!虎杖に無罪判決!日車がポイント譲渡する!

呪術廻戦 166話 ネタバレ 最新 確定 考察
Pocket

呪術廻戦166話ネタバレ最新確定!虎杖に無罪判決!日車がポイント譲渡する!

コチラの記事では11月22日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ掲載予定の呪術廻戦166話のネタバレについて最新速報をお届けします。

前回の呪術廻戦では、虎杖が第二審を要求し、死刑判決になってしまいました。

本当は無罪なのに有罪であることを放っておけない日車が、今回の呪術廻戦166話で見れますよ!

そして何を思ったのか100ptくれることになります。

まさかのポインント譲渡に私も驚きを隠せません^^;

現代の術師は話が合えば、協力してもらえる可能性が出てきましたね!

というわけで、この記事は『呪術廻戦166話ネタバレ最新確定!虎杖に無罪判決!日車がポイント譲渡する!』と題しまして、呪術廻戦最新166話の考察をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新166話のネタバレ確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

また、次週は休載となります〜!

 

呪術廻戦166話ネタバレ確定最新話速報!

11月22日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の166話確定速報が入りました!

タイトルは『東京第1結界(コロニー)⑥|決着!日車が100点を譲渡!』。

  • 虎杖が無罪になる
  • 日車が初心に戻る
  • 虎杖に日車が100pt譲渡する

早速見ていきましょう!

また次週は休載となります。

※呪術廻戦【最新166話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。


 

呪術廻戦166話ネタバレ確定最新速報|斬られたら必ず死ぬ処刑人の剣が登場!

虎杖と戦いながら日車は自分の過去を回想します。

司法修習生の頃の日車が、吉沢という男に呼び止められました。

検察官か弁護士を希望していた日車に、裁判官を目指さないかという提案が出されたのです。

場面は現在に戻り、虎杖は有罪判決。

ジャッジマンから最も重い『没収&死刑』を言い渡されます。

すると日車のガベルが“処刑人の剣”に変わりました。

この剣に斬られたものは、必ず死んでしまうのです。

人はみんな弱くて醜いと思う日車は、虎杖になぜ自分にかけられた疑いを認めるのかと訴えるように叫びます。

しかし虎杖にはその声は届いておらず、虎杖が舞台下にある座席を日車に向かって投げ始めました。

そして、虎杖が日車に連続で攻撃を仕掛けます。

日車は虎杖の攻撃をかわし、また脳裏に吉沢との会話を思い出しました。

 

呪術廻戦166話ネタバレ確定最新速報|虎杖が無罪判決!

自分は出世に興味ないと、裁判官になることを拒んだことを思い出した日車。

当時は他の生物にはない穢れこそ尊ぶべきと思っていたのです。

ジャッジマンから提出された証拠はすでに術師本人に共有されてました。

大量殺人を犯したのは虎杖ではなく宿儺であることを、日車は知っていたのです。

なぜ虎杖が罪を認めたのか不思議で仕方のない日車。

そして日車の手から処刑人の剣が突然消え、虎杖の拳が当たり倒れこみました。

渋谷での虎杖は宿儺に肉体を乗っ取られ、制御できずにいたことから『無罪』を日車が言い渡します。

 

呪術廻戦166話ネタバレ確定最新速報|日車が虎杖にポイントを譲渡する!

少しの沈黙の後、虎杖が自分が弱いせいだと伝えると、日車は『そうか』というだけで何かを決めたように起き上がります。

日車は初心に戻り虎杖と同じ弱さを持つ人がまだいるかもしれないと思いました。

そして日車が虎杖に100ポイント譲渡することに!

その後虎杖の正面に座り、人を自分の意思で殺したことがあるかと問いました。

虎杖は“ある”と答え、日車が“最悪の気分だっただろう”と言ったところで呪術廻戦166話は終了です。

次週は休載となります!

>>【続き】呪術廻戦167話ネタバレ最新速報!

 

呪術廻戦166話ネタバレ最新話考察!


呪術廻戦最新166話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

日車は昔から天才的であったことが判明します。

そして呪術師としての才能が備わっていました。

術式が開花してからわずか12日で領域展開も使いこなし、1級術師と変わらない実力となるのです。

舞台上では虎杖と日車の戦いが続いており、呪力を練れない虎杖が対等にやりあえていることに日車は驚きを隠せません。

危険を感じた日車は、全力で虎杖を潰しにかかることに!

何度もガベルによる攻撃を虎杖は避けますが、ついに隙をつかれてガベルを当てられてしまいます。

追い込まれた虎杖は日車の術式を思い出し、第二審を要求。

するとまた法廷が具現化されジャッジマンが話し始めます。

第二審は虎杖が渋谷事変で大量殺人を起こしたことを疑われました。

虎杖は一言も否定することなく自分がやったと肯定します。

そしてジャッジマンが『没収・死刑』の判決を虎杖に下しました。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 日車は呪術師としての才能があった
  • 誅伏賜死は控訴できる
  • 虎杖に死刑が宣告される

以上を中心に呪術廻戦最新166話についてネタバレ考察していきたいと思います!




 

【呪術廻戦166話】ネタバレ最新考察|虎杖の証人として伏黒登場?

虎杖が死刑宣告され、日車が容赦なく虎杖に攻撃をしてくる気がします。

呪力も練れませんから虎杖は、相当危機に追い込まれると思いました。

そこにレジィ&麗美戦を終えた伏黒が登場し、すぐに状況を把握。

そして虎杖の証人として、あの事件は虎杖の中の宿儺であることを訴えるのではないでしょうか?

もしまたジャッジマンが証拠のものを持っているとするのならば、宿儺が暴れている写真であると考察!

伏黒の説得力があれば、虎杖の無罪判決もありえますよね。

無事に無罪になって、早く戦いが落ち着いてほしいです><

 

【呪術廻戦166話】ネタバレ最新考察|伏黒も誅伏賜死で開廷?

伏黒が虎杖の証人となり、虎杖の無罪を勝ち取る考察をいたしました。

そのあと伏黒も同様に、日車に裁かれるのではないかと考察!

もしレジィ達を殺していれば、それを殺人として問われるのではないでしょうか?

しかしさすがの伏黒は正当防衛だの詐欺だの理由を述べ、簡単に無罪判決になると思います。

やっぱり、伏黒が日車と先にあっていたら、、、と何度も思う展開になりそうです。

 

【呪術廻戦166話】ネタバレ最新考察|日車が得点を追加する?

伏黒が登場して、虎杖も伏黒も無罪になればどちらも裁く必要がなくなり、日車は渋々話しを聞いてくれると思います!

そして虎杖の説得では拒否されたルールの追加を伏黒がうまく説得し、取引が成功するのではないでしょうか?

日車は死滅回游がすぐに終わることを望んでいません。

また、術式の剥奪にも興味を持っています。

その条件さえクリアし、興味を持つようなルールの提案には乗ってくれるかと思いました。

ポイントの譲渡であれば追加してもらえるかもしれません!

このルールであれば、日車にとってもメリットがあると思いました。

天才頭脳を持つ日車を説得させるのは、もう伏黒しか説得できない気がします^^;

 


呪術廻戦166話ネタバレまとめ

『呪術廻戦166話ネタバレ最新確定!虎杖に無罪判決!日車がポイント譲渡する!』と題し、最新話の呪術廻戦166話の確定・考察をご紹介して参りました。

さすが天才の日車に裁判官の話が来ていたとは!

でもその話を拒んでいたんですね。

自分に力があれば、真実は無罪である有罪も無罪にできたと虎杖と自分を重ねてるように思いました。

それが日車の弱い部分だったのかもしれません。

日車があんなに熱く虎杖の無罪を主張するとは驚きました!

虎杖が100ポイント手に入れたので、この先死滅回游で大きな変化が期待できますね。

『呪術廻戦166話ネタバレ最新確定!虎杖に無罪判決!日車がポイント譲渡する!以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!

次週休載ですよ〜