呪術廻戦

呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!ジャッジマンが死刑宣告!日車が呪術師の才能を発揮!

呪術廻戦 165話 ネタバレ 最新 確定 考察
Pocket

呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!ジャッジマンが死刑宣告!日車が呪術師の才能を発揮!

コチラの記事では11月15日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ掲載予定の呪術廻戦165話のネタバレについて最新速報をお届けします。

前回の呪術廻戦では、日車の領域展開で虎杖が呪力を没収されました。

その領域展開をうまく使い虎杖が第二審を開廷します。

しかしそれでジャッジマンに死刑判決されてしまいました><

やっぱり死刑は免れないのですね、、、。

あの虎杖の性格的に、他の疑いであっても無罪を勝ち取るのは難しそうです。

また日車の能力についてもただただ天才だったことが判明します。

才能がある日車に、なんとか善人になって世の中を救ってほしいですね。

それでは早速『呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!ジャッジマンが死刑宣告!日車が呪術師の才能を発揮!と題しまして、呪術廻戦最新165話の確定・考察をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新165話のネタバレ確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦165話ネタバレ確定最新話速報!


11月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の165話確定速報が入りました!

タイトルは『東京第1結界(コロニー)⑤|虎杖に下された『死刑』判決』。

  • 日車の天才的才能
  • 第二審が開廷される
  • 虎杖が死刑になる

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新165話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。


 

呪術廻戦165話ネタバレ確定最新速報|日車は術師の才能の塊!

法科大学法学部の日車は、誰もが天才と思うほどの実力の持ち主でした。

日車は術師としての才能も抜群であり、術式開花からわずか12日で1級術師と同等のレベルに達したのです。

死滅回游に参加する前は多くの呪霊を祓い、参加後は20人以上のプレイヤーを返り討ちにしていました。

呪力を没収された虎杖はガベルを自由自在に操る日車に攻撃され続けています。

しかし日車が虎杖に攻撃を仕掛け続けるも、虎杖はなんなとかわすのです。

呪力なしで自分と対等に戦える虎杖に、日車は驚きを隠せません。

 

呪術廻戦165話ネタバレ確定最新速報|呪力なしでの虎杖の強さ!

呪力がないにもかかわらず、対等に戦える虎杖に日車は全力で潰しにかかりました。

再びガベルを自由自在に操り虎杖に連続攻撃を仕掛けます。

ついにガベルを奪おうと虎杖がガベルを掴むことに成功!

しかしガベルが消えて失敗に終わり、一瞬の隙で虎杖に巨大ガベルが振り下ろされたのです。

この攻撃にも耐える虎杖に対して日車は、壊れない人形と戦っているようだと感じました。

虎杖は非常にやばいと必死に日車の弱点を考えます。

そして日車が裁判の術式を使うことを思い出し、虎杖は裁判のやり直しを要求。

すると、ガベルが消えてもう一度法廷が具現化されました。

 

呪術廻戦163話ネタバレ確定最新速報|第二審で虎杖死刑判決!

ジャッジマンに有罪を言い渡され罰を与えられた対象は、2回まで裁判のやり直しが請求できるということでした。

ジャッジマンが再び虎杖への次の疑いを話し出します。

『虎杖悠仁は2018年10月31日渋谷にて大量殺人を犯した疑いがある』

予想外の発言に法廷が沈黙になりますが、虎杖がすぐに返事をしました。

自分がやったという虎杖に驚く日車。

そしてジャッジマンから虎杖は『有罪、没収、死刑』と告げられるのでした。

以上で呪術廻戦165話終了です。

>>【続き】呪術廻戦166話ネタバレ最新速報!


 

呪術廻戦165話ネタバレ最新話考察!


呪術廻戦最新165話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

日車は呪霊を背後にガベルを持ち、領域展開“誅伏賜死”を発動し開廷します。

未成年でパチンコに行ったことを虎杖は問われました。

この裁判でのルールは、

  • ジャッジマンは領域内の全てを知っている。
  • その情報は日車と共有されない。
  • 日車と虎杖それぞれ一度だけ主張し、そしてジャッジマンからの証拠を元に判決される。
  • ジャッジマンからの証拠は、必ず疑いを確定するものではない。
  • 虎杖の選択は“黙秘”、“自白”、“否認”の3つ

虎杖は、嘘でも言い訳をしてジャッジマンから“無罪”を勝ち取らなければなりません。

ここで虎杖は過去に天元様が話していたことを思い出し、昔の術師は現代よりも領域展開を一般的に使用していたことに気づきます。

日車にとってこの領域展開は、必中であって必殺ではないのです。

結果虎杖の言い訳は失敗に終わり、ジャッジマンが有罪判決を出し、虎杖は呪力を没収されてしまいます。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 日車の領域展開“誅伏賜死”
  • 昔の術師は、領域展開を一般的に使っていた
  • 虎杖の呪力が消失

以上を中心に呪術廻戦最新165話についてネタバレ考察していきたいと思います!




 

【呪術廻戦165話】ネタバレ最新考察|日車が虎杖を制圧?

呪力が練れない虎杖は、100点をすでに持っている日車に敗北すると思います。

しかし、日車は虎杖にとどめを刺さないと考察。

なぜならジャッジマンが死刑を宣告していないからです。

日車の領域展開は“誅伏賜死”と言いました。

『誅伏』は罪を責め従わせるという意味があり、『賜死』は死刑の一種であり、王命による死刑を指すこともあるみたいです。

ここから、ジャッジマンが『死刑』を宣告していれ日車は虎杖を殺していると思います。

しかし、今回は『没収』。

なので、虎杖を大人しくさせるために日車は虎杖と戦っているのではないでしょうか?

私は日車寛見が完全な悪に見えません!

これまでポイントを獲得したのも、ジャッジマンが『死刑』を宣告するほどの罪を犯した人だと思います。

 

【呪術廻戦165話】ネタバレ最新考察|伏黒が虎杖と合流する?

麗美に騙されレジィのカモになってしまった伏黒は、相当激怒していると予想。

レジィの能力はレシートを使った攻撃のみだと思うので、ここでの戦いはすぐに終わると思います。

その後急いで日車の元へと向かい、無事に虎杖と合流できるのではないでしょうか?

そして伏黒にも日車は領域展開をし、開廷すると考察。

伏黒はいつものキレる頭で無罪を勝ち取り、交渉ができると思います。

死滅回游をすぐに終わらせたくない日車は、虎杖との話し合いではルールの追加を拒みました。

しかし伏黒の説得力があれば、ポイントの譲渡のルールは追加してくれるかもしれません!

ポイントの譲渡は死滅回游がすぐ終わることもなければ、術式剥奪が見れなくなるわけでもないからです。

私は近々日車によって死滅回游のルールが1つ追加されると思います!

 

呪術廻戦165話ネタバレまとめ


『呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!ジャッジマンが死刑宣告!日車が呪術師の才能を発揮!』と題し、最新話の呪術廻戦165話の確定と考察をご紹介して参りました。

ついに虎杖に死刑判決が出されてしまいます><

ジャッジマンの判決は絶対という感じがありますし、虎杖は無事でいられるのでしょうか?

日車の才能がすごすぎて、もっと使いこなせば特急術師のレベルに達するのも時間の問題かなと思いました。

ここからいい人になることはないのかな〜と悪役になるのがもったえないと感じてしまいます。

『呪術廻戦165話ネタバレ最新確定!ジャッジマンが死刑宣告!日車が呪術師の才能を発揮!以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!