呪術廻戦

呪術廻戦161話ネタバレ最新確定!羽場と羽生ド派手カップル登場!伏黒が騎士になる!

呪術廻戦 161話 ネタバレ 最新 確定 考察
Pocket

呪術廻戦161話ネタバレ最新確定!羽場と羽生ド派手カップル登場!伏黒が騎士になる!

コチラの記事では10月4日(月)発売予定の週刊少年ジャンプ掲載予定の呪術廻戦161話のネタバレについて最新速報をお届けします。

前回の呪術廻戦160話では、虎枝が入っていたオカルト研究会の佐々木と井口が登場しました。

羂索が優しく手を取って、佐々木を死滅回游の結界の外へ導き、最後にお礼を言っていることが気になりますよね。

死滅回游という殺し合いに虎枝も関わっていると、佐々木が気づいてしまうかもしれません!

そして佐々木も死滅回游に参加するなんてことも考えてしまいました。

一方、虎枝達もやっと死滅回游に参加することになります。

座学が低めの秤金次が、作戦を考えて指示しているところに少し笑ってしまいました。

また、一番強いと思われる鹿紫雲一のところへ自ら行く姿、本当はとてもいい先輩ですよね!?

果たして秤金次の思惑通り、パンダの鼻で来栖華を見つけることはできるでしょうか?

というわけで、この記事は『呪術廻戦161話ネタバレ最新確定!羽場と羽生ド派手カップル登場!伏黒が騎士になる!と題しまして、呪術廻戦最新161話の確定・考察をお届けしていきたいと思います!

これまでの呪術廻戦のネタバレを含んだ内容となりますのでご注意ください。

また、呪術廻戦最新161話のネタバレ確定速報は情報が入り次第随時更新して参ります!

是非チェックしてみてください!

 

呪術廻戦161話ネタバレ確定最新話速報!


10月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ掲載の161話確定速報が入りました!

タイトルは『東京第1結界(コロニー)①』。

  • 伏黒と虎枝が分散せれる
  • ランダムに飛ばされる各地に初心者狩りがいる
  • 麗美のナイトになる伏黒

早速見ていきましょう!

※呪術廻戦【最新161話】発売日の最新情報は週刊少年ジャンプ公式ホームページ、または公式ツイッターにて告知がありますのでそちらをご確認ください。


 

呪術廻戦161話ネタバレ確定最新速報|虎枝と伏黒が結界内へ!

結界内が戦場化し、静かになった街を見下ろす一人の女が立っています。

甘井という男から何かの合図を待っているようです。

ずっと合図待っているという女に、

『そう言われても、誰かが来ないことには、どうすることも、、、。』

と甘井が答えました。

『口答えするのか?』

とキツイ口調でいわれ、反論できない甘井。

舐めてると殺すと吐き捨て、女の髪がロケットのような形になりました。

場面は変わり、受肉した過去の術師を警戒すべきだと伏黒が虎枝に言います。

100年、200年前でも命の価値が今とは違い、1000年前の術師がいると伏黒は説明しました。

戦って死ぬために、羂索と契約したことも考えられると伏黒は考察。

鹿紫雲一や日車寛見も過去は術師の可能性が高く、まともな交渉を期待しないように忠告します。

しかし津美紀のような巻き込まれた現代人の術師であれば、積極的に情報交換できるのではとも思いました。

そして結界の前に着いた虎枝と伏黒。

伏黒が結界をノックすると、コガネが現れます。

『一度足を踏み入れたらお前もプレイヤー!それでも結界の中に入るか?』

『問題ない』

と答える伏黒。

まずは日車寛見の情報収集だと伏黒が虎枝に言ったその時、虎枝が街の上空に転送され、そのまま落下し始めました。

 

呪術廻戦161話ネタバレ確定最新速報|初心者を狙う新プレイヤー!

死滅回游のルールにはない結界の法則で、結界に侵入したプレイヤーは、ランダムに設定された9つの地点に転送されます。

その9つの地点には、飛ばされて来たプレイヤーを狙う、ビギナー狩りをする人がいるのです。

(来た)と上空に現れた虎枝を確認した甘井が、誘導灯で合図を出しました。

合図を受けた女が、落下する虎枝の腹に向かって突っ込みます。

虎枝がビルを何棟も突き破るほどぶっ飛ばされましたが、すぐに体勢を立て直しビルの屋上に着地しました。

その虎枝を見て、強さを感じた女が『ダーリン合流しましょ』と話しかけたその時、虎枝が女に向かって呪力を込めた瓦礫を投げます。

瓦礫を食らった女は、そのまま落下していきました。

落下していった女に日車寛見のことを聞いて伏黒を探そうと虎枝が思った瞬間、虎枝の頭上から大きな音がなり始めます。

そこには羽場という頭にプロペラを生やし、ヘリコプターのように飛ぶ男がいました。

『人の女に何しとんのじゃ!』

と羽場がいます。

この人に聞けばいいかと思う虎枝。

合図を出していた甘井が、遠くから様子を見ており、羽生はやられたのかと思いながら、落下して来た虎枝の顔を浮かべました。

どこかで見たことがあると考える甘井は、

『、、、虎枝!?』

と記憶が一致したようです。

 

呪術廻戦161話ネタバレ確定最新速報|伏黒が麗美の護衛になる!

一方別の場所に飛ばされた伏黒も、ビギナー狩りの人と戦っていました。

『どぉしてこんなことするのぉ?』

と頬を押さえて倒れこむ女がいます。

虎枝と想定外のはぐれ方をし、鵺に探させますが、虎枝は見つかりません。

鵺でも見つけられないほど遠く離れていますが、目指すところは一緒だと伏黒は思います。

日車寛見の情報を女に尋ねると、女は伏黒に取引を提示してきました。

伏黒が女の騎士(ナイト)になるという内容です。

指を合わせ、上目遣いでお願いする女の取引をあっさり承諾し、時間がないと女に前を歩かせます。

自分で100点とってもいいと思う伏黒は強気で女を詰めます。

『オマエはやめて。麗美って呼んで』

女が行ったところで、呪術廻戦161話は以上で終了となります。

次週呪術廻戦は休載です。

>>【続き】呪術廻戦162話ネタバレ最新速報!

 


 

呪術廻戦161話ネタバレ最新話考察!


呪術廻戦最新161話ネタバレ考察に入るに当たって、まずは前話のおさらいから!

オカルト研究会の佐々木がベッドに横たわるところに羂索が現れました。

誰?と問う佐々木に、死滅回游という殺し合いの場を作った者と言います。

ここが結界に選ばれたことを謝る羂索は、佐々木に望めば一度だけ外に出ることができると伝え、手を差し伸べました。

ゆっくり手を取った佐々木は羂索と共に暗闇を歩きます。

暗闇を抜けると、大量の呪霊が街に蔓延していました。

そして羂索が佐々木に『息子と仲良くてくれてありがとう』と言い残し場面が変わり、佐々木!と何度も呼ぶ声で目を覚まします。

佐々木を呼んでいたのは、もう一人のオカ研である井口でした。

今どこか聞く佐々木に、そんなことより見てみろと巨大な黒い壁を指差す井口。

オカ研としてどう思うか井口が佐々木に聞きますが、佐々木は言葉にならず、夢の話をしていいかと尋ねました。

ロン毛で袈裟の男の話は皆しているという井口に、息子の話もされたかと佐々木が問います。

それは初耳だと井口は答え、佐々木の脳裏には虎枝が頭に浮かびました。

一方虎枝達は、死滅回游の作戦会議が続いており、リストから来栖華を探しますが見つかりません。

宿儺のように本名ではないのかもとパンダは言い、天元様の情報では第2結界にいると知らせます。

来栖華の姿も見ればわかるという曖昧な情報に、秤金次は少し心配しました。

とりあえず、一番強いと思われる鹿紫雲一と自分があたり、虎枝と伏黒を第1結界に向かわせ、綺羅羅には結果以外にいるよう秤金次が指示をします。

パンダは鼻が利くので来栖華を探すことに徹し、秤金次と東京第2結界へ向かうことになりました。

虎枝と伏黒、そして秤金次とパンダが結界の前につき、コガネが出現。

結界の中では死滅回游という殺し合いが行われていて一度入るとみんなもプレイヤーだが参加するか?

『あぁ、問題ない』そう言って死滅回游に参加となりました。

呪術廻戦前話で特に気になるポイントは以下の通りです!

  • 佐々木に感謝をする羂索
  • 羂索の息子は虎枝と気づき始める佐々木
  • 秤金次とパンダは鹿紫雲一のところへ
  • 虎枝と伏黒は日車寛見のところへ

以上を中心に呪術廻戦最新161話についてネタバレ考察していきたいと思います!




 

呪術廻戦161話】ネタバレ最新考察|鹿紫雲一との戦いで秤金次の術式判明?

秤金次の作戦で、パンダと秤金次は東京第2に向かうことになりました。

今の所一番強いと思われる鹿紫雲一と、秤金次の戦いが始まると思われます。

そこで気になるのは、やっぱり秤金次の強さと術式!

これまでに秤金次の術式は、はっきり出ておらず、秤金次曰く呪力はざらついているようです。

以前虎枝が殴られた時、威力大小の前に痛いと感じ、ヤスリのついたバットで殴られているようだと言っていました。

面で殴られるより点で刺される方が痛いように、トゲトゲが集まってザラザラしていると考察。

秤金次はギャンブラーで駆け引きが得意だと思いますので、呪力も込めるところと込めないとこの駆け引き、呪力のコントロールが上手なのではないでしょうか?

そして気になる術式ですが、虎枝が秤金次を説得するシーンでは、虎枝を拘束するのに電車の扉のようなもので挟んでいました。

上の人が嫌がる能力、そしてコンプラ的にアウトというところから、単に電車の扉を出すだけではないと思います。

電力で動かせるもの全てを具現化でき、呪力を好きなように流して、自在に動かせるのではないのでしょうか?

自ら強い鹿紫雲一のところへ行く姿は、本当に男らしくいい先輩!

人助けに熱いと言っていた綺羅羅の言葉を、思い出しました。

400年前からの術師、鹿紫雲一を相手にどんな術式が見れるのか楽しみです!

 

【呪術廻戦161話】ネタバレ最新考察|佐々木が死滅回游で虎枝と対面?

これまでに宿儺の指を開封しようとしたせいで井口が怪我したと、落ち込む佐々木をかばったり、運動部に入るよりオカ研に居たいという虎枝。

オカ研の佐々木は、そんな虎枝を好きだと考察しました!

羂索はそれを知っていたから、佐々木だけに息子の話を伝えたと思います。

佐々木は、『息子と仲良くしてくれてありがとう』という言葉で、なんとなく虎枝のことだと勘付いた気がしました。

結界を張り殺し合いという死滅回游を始めたのは、羂索ということも知っていますので、その息子の虎枝が中にいるということも、佐々木は気づいてしまいそうです。

そして佐々木は、虎枝を探しに結界の中へ入ってしまうのではないでしょうか?

これは羂索の思惑通りで、佐々木を人質にして虎枝と取引することが、目的なのかもしれません。

羂索の目の前で、宿儺の指を全部食べるとか、羂索と共に天元のところへ行くとか面白いなと思いました。

今後佐々木の出番が楽しみです!

 

呪術廻戦161話ネタバレまとめ

『呪術廻戦161話ネタバレ最新確定!羽場と羽生ド派手カップル登場!伏黒が騎士になる!と題し、最新話の呪術廻戦161話の内容と考察をご紹介して参りました。

まさかの虎枝と伏黒の分裂、そして9つの地点にいるビギナー狩りの新キャラが続々登場しました!

キャラが濃すぎるプロペラおじさんと、ロケット姉さんはカップルだったんですね。

どちらの登場にも怯むことなく、虎枝のマイペースなところもまた面白いと思いました。

伏黒のドSキャラ炸裂シーンも笑ってしまいます。

麗美のナイトになることをあっさりオッケーするとは、津美紀のためならなんでもするのですね。

麗美と伏黒のやり取りは今後も楽しみにしています!

『呪術廻戦161話ネタバレ最新確定!羽場と羽生ド派手カップル登場!伏黒が騎士になる!以上ここまでとさせて頂きます。

今後の呪術廻戦確定速報もお楽しみに!