■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=9538
2010年03月01日(月) 

 今回はお隣、(姫路市)安富町、国道29号線沿い「お万の滝」にまつわるお話です。

 
今は姫路市となった安富町の塩野と狭戸(せばと)地区の境界付近。
昔は水量が多く見ごたえのある滝で、水深2メートル以上の大きな滝つぼもあったようですが、国道工事で埋められてしまい、今は急傾斜に2筋の僅かな流れが残るだけ。

 
林田川沿いに駐車エリアがあり、国道を隔てた山側に「お万の滝」の看板が揚がっています。

 

塩野・狭戸地区は近世、幕府天領だった時期が永く、そのころのお話でしょうか・・・

 

宍粟は天領や遠隔地の藩領だった地区が多く、このように赴任してきた役人と地元の娘との恋物語、多かったかもしれませんね・・・

 

   「E-宍粟」支援隊“そーたん’s”

 


閲覧数2,088 カテゴリクチコミ情報 コメント3 投稿日時2010/03/01 14:00
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/03/01 22:15
    宍粟市の方々の多くはここを通っています

    ヤスリンも、通る度に気になっていました

    やはり、こんないわれがあったんですね

    よほど愛されていた娘さんだったことでしょう

    純情さゆえの悲劇・・・

    次項有
  • 2010/03/01 22:50
    > ヤスリンさん

    私も7-8年前まで毎日行き帰り通っていたのに知りませんでした、「しそうの逸話」に出会うまで・・・

    それにしてもいい滝だったんでしょうねぇ・・・
    オシイッ!
    橋でもかけて遺せなかったのでしょうか?
    (当時では無理かな・・・)
    次項有
  • 2010/03/02 14:13
    いいお話です。一度行ってみたい。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ホンモンさん
[一言]
宍粟SNS「E-宍粟」が新たな、そして今ある町づくり活動の強力な活…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み