■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=7500
2009年10月30日(金) 

今回は山崎町上牧谷につたわる「火車婆(かしゃばば)」という恐ろしげな名前の、文字通り怖いお話です。

 

 

 

(火車)仏教では、生きている間に悪行を働いた者は、地獄へ落とされて裁かれるといいます。そんな罪ある亡者を地獄へ連行するため、火車あるは火車婆という地獄の使者が地上に派遣されるといわれます。 

 

 

 

上牧谷の「火車婆」は下記Wikipediaにも名前が出てくるほど有名なようです。

http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E7%81%AB%E8%BB%8A_(%E…6%E6%80%AA )

 

元の「しそうの逸話」(017)

http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=1404&bbs_id=56

では、火車婆が退治されるところまでですが、

今回動画では“そーたん’s”の解釈を少し付け加えてみました。

いかがでしょうか?

(動画は11分、少し長いです)。

 

 

(怖いお話なので子供さん達は閲覧ご遠慮いただきたく・・・)

 

               「E-宍粟」支援隊”そーたん's”

 

 


閲覧数3,877 カテゴリクチコミ情報 コメント3 投稿日時2009/10/30 23:23
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2009/11/01 23:08
    > やっちゃんさん

    これまで、伝えられている逸話をできるだけ忠実に映像化してきましたが、せっかく地域に残された題材、少し自由な発想で、物語の展開を作っていっても面白いかも知れませんね・・・。
    例えば八雲ならこんな物語にするかも・・・、などと創造をたくましくして、文章力の不足を映像と音声でできるだけカバーして・・・。
    やっちゃんさん、できれば何かひとつストーリー作ってみて下さい。
    次項有
  • 2009/11/12 22:52
    この恐ろしい挿絵はどなたの作なのですか。
    次項有
  • 2009/11/13 08:11
    > やすこさんさん

     「E-宍粟」支援隊“そーたん’s”で動画を担当している、twintower1980君の作です。
     カメラで撮った映像だけではもの足らず、苦労してPCでイラスト作ってます。
     「ぬくゐ川とお酒」、「馬竹物語」も彼の挿絵です。墨絵風のイラスト、大分慣れてきたようです。よく雰囲気出ていますよね。

    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
ホンモンさん
[一言]
宍粟SNS「E-宍粟」が新たな、そして今ある町づくり活動の強力な活…
■この日はどんな日
ほかの[ 10月30日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み