■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=7059
2009年10月08日(木) 

神話の時代より宍粟、蔦沢村、山崎町はもとより
  広く播磨地域を見守り、
    姫路城天主の心柱をも育んだといわれる太古の森。
その神聖な杜にたたずむお社の境内に立ち、
  森の精気につつまれて谷川のせせらぎを聞いていると、
いにしえの時代から営々と続いてきた村里の暮らしの中に
  心が自然とタイムスリップしていきます。

 

 

 

54年前、合併で新山崎町ができたとき、
   蔦沢の谷だけで4000人が暮らしていました。
今この地区に住む人達だけでなく、
   蔦沢をふるさとにもつ人々にとって、
岩上さんはいつまでも心に残る
   懐かしいふるさとのお宮さんなのでしょう。

 


今回、語り手をしてくれたのは、なかむら ゆかさん。
明るくて若さあふれる魅力的ななかむらさん、
                  これからもよろしく・・・

 

         「E-宍粟」支援隊“そーたん’s”


閲覧数2,988 カテゴリクチコミ情報 コメント6 投稿日時2009/10/08 15:35
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2009/10/08 17:43
    与作さん
    岩上神社には
    宍粟市波賀町斉木(正式には「齋木」なんです)より
    林道の終点から歩いて行けると聞いています。
    一度は行ってみたいと思っています。
    やっちゃんに相談しょうかな?
    次項有
  • 2009/10/08 18:26
    > 与作さん

    50名山ガイドブックの「深山」を見ると「蔦路峠」を超えて往来があったようですね。

    ずいぶん遠く感じますが山越えをするととても近いのですねえ!(^^)!
    次項有
  • 2009/10/08 22:11
    岩上さんの祭りは、一昔前は有名でした・・・
    子供の頃、マムシが多いとも聞いていますが
    今はどうかな?
    次項有
  • 2009/10/17 18:44
    おじゃまします。岩上神社の伝承は見事なものですね。古事記・日本書紀の時代から、神仏習合の時代、江戸まできちんと逸話にして残しているのですね。感心しました。時の権力の変遷が分かります。驚き、驚き。狛犬は狼ですか? 関東地方の古い山中の寺社にも多いのですが・・・。
    次項有
  • 2009/10/17 20:27
    祖母が蔦沢の出身なんですが、こんな逸話がったとは全く知りませんでした。
    夏に鳥居の前まで行った時、あまりにも厳かな雰囲気にそれ以上進めなかった事があります。
    次項有
  • 2009/10/19 22:02
    > ヤスリンさん
    > アイテツさん
    > よこいちさん

    逸話ですから、史実に基づくものとは限らないでしょうが、蔦沢に住みあるいは出身とする方々にとって、懐かしいふるさとのお宮さんのイメージに合ったお話であることを願っています。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
ホンモンさん
[一言]
宍粟SNS「E-宍粟」が新たな、そして今ある町づくり活動の強力な活…
■この日はどんな日
ほかの[ 10月08日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み