2012年11月19日(月) 

ナタマメの収穫

 

 10月下旬、5月に植えたナタマメが10莢(さや)ほど収穫ができました。莢の緑が消えて茶色に変色したものを収穫します。

プランター以外にも露地に植えているのが4本あり、その収穫を待っていましたが、いつまでも花が咲き実がなり、11月半ばになっても全体が変色(熟れない)ので、プランターで収穫した豆(10莢、約80粒)でナタマメ茶を作ることにしました。来年に植える種は、充実した露地のものを使います。

 

 

 ナタマメ茶の作り方

 

1、豆を2日ほど天日に干す。

 

 

2、豆をフライパンで豆がはじけるようになるまで炒る。 

 

 

▼炒った豆

 

 

3、炒った豆をミキサーで少しづつ粉砕する。

(注意:一度にいれる量が多過ぎたり、豆が湿っていると、回転が止まる恐れがあるという)

 

 

 

4、粉 適量をお茶パックに入れ急須で飲む。

 

 

 

※ナタマメ茶の作り方は、ネットの紹介を参考に私流にやってみました。

 

 

豆・お茶の感想

 

豆は包丁で試しに切ろうとしたが、とにかく堅くて切れない。豆を炒ると、小豆の匂いがした。

 

粉をお茶パックに入れて飲むが、そのままでは味はないで、緑茶・麦茶・そば茶・ハブ茶などとブレンドすると飲みやすい。

 

効能は、ナタマメをもらった方からは、身体の体毒を排出し、歯槽膿漏等によく効くと言われていた。

さらに調べてみると、花粉症などによる鼻炎、口臭予防にも良く、ダイエットや若ボケの原因とされる血液毒素の排出、さらには便秘etcにも効果があるとか。       

  )*^O^*(

 

でも、すぐに効果がどうのこうのじゃなくて、飲み続けることが必要だということです。

 

 私も気になるところがあるので、飲んでみて体調に何らかのよい変化があれば、次回3ヶ月から4ヶ月後にレポートします。いい報告ができればと・・・。

 

 

 

ナタマメ(茶)の人気

 

 ナタマメに関心をもつようになって1年。その間、新聞の1頁面の広告が3回、健康雑誌・冊子の中のPR数回、道の駅やサービスエリアの売店などの多くの場所でなた豆・なた豆茶の販売を見ました。けっこう人気があるようです。それは現代病にマッチし手軽に飲めるところが受けているのかも知れません。

 しかし値段は決して安くはありません。やってみてわかりましたが多収穫できなく、値段が高いのは仕方がないようですが、ようは飲んで効き目があればいいわけです・・・。

 

▼豆と莢(さや)の販売   (岡山)

 

▼ナタマメ茶(飲みやすくしたブレンド茶が多い)  (鳥取)

 

 

①ナタマメをグリーンカーテンに(種まきから育苗)

 http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=19293

②ナタマメをグリーンカーテンに(開花と結実)

 http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=19489

 

 

 

 


閲覧数3,255 カテゴリアルバム コメント0 投稿日時2012/11/19 21:40
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=20165