■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=13389
2010年12月12日(日) 
庭をのぞくと、バタバタと鳥が逃げ去る。いつものヒヨドリだ。山々が色づき、庭の赤いピラカンサの実や南天、千両の実がなる頃にやってくる。
 去年は、珍しくメジロもやってきて目を楽しませたくれたが、今年はまだ見ていない。

 びっしりついていたピラカンサの実が徐々に少なくなってゆく。鳥の気配がしてカメラをそっと向けると、屋根にヒヨドリが止まった。しかしヒヨドリにしては綺麗な色をしている。後でネットで調べてみると、イソヒヨドリにまちがいない。ヒヨドリの名がついているがヒヨドリの仲間ではなくツグミ科の鳥という。でも、餌は地上の昆虫やトカゲなどの小動物とあり、実を食べにきたのではなかったのかと、疑問が残った。

 で、それから2週間後の今日12月12日昼前に、鳥を見つけた。レンズをのぞくと、屋根から木に移って、実をたべる決定的写真を捉えた。
 やはり、前に見た鳥(イソヒヨドリ)が、木の実を食べに来ていたのだ。ネットで書いてあった肉食系の鳥だが、木の実も食べる。 
 それにしても、実を口にくわえた時の表情はうれしそうに見える。

参考 イソヒヨドリ  
ウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%…9%E3%83%AA

閲覧数543 カテゴリ日記 投稿日時2010/12/12 13:23
公開範囲外部公開
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み