■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=13373
2010年12月10日(金) 

いつも「しそうの逸話」を見ていただいている皆様、ありがとうございます。

(しそうの逸話)特別編「生野義挙録~もののふの名は~」(前編) をアップします。

 
少し期間が空きましたが、今回の「逸話」も特別編で大作です。
調査や構想に少し時間がかかりました。

 

「逸話」といっても史実に基づいて制作した、「しそうの実話?」 とでも申しましょうか…

 

 

山間の静かな村里であった宍粟の地にも、幕末の尊皇攘夷・倒幕と騒然としてくる中央の嵐が押し寄せ、血なまぐさい事件が身近なところで起こりました。
 

「火縄銃に惜しくも散りし三玉さん」と「山崎かるた」にも謡われる、山崎町木ノ谷「三国神社」に祀られた勤皇の志士のお話です。

 

                  「E-宍粟」支援隊“そーたん’s”


閲覧数979 カテゴリクチコミ情報 コメント0 投稿日時2010/12/10 22:48
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
ホンモンさん
[一言]
宍粟SNS「E-宍粟」が新たな、そして今ある町づくり活動の強力な活…
■この日はどんな日
ほかの[ 12月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み