2010年08月04日(水) 

上城(じょうしろ)の滝  ※宍粟市波賀町小野

 

道29号線を北上し、波賀町小野にあるバス停「上小野」を左折し、小野川沿いに、進みます。しそう自立の家、はが小野ログハウス村を通り、谷あいに入っていくと道が狭くなりますが、深山橋から一変、舗装されたよい道になります。途中、大トチノ木の案内(県指定天然記念物)があります。サンバレー上城山荘、コテージはすぐそこです。

 

 

 

 

道の最終地点周辺には、山荘・コテージが20程あり、小野自治会が管理されています。最上部の上城山小屋前の広場の左に遊歩道があり、少し下ると目指す上城の滝が現れます。

 

 

   落差8メートル。一点の滝口から滝壺までほぼストレートに流れ落ちていく均整のとれた滝です。滝壺にも、簡単に近づけ、さらに、滝前には堆積した台地があり、それが滝見台となり、そこから滝正面をまじかに見ることが出来きます。

 

 

 

 

 

  キャンプやログハウス利用者にとっては、水と戯れることのできる格好の滝でしょう。

 

▼サンバレー上城山荘地概略図 滝は最上

 

  この地「小野」は日本刀のふるさととして歴史ロマンのある地です。集落の中ほどの山麓には、諏訪神社があり、鎌倉期にこの地に地頭としてやってきた埼玉秩父地方の中村氏・中河原氏のゆかりの神社で、市の天然記念物の大スギもあります。

 (撮影日 2010,8.3)

 

 ※  諏訪神社の大スギ http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=6693&bbs_id=94

 ※ 小野の大トチノキ http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=6858&bbs_id=94

 ※  しそうの滝アドレス一覧 http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=112

 

 

 「E-宍粟」支援隊そーたんs


閲覧数2,627 カテゴリアルバム コメント5 投稿日時2010/08/04 14:30
公開範囲外部公開
コメント(5)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/08/05 02:37
    おかげさまで、また気分爽快に浴びた気分です。三浦半島に一つでも、この規模の滝があったら大名所です。滝の音も心地よさそうですし、滝見台で歓談したら、それこそ清談になるでしょうね。滝見台が土塁のように見えるのは、名前からの妄想でしょうか。
    次項有
  • 2010/08/05 09:04
    > アイテツさん
     滝見台はかなりのスペースがあります。滝を城と見たてれば、土塁の表現がぴったりですね。実は、上城の名称(地名)の由来が知りたいと思っています。城は何を意味するのか?

     三浦半島には、いい滝はないのですね。
    でも、そのお隣の伊豆半島には、天城峠の浄蓮の滝がありますね。石川さゆりの情念のこもった歌を聴くたびに気になっています。
    次項有
  • 2010/08/05 22:52
    タケネットさん、武蔵武士団の祀る諏訪社があるということは、やはり中世の武家館の背後の逃げ城ではないでしょうか。諏訪社は狩猟の神様で、殺生を職業とする武士は必ず祭りました。水もありますし、最後にたてこもる山城だったようにおもえます。武家館は、山麓の街道を扼すあたりでしょう。そのような記述ありませんか?山城は各県500以上に上りますので・・・。

    風花さん、ご無沙汰しております。伊豆半島、結構、遠いのです。物理的距離よりも、交通渋滞で、神奈川県を抜けだすのに、どんな時間でも昼間は4時間、その後の伊豆半島の道路のアールがきつくて、往復16時間はかかります。(それでも全部行きましたけど。江戸城の石垣の産地です。今でもごろごろと築城石があります。幕府の施設には、かならず築城石があるのでわかります。民間は使用禁止の軍需物資でした)
    次項有
  • 2010/08/06 00:51
    > アイテツさん

    参考になります。少しずつ調べて見ます。

    今、最近手に入れた「江戸の町 巨大都市の誕生・発展」を読んでいます。古い本ですが、イラスト中心の読みやすい本です。その本にアイテツさんが言われた伊豆の砕石場の様子が描かれています。手作業での危険極まりない作業。沈没した石船が200艘もあったという。このようにして江戸城が出きあがったのですね。歴史を知ることは面白い。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=11826