2010年07月26日(月) 

 しそうの滝に涼を求めて

 

板馬見(いたばみ)渓谷入口の滝

 

千種町の中心街を抜けて、少し進むと、行者霊水があり、その広場に車を止めます。左にログハウス風の粋なトイレが設置されています。 

 

 

  鳥居をくぐると、笛石山・板馬見山(後山)の登山口に続きます。最初に目にするのが、「迎え行者」で岩面に祀られています。その先に霊浄水があり、飲み水が確保できます。

 

 

行く手に教霊山参道と書かれたお堂があり、不動明王が道行く人を見張って、いえいえ見守っています。お堂の中には登山(参拝)をする人の記録ノート、登山杖などがあります。

 

                       ▼何でしょう?

 

   お堂の右横の案内板を見ると板馬見渓谷奥の後山登山口まで、林道が続き、そこまで車で行けるようですが、今回の板馬見渓谷は初めてなので、このまま歩いていくことにしました。

(林道終点まじかで、倒木のため車の通行が不能になっていました。次回詳しく紹介します。)

 

 

   このお堂をほんの少し進んだところに、左側の笛石山麓のそそり立った岩壁の上部から流れ落ちる滝が現れました。水量はさほどでもないが、高い岩壁からの渓谷に落ちるさまは見ごたえがあります。

でもなぜか、滝に名がついていません。

 

  

 

  岩一面にキラキラと輝く流水は、滝下では、散り散りになり、渓谷の流れに溶け込みます。渓谷の水は透き通り、水面に映りこむ緑と光の変化は、見ていて飽きません。

 

  このあと、美しい板馬見渓谷沿いのハイキングコースが続きます。中腹からが、西大嶺教霊山48の行場の地に足を踏み入れることになります。

 

▼千種の観光 滝は左の中央の青丸

 

 

 

PS : 次は何が見られるのかわくわくしながら、久しぶりの登山覚悟の出で立ちで歩き始めました。 この板馬見山は、後山、西大嶺教霊山と様々な呼び名があります。

 (撮影日 2010.7.8)

 

※ アクセスは、行者霊水を参照ください。

http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=9570&…1279002473 

 ※ しそうの滝アドレス一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=112

 

 

「E-宍粟」支援隊そーたんs

 

 


閲覧数3,089 カテゴリアルバム コメント8 投稿日時2010/07/26 15:25
公開範囲外部公開
コメント(8)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/07/26 23:20
    > 今日艇さん

    滝名がないとは思えないのですが・・・。なにかわかったら教えてください。
    次項有
  • 2010/07/27 00:43
    タケネットさん、ご無沙汰いたしております。枚数の調節で延びております。お世話になりました。

    ところで滝の飛沫を浴びられたのではありませんか?拝見していて、気分爽快でした。暑い日なので行水を浴びた思いです。ゆっくり滞在できたら素晴らしいですね。
    次項有
  • 2010/07/27 09:09
    > アイテツさん

    ご無沙汰しています。執筆活動に忙しそうですね。たまには、脳を休めてやる必要もありますよ。時間をとって、宍粟に立ち寄ってください。
    次項有
  • 2010/07/27 10:58
    有難うございました。
    宍粟は滝の王国ですね。
    次項有
  • 2010/10/03 18:34
    橋本敏明さん
    山高同窓会ではお世話になりました。
    「しそうの滝」シリーズやっと見させていただきました。現地への取材等手間をかけられ、役立つ情報です。閲覧数が多いのに驚きました。
    暇ができたら訪問したいと思います。
    また、私のブログ「のびたんの自然教室」も見て、感想をお寄せください。
    今後ともよろしくお願いします。
    次項有
  • 2010/10/04 09:48
    コメントありがとう。
     神戸の自然の紹介も興味深く思っています。次回FMを聴いてみます。
     神戸と宍粟の自然をテーマにしたつながりができればと思います。「のびたんの自然教室」が多くの人に聴いてもれえればいいですね。しそうに来るときは一報ください。
     今後ともよろしくお願いします。
    次項有
  • 2011/07/09 22:13
    「しそうの滝」を拝見しました。へんぼくといいます。板場見渓谷のあの滝はほんとに見事ですね。私もいつも通りながら見ていますが、名が無いんですね。この際名づけられたらどんなもんでしょう(^.^)。山名などは地域性も考えながら名づけたこともあるようです。
    次項有
  • 2011/07/10 09:37
    > へんぼくさん
    おっしゃるとおりですね。
    宍粟の滝を一通り見ましたが、どうして名前がないのだろうと思ったものがいくつかありました。
    これらも大事な自然財産・観光資源の一つなので多くの人に見てもらいたいですね。本当に名がないのなら、地元の人と観光協会で検討してもらえればと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=11718