2010年07月20日(火) 

 しそうの滝に涼を求めて

 原不動滝

 

   国道29号線を北上し、宍粟市波賀町「道の駅はが」を少しこえたところに、左に大きなピノキオの案内板が目につきます。左折し、原大橋を渡り、引原川に注ぐ八丈川に沿って進みます。

 

 

  右の山腹に原観光りんご園が見えます。高砂の家、風香荘の施設があり、左手に無料駐車場があります。ここに車を止め、そこから、徒歩で、不動滝公園内を通ります。吊橋を渡ると、川べりにキャンプ場が見え、くりから不動明王の前を通ります。

 

 

   料金所につづく、鉄製の吊橋「かえで橋」を渡り、遊歩道を少し登っていきます。

 

 

  背中の樹木越しに滝が見えてきます。奥かえで橋から原不動滝の全景を見ることが出来ます。さらに山手に進むと、滝見台があります。ここが、遊歩道から滝が見える最後の場所で、水平に近い目線で見ることが出来ます。

 

 

落差88m、3段爆。日本の滝百選の一つ。ブナやもみじの原生林に覆われ、四季を通じて樹木の彩りの変化が楽しめる県下随一の名滝です。

 

 

 

  眼下の滝壺には、正面の男滝の流れとともに、左山腹の樹木の間からもう一つの水流がいつの間にか合流し、滝壺を共有する。ここから、男女の恋になぞらえてこの滝は、「幸せの滝」「恋愛成就の滝」とも言われています。

 

   梅雨の晴れ間を狙って、水量豊かな原不動滝を見ることが出来ました。また、公園通路にあった波賀出身の大関「朝日嶽留蔵」の記念碑やラッセルの言葉の碑を見つけました。

 

 

PS:

動画で気が付かれたと思いますが、中段の滝壺に行きました。原不動滝を紹介するために、原八十八ケ所参道を通り、滝の中段へ。この道は、観光客の立ち入り禁止の道なので、係りの人に断っていく必要があります。急峻で足場の悪い谷道のため、十分な注意が必要です。

 

※しそうの滝アドレス一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=112

 

(撮影日 2010・7・4)

 

「E-宍粟」支援隊そーたんs


閲覧数1,988 カテゴリアルバム コメント2 投稿日時2010/07/20 15:22
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/07/21 10:26
    タケネットさん、

    いよいよ真打ち登場。 原の滝!!

    いい写真と動画が撮れましたね。
    一段うえの部分を入れて滝全体の写真を撮るのは
    私には難しかったように思います。

    最近では6年前に行ったのですが、雨上がりで
    水量がとても多くって、轟々と落ちる様に圧倒
    されました。

    初めて行ったのは、中学1年の時で、山崎から
    頑張って自転車で行きました。冬の寒いときでしたが、
    石に滑って、下半身ずぶ濡れ。寒かったのでしょうが、
    若かったのです。(性格は今も変わりませんがね)

    ありがとうございました。
    次項有
  • 2010/07/22 12:45
    自転車でよくぞここまで。アクティブでエネルギッシュな若者だったのですね。冬の寒水に浸かった記憶も、色あせない青春のメモリですね。

    今は滝が観光化されてしまった感がありますが、昔は滝のスケールの大きさを、何度かまじかで感じたものです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=11645