■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=11242
2010年06月22日(火) 

しそうの滝に涼を求めて

 行者堂の滝     ※宍粟市一宮町伊和

 

  国道29号線を北上し、一宮町伊和に「行者堂・はりま自立の家 1km」の案内板が左に見えます。そこを、右折すると、谷川沿いにさらに表示があり、それに従い進みます。はりま自立の家を通ると、もうすぐです。

 

 

 

  道筋に伊和瀧の内公園があり、道の両脇にたくさんの歌碑が並んでいます。伊和の里には、江戸中期以降より、歌壇の文化が盛んであり、いまなお、その文化の継承が続いていることが感じとれます。

 

 

  車は、延命水の取水場の駐車場に止めて、木漏れ日の道を散策しながら歩くのもいいですね。林道を少し進むと、奥の院参道入り口の案内が見えます。

 

 

 

滝に近づくと、岸壁に滝の名「行者の瀧」と書かれています。

滝水は、落差6m。岩の上から、ゆるやかでゆったりと幅をとりながら、さらさらと流れ落ちていきます。滝音が比較的小さくてやさしい滝である。滝つぼに集まった透きとおった水は、さらに大小の岩の間をくぐり下っていきます。

 

 

 

   もう一つの滝、不動滝は、左手の奥まったところに、光を閉ざす覆いかぶさるような巨岩壁があり、岩肌が黒く濡れています。水量は少なく、水が流れているというより滴り落ちるといったほうが的確でしょう。水の少ない時期では、空滝になるのでしょうが、逆に水量の多いときはどうなのか、見てみたいものです。左端の薄暗い岩壁に不動明王が祀られています。

 

 

   滝つぼの周辺には、滝を見るためのベンチが用意されており、滝を見ながらのんびりと森林浴が楽しめます。下で汲んできた白倉山の贈り物「延命水」を味わいながらの滝の鑑賞は格別です。

 

(撮影日 2010.6.9)

 

 ▼ 付近見取図

 

 

 

 PS : 梅雨時期は、山ひるがいます。ご注意を!

 

※しそうの滝アドレス一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=112

 

 

 

「E-宍粟」支援隊そーたんs

 


閲覧数2,100 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2010/06/22 13:13
公開範囲外部公開
コメント(7)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/06/22 21:58
    延命水は良く聞きましたが、奥に滝が有るんですね!!

    自立の家までは良く行きましたがそこから奥は行ったこと有りませんm(_ _)m
    次項有
  • 2010/06/22 23:21
    ごろさん
    滝は水量で見栄えが大きくかわりますよね

    R29沿いのそうめん滝も雨の日は大迫力です
    次項有
  • 2010/06/23 09:32
    > しんちゃんさん

    延命水の取水場は人が絶えません。滝はその奥なので、天気がよくなったら見てください。
    次項有
  • 2010/06/23 09:36
    > ごろさん

    そうですね。そうめんの滝も近々UP予定です。雨の日ではなかったので、迫力は?
    次項有
  • 2010/06/24 13:07
    ムサシさん
    私が思う宍粟市の名水中の名水がありません。一宮町倉床「ふれあいの水」。少し遠方ですが、一度のんだらやめられない水です。常温でも3ヵ月以上は腐りません。私が一番に進める水でもあり、立派な意味もあります。機会があれば、お教えしたいと思います。
    次項有
  • 2010/06/24 15:14
    > ムサシさん

    ふれあいの水は何回か立ち寄りました。ムサシさんのお墨付きのこの名水も後ほど紹介予定です。
    次項有
  • 2010/07/10 17:17
    宍粟の名水、全部廻りました。特に、延名水は近いので、以前ちょくちょく行きましたが、時々、2リットル入りのペットボトルを30本も40本も持ち込んで延々と蛇口を独占している人があって、嫌気がさして、最近は行っていません。
    なお、姫路市内に「宍粟の名水で作ったおにぎり」を売っているところがあります。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み