■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=11188
2010年06月18日(金) 

しそうの滝に涼を求めて 

三室の滝

 

   千種町の中心街を抜け千種川に沿って北上して行くと、行者霊水の前を通り、千種町河内(こうち)に出合橋があります。道に沿って行けばスキー場方面、ここを右折して三室山方面に進みます。左下の川は千種川の支流「河内川」となります。道なりに進み、渓流荘を通ると、もうすぐです。

 

 

 

   右山麓に広々とした緑の空間が広がります。この三室山の入り口は、氷ノ山(ひょうのせん)・後山(うしろやま)・那岐山(なぎさん)国定公園として整備されています。トイレも完備。

 

 

  道路の左手には、鳥居(瀧神社)があります。鳥居をくぐると、向こうに滝が見え、滝に近づくにつれ滝音が大きくなります。

 

 

   落差15m、幅12m。3本の滝水の中央の滝水が滝つぼに当たり、跳ねあがるさまは、圧巻です。滝横の岩にのぼり、真横から見ると、滝水の量と勢いがよくわかります。跳ね上がる白い水流を真上から見れば、滝つぼから湧き出ているかのように見え、水の流れの変化の面白さを感じます。童心に返り、滝つぼに飛び込んでこの噴出しの流れの中で戯れてみたくなるほどです。

 

 

 

   この三室の滝(別名燗鍋カナベの滝)は、離れて見るもよし、近くで見るもよし、滝全体が見やすい地形にあります。なので、子供からお年寄りまで親しめる名滝です。

 

   この先にはかつて三室高原青少年野外活動センターがあり、当時多くの子どもたちにとって、夏の思い出の場所です。現在は、老朽化のため取り壊され、更地にされ植樹されています。昭和56年キャンプ場造成工事中に、縄文時代前期の多数の土器の破片や磨製石斧が発見されています。(三室口遺跡)。三室は、太古から人々の生活を支えてきた豊かな森であったのです。

 

(撮影日 2010.6.4)

 

PS : この滝の入り口で、年恰好が同じで、同じにおいを感じた神戸の方に出会い、、初対面でしたが楽しく話しができました。しそうの山々が好きでよく来られるという。きのこの研究をされているそうです。興味を持った小学生で大人顔負けのきのこ博士がいるそうです。いろんな、趣味の会があることがわかりました。

参考までに、兵庫きのこ研究会 http://www.hyogo-kinoko.jp/ をあげておきます。

 

 ▼行者霊水の横にある千種の自然の案内板から

・千種の山々が鳥瞰図的に描かれていて、とてもわかりやすいのでUPします。

解像度を上げています。三室の滝は、右端にあります。

 

 

※ しそうの滝アドレス一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=112

 

 「E-宍粟」支援隊そーたんs


閲覧数2,097 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2010/06/18 12:46
公開範囲外部公開
コメント(7)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/06/18 12:56
    最近になって、三室の滝があると聞いていたので
    一度いってみたいと思っていました。

    もうこれで行った感じがします。
    ありがとうございました。

    私にとっては、原の滝、母栖の滝、比地の滝が
    滝だと思っていましたので。
    次項有
  • 2010/06/18 18:17
    推量も多いですね。
    この滝にはよく行きます。今年春に行った時は三筋ある流れが、二筋になっていました。滝口に上がって見ると、昨年の豪雨の為か流木が詰まっていました。もうすっかり回復した様です。有難うございました。
    次項有
  • 2010/06/18 21:41
    いい滝ですね!!

    昔、三室はよく行きましたが、滝は行ったこと有りません。

    行きたくなりますね。
    次項有
  • 2010/06/18 23:49
    > コーゾー君さん

    行った感じはいいのですが、是非見てくださいよ。
    まだまだ、たくさんいい滝がありますよ!
    次項有
  • 2010/06/18 23:51
    > フォレストさん

    キャンプ場や活動センターができる前は、スキー場だったようです。

     私は、三室では、テントで一泊、ロッジで2泊した経験があります。お化けは出ませんでしたが、真夏でも夜はけっこう寒かった経験があります。
    次項有
  • 2010/06/18 23:53
    > カメキチさん

     流れが自然に回復することもあるかも知れませんが、大きな木や石で流れがかわることもありますね。
     昨年夏、川に多くの流木が流れたのがよくわかります。この滝はそうでもなかったのですが、まだあちこち流木がめだちます。
    次項有
  • 2010/06/19 00:01
    > しんちゃんさん

     私も、十数年ぶりでした。家族で見に行ってください。きっと喜ばれますよ。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み