2010年06月15日(火) 

しそうの名水と滝を求めて

河原田不動滝

 

 国道29号線を北上し、宍粟市一宮町曲里にある安積橋前の信号を右折し、三方方面に進みます。まほろばの湯の手前の429号線を左折し、新三方橋を渡り、波賀町につながる高野峠に向かう途中に案内板が左に見えます。

 


 それに従って進むと、要所要所に案内板があり、駐車場まで案内してくれます。地元河原田の方の気配りが感じられます。

 

 

 駐車場に着くと、「これからが本番」と書かれた滝の案内板があります。谷川を渡って、歩いて7・8分歩くと、社の向こうに、大きな滝が見えてきます。見上げると落差45mの大きな凹凸のある岩肌を、白い飛沫を残しながら、ゴウゴウと落ちていきます。

 

 

 

 波切不動明王を祀った本堂は、巨岩を背中にして建てられています。社の横に太い鎖が上に伸びている。これを伝って上ると岩壁に石像が見えます。錫杖をもった石像が滝に向かって祀られています。

 

 

  この場所から、滝の中腹を近くに見ることができます。そこからの滝水の飛沫と勢いに圧倒されます。この滝は、水音が轟く迫力のある滝です。

 

 

 

 社の前には、お堂があり、そこから真下にある谷川を見ると谷の彫りの深さを実感しました。

この滝の上流にはアマゴが生息しているという。次回は、滝上流を覗いて見たいものです。

 


PS
 午前中は、青空広がっていたのに、午後は次第に雲行きが怪しくなり、ゴロゴロと雷が鳴り始めた。取材最中に、雨が降り始め、あわてて撮り終えた。その雨も次第に本降りとなり、身動きできなくなり、お堂の中で30分ほど釘付にされました。これも、忘れられない日となりました。 (撮影日 2010.6.3)

 

※しそうの滝アドレス一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=112

 

「E-宍粟」支援隊そーたんs


閲覧数914 カテゴリアルバム コメント6 投稿日時2010/06/15 16:41
公開範囲外部公開
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=11137