■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=10959
2010年06月04日(金) 

しそうの滝に涼を求めて

比地(ひじ)の滝

 

比地の滝は、中国自動車道山崎インターから近く、宍粟市南西部の谷間にある比地の里の名勝地です。

比地(比治)と言う地名は、奈良時代初期に記された「播磨国風土記」に現れ、古来よりこの滝は、比地の滝と呼ばれ、人々の心をとらえてきた名滝です。

 

近年この地域一帯は、国見の森公園として整備されアクセスは非常によくなりました。山麓部には交流館やモノレールの発着場があります。比地の滝へ行くには、公園の駐車場に車を止め、交流館前に案内板があるので、そこから谷川伝いに歩いて約10分程です。

 

 

 

 

滝周辺は、昔と比べてかなり明るくなったように感じます。子供の頃は、薄暗い山道が続く森の中というイメージがあり、白衣を着た人が滝に打たれ修行されているのを見た記憶があります。この滝は、古くから修行者の聖域の行場でもありました。

 

 

 

  この滝の様は、落差12mの滝上部から垂直に落ちる白い飛沫が長い布状となり、それはさながら白い鰻(うなぎ)にも見えるからでしょうか、鰻の滝登り伝説が残っています。滝壺からの清流は、変化に富んだ岩の間を流れ、一幅の絵画のようです。

 

 

 

滝を見た後は、交流館での体験学習、国見山へのハイキング、モノレールで森や里山の自然にふれあうことができ、山頂にある木造の展望台からは、揖保川の流れる城下平野が一望できます。

 

宍粟の玄関口にある、比地の滝と国見の森公園に是非立ち寄ってみてください。

 

 

※柏原城と遊鶴寺

 http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=11306…1292473735

※しそうの滝アドレス一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=112

 

 ※ 国見の森公園ホームページ

http://www.kuniminomori.jp/

 

 

「E-宍粟」支援隊そーたんs

 


閲覧数1,874 カテゴリ日記 コメント15 投稿日時2010/06/04 11:35
公開範囲外部公開
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み