■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=10858
2010年05月28日(金) 

しそうの滝に涼を求めて

 小滝(おたき)不動尊の滝   ※宍粟市一宮町島田

 

国道29号線を北上し、山崎町木ノ谷をぬけ大きなカーブの途中、一宮町嶋田のドライブインオアシスをすこし進んだ右手山壁の間に山道があります。一宮町から南下した場合は、左手に看板が見えるが、北上の場合は山道の入り口がわかりづらい。(運転には十分気をつけてください。)

私は、いままで、よくこの道を通っていましたが、滝(不動尊)の看板には気が付かなかった。よく見ると、道路側にある黄色の大きな「まほろばの湯」の看板があり、その隣なので、あまり目立ちません。今は、木の葉の影に半分隠れています。

 

 

  ここから、ほんの少し入った林道左上に見事な巨岩が見える。少し進んでヘアピンカーブが終わった先、右下に滝が見えてきます。この道近くに車を止めます。

 

 

 

 

滝に降りる赤色の鉄製の階段を降りると、社(成田山不動明王山神社)の前に出る。あたりは先日来の雨による豊富な水量で滝の水音が轟々と響く。(動画の音量は高いかも)

 

 

 

 

滝の水の流れは巨岩の上を二つに分かれ、一方は大きな岩の縁に沿って流れ、もう一方は待ちきれず手前をいくつかの階段状の石に当たりながら落ちてゆく。流れる水に変化があります。 

 

 

 

 

右端の岩の上に、太刀を持ついかつい形相の不動明王が見下ろしている。逆にこちらのほうにはそれとは対照的な、髭(ひげ)をはやした仙人のような石像が祀られています。

 

 

 

 

しばらく滝を見ていると新緑の木々の光と、さわやかな冷気が、ひととき世俗を忘れさせてくれる。国道の近くにあるとは思えない。

 

名前(小滝おたき)が示すように、規模では小に属する滝(落差5m)ですが、周辺の大岩とともに何かしら存在感が感じられる滝です。四季折々、いつでも誰でも受け入れてくれるやさしいオアシス、それが小滝不動尊の滝です。

 

 PS : 写真を取り出してみると、オーブが写っていました。座敷わらしじゃないけれど、何かいいことの前兆かなと思って調べてみると「空気中で結露した水蒸気が湯気となりフラッシュ光で乱反射を起こすことがあり、特に地下からの水がわき出るような所や滝の近くでは夏場などによく発生する現象である」とある。フラッシュをたいたときに起こる現象でした。ほっとしたようながっかりしたような。

 

 

 この滝の上流の山頂部には、母栖の滝・関電の実験センターがあります。

 

※しそうの滝アドレス一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=112

 

 

「E-宍粟」支援隊そーたんs

 


閲覧数2,243 カテゴリ日記 コメント6 投稿日時2010/05/28 13:11
公開範囲外部公開
コメント(6)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/05/28 14:32
    地図をみると、もすの滝の下流にあるのでしょうか?
    次項有
  • 2010/05/28 14:54
    > コーゾー君さん

    そうですね。マップを入れているときに、わかりました。この谷川の上流は、関電の実験場になりますね。おそらく母栖の滝に続くと思います。(ブログの説明に付け加えます。)
    次項有
  • 2010/05/28 23:35
    > しんちゃんさん

    どうなんでしょうね。私タケネットが紹介しようとする滝は5m以上が大半だと思います。名のある滝の中にも、雨が少ないとすぐ空滝になってしまうのがあるようです。
     
     滝のイメージとしては、m単位の高さと、水が削り取った滝つぼがあることでしょうか。
     定義より、地域の人たちが名付けているかどうかで決まるような・・・。
    次項有
  • 2010/05/30 10:41
    今回の動画もデジカメで撮られたのでしょうけどブレもなくすごいきれいですね。
    青楓が装飾譜のように画面に現れ清清しい気持ちになりました。
    ありがとうございました。
    次項有
  • 2010/05/30 19:11
    > ふすま屋さん

    ありがとうございます。なんとか雰囲気だけでも、味わってもらえればとは思っています。足元だけ気をつければ、身軽に滝水に近づけるのがいいですね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み