■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://shiso-sns.jp/blog/blog.php?key=10705
2010年05月18日(火) 

ホタルの里と西林寺奥の院虚空蔵堂(下野田)

 

   宍粟市一宮町の染河内地区に何度か取材で通っていたとき、染河内川の下流域の下野田に「ほたるの里」の大きな表示とつり橋を見つけ、気になっていたので、先日立ち寄って見ました。

 近くにいた年配の方に伺ったところ、この当たり周辺はホタルの名所なのだと教えられたが、去年の8月の大雨でこの川は相当荒れて、今年のホタルは心配だと話されていた。 

  近くに頑丈なつり橋が架けられていて、しあわせ橋と名付けられていた。橋壁には「御本尊虚空蔵菩薩は、天正4年(1576)西林寺中興浄蔵上人がおまつりしたと伝えられ、すべての福徳と知恵をお授けくださる仏さまです、とりわけ、人生の節目や岐路に立つ時の心身の不安と取り除くことや、記憶力を増進する功験は勝れています。・・・」とある。まだ新しい灯篭が参道の両脇に整然と並べられ社まで続く。灯篭を見ると、平成20年4月とあり、寄付者の住所・氏名が記され、その住所は染河内地区を中心に隣接の地区内のものが多く、この虚空蔵堂は、広範囲の地域住民でお祀りされていることがわかります。

 

くの字になった参道を進むとの西林寺奥の院虚空蔵堂がある。本尊は宍粟市指定文化財(彫刻)となっている。社の屋根の左上には、鯨のような巨岩が覆いつくし、圧倒される。この場所は、「13まいりで有名な岩陰のお堂」として、古くから地域信仰の特別な地として祀られている。

 

 

 ※地名の由来「下野田・上野田・能倉・東河内」をご覧ください。

http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=7625&…1273120435

 

 

 

 

 


閲覧数5,648 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2010/05/18 13:43
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2010/05/18 17:46
    一宮町福知が実家ですが、ここは知りませんでした。染河内は近くなので
    行ってみたいと思います。乱舞したらいいのにね。
    次項有
  • 2010/05/18 19:12
    同じ宍粟にいても知りませんでしたm(_ _)m

    一度、訪ねてみたいですね。
    次項有
  • 2010/05/18 22:07
    近くでも、知らない事が多くて驚いています

    ありがとうございます
    次項有
  • 2010/05/19 10:47
    情報 有難うございます。
    今年は佐用のホタルも壊滅状態の様です。
    こちらでも、多く乱舞すると良いですね。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
タケネットさん
[一言]
SNSを通じて宍粟市の魅力を紹介 ▼発信コミュニティ一覧▼ ホームペー…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み