しそうの名水の「枯れない名水「石水山の御水」(山崎町)」
「枯れない名水「石水山の御水」(山崎町)」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
枯れない名水「石水山の御水」(山崎町)
【閲覧数】2,128
2010年08月10日 10:32
石水山の御水(通称:観音さんの名水) ※宍粟市山崎町下牧谷

 蔦沢地区の入口「生谷(いぎだに)橋」を渡って、伊沢川に沿って進みます。伊水小学校前を左折し、氏神橋を渡り、山すその広い道に出ると右に進み、火の見櫓のある下牧谷公民館前に案内板があります。そこを左に進むと、山谷の入口に至ります。鹿対策のフェンスがあり、少し手間ですが、柵の開閉をする必要があります。ここからはすぐです。車は、お寺の境内前に十分な駐車スペースがあります。

 境内に入ると、立派な杉の木が目に入ります。杉の表皮は凹凸のある網目のようになり、年代を感じさせます。

 お堂の前に、「石水の水」の検査結果が石に刻まれています。

 岩の間から4~5mの割り竹が伸ばされています。年中、水の勢いがよく取水に時間がかからないので、ほとんど待ち時間がありません。来られている人に聞いてみると、「姫路から毎月来ている。あちこち回ったがここが一番いい」と言っておられた。

 水を汲みにくる人のために台車が用意されています。

 道が整備されていない昔は、参道から歩いて上がり、石垣の上から流れる滝水を間違って汲んで帰る人があったと聞きましたが、水はお堂の横で汲みます。

 この石水山の御水(通称:観音さんの水)の由来が、お堂の前の石段を降りたところに、掲示されています。このお寺は、石水山観世音菩薩金蔵寺といい、その右後ろの石室から流れ出る水の水温は常時12℃とあります。

 年中水量が変わらず、何ヶ月たっても腐らないいい水だと、地元人から聞いています。

「E-宍粟」支援隊そーたんs

▼アクセス     ▼境内の大杉      ▼由来と滝水
 

返信書き込みはありません。