宍粟の地名(由来)の「地名の由来「揖保川」 その1 地名」
「地名の由来「揖保川」 その1 地名」の書込一覧です。
新着返信
QRコード
地名の由来「揖保川」 その1 地名
【閲覧数】4,442
2010年03月26日 12:10
地名の由来「揖保川」   

 揖保川の「揖保」の起源は、播磨風土記が編纂された奈良時代の昔にさかのぼる。

 風土記には、アメノヒボコ(天日槍命)とアシハラノシコオノミコト(葦原志挙平命)の2神の国(土地)の争奪の話が記されている。

風土記の揖保郡(いいぼのこおり)という条に、

「揖保郡所以称粒者 此里依於粒山故因山為名 粒丘 所以号粒丘天日槍命従韓国渡来到於宇頭川底而乞宿処於葦原志挙平命日汝為国主欲得吾所宿之処志挙即許海中爾時客神以劒攪海水而宿之主神即畏神之盛行」とあります。

 現代文に直すと、「揖保郡を粒(いいぼ)と称えるのは、この里が粒山によったから粒と名づけた。粒丘(いいぼのおか)と名づけたのは、天日槍命が韓国より渡り来り、宇頭川底(うずがわしり)(現揖保川河口)に到って宿る所を葦原志挙平命に乞うたところ葦原志挙平命は海の中を許した、すると天日槍命は剣で海水をかきまぜ島を作り宿した。志挙平はその勢いのさかんなのに愕(おどろ)き、天日槍が播磨を征服しない前に自分が国を占拠しておこうと思い、丘に登り食事をしたら口から飯をこぼした。故にそこを粒丘と名づけた。」

 よって揖保郡に注ぐ大河を揖保川と呼ぶようになり、昔は下流辺りを、宇頭川(うずがわ)といい、河口東岸を宇須伎津(うすきつ)とよんだという。

 では、この粒丘は、どこにあるかというと、たつの市揖保町中臣(なかじん)に小丘の中臣山・現権山を指すという。また2つの山の間には式内社の※中臣印達神社、そして南に※夜比良神社(式内社)があります。近くには夜比良の渡しがあったところです。このあと、二神は揖保川をさかのぼり、宍粟の地名が名づけられていくことになります。(下記アニメ参照 しそうのあゆみ より)

■ 揖保川(その2)水運 http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=8306&…bbs_id=102


※中臣伊達神社(下記追記)
※夜比良神社(下記追記)
※しそうの地名の由来一覧
http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=102

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s”

▼御津町河口・たつの市 ▼飯丘由来 

書き込み数は2件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
2011年08月01日 10:51
夜比良神社(やひらじんじゃ) 所在地:たつの市揖保町揖保上

 その昔、たつの市揖保町の揖保川には、夜比良の渡しがありました。夜比良神社はその川左岸(西側)にあります。
 北に伸びる緑と灯篭の参道が特徴的です。

 由緒によると、宍粟市一宮町の伊和神社とこの夜比良神社の祭神が同神で、揖保川流域の伊和神社を「北方殿」と呼ぶのに対し、夜比良神社を「南方殿」と言う。伊和大神の南の拠点で、中世には播磨の赤松氏の守護神として崇拝されたとあります。
 この地域は、16世紀初頭の洪水で、揖保川の流れが中臣山を挟んで東から西に移ったことが、古図・古文書でわかっています。最初は揖保川(右岸)の西にあった揖保上、揖保中、今市と新在家、正条が分断されたが、夜比良の渡しを使って参詣し、今なお川をはさんで氏子域となっています。

 取材にいったとき、夜比良神社の宮司がおられたので、中臣山(なかじんやま)の中臣伊達神社(なかとみいだてじんじゃ)との関係を尋ねると、夜比良神社が、出雲系伊和大神の南部の拠点であったのに対し、中臣伊達神社は、大和朝廷に平定された後の大和系神社であったという学者の説明を受け、興味を覚えました。

関連
※夜比良の渡し
http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=8706&…bbs_id=102
※揖保川にまつわる話1
http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=8491&…bbs_id=102
※揖保川にまつわる話2
http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=8514&…bbs_id=102

「E-宍粟」支援隊そーたんs
中臣印達神社
【返信元】 地名の由来「揖保川」 その1 地名
2011年07月21日 10:11
 中臣印達神社(なかとみいだてじんじゃ) 所在:たつの市揖保町中臣

 粒丘(いいぼのおか)は、たつの市揖保町中臣(なかじん)の小丘の中臣山をさすといわれ、その山麓に中臣印達神社があります。

※中臣は、地名では「なかじん」とよび、神社名では「なかとみ」と読むようです。

「E-宍粟」支援隊そーたんs

▼鳥瞰        ▼粒丘の碑(神社内)  ▼中臣印達神社