宍粟の地名(由来)の「地名の由来「西山・室」」
「地名の由来「西山・室」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
地名の由来「西山・室」
【閲覧数】1,540 【マップカテゴリ】千種町
2010年03月03日 13:18
今回は「西山・室」(千種町)をとりあげます。

■西山(にしやま)
千種川上流域。地名の由来は、千種谷の中心千草の真西にあたる山中にあるため西山と名付けられたという。地内に栗尾城があり、赤松貞範と範資兄弟の出城として構築され、赤松直頼が居城したというが(宍粟郡古城趾)、その所在は確認できない。勢端島谷(せばたしまだに)にたたら跡がある。当地から美作国吉野郡後山(うしろやま)村(岡山県東粟倉村)へ通じる道は、中世から千種鉄を備前の刀匠たちのもとへ運んだ主要道であり、また当地方に吉備文化が入った道でもあった。志引峠(685m)を越えて物資の流通や通婚が江戸時代から昭和初期まで続いた。

【近世】西山村  江戸期から明治22年の村名。播磨国宍粟郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年(1600)姫路藩領、元和元年(1615年)宍粟藩領、慶安2年(1649)幕府領、以後延享元年(1744)~同3年出羽国山形藩領、宝暦2(1752)~13年上野国高崎藩領、明和6年(1769)~文政11年(1828)尼崎藩となったほかは幕府領。地内紙屋という小字は、隣村室(むろ)の西方寺にある享保14年(1729)建立宝篋印塔に銘を残す紙屋助左衛門にちなむ。助左衛門は紙漉きで巨万の富を築いたという(千種村誌)。当村では和紙の原材料となるコウゾとミツマタによる農外収入があった。
 神社は大仙神社と天満神社。寺は無住の庵寺である高野山真言宗仙光寺と浄土真宗本願寺派教福寺。教福寺境内にある※オハツキイチョウの実は妊婦のお産を軽くするとか、心臓によいといわれる。明治22年千種村の大字となる。

【近代】西山 明治22年~現在の大字。はじめ千種村、昭和35年からは千種町の大字。初期たたら製鉄が衰退したため、林業・養蚕業・蓄牛に力を入れるようになり、昭和13年には千種村が県下2位の子牛生産頭数となった。同年の当地の牛馬保有頭数は牛72・馬3。換金作物としてタバコ・コンニャク玉を栽培。

■室(むろ) 
千種川上流域。地名の由来に関しては、一説に聖なる山と崇敬された日名倉山麓にある集落で神の住み給う御室(みむろ)にちなんでつけられたと伝える。地内雛倉から奥海に越す峠に六人塚と刀橋がある。
 慶長10年(1605)平福の利神(りかん)城を立派な大城郭に構築した池田由之を池田輝政が謀叛の心あるものとこれを攻め滅ぼし、敗走由之の息女を守る6人の家臣が同地で討死、その家臣を祀った塚が六人塚であるという伝承がある。また、地内中央部に嘉永7年(1854)建立の代官望月新八郎の顕影碑がある。

【近世】室 江戸期から明治22年の村名。播磨国宍粟郡のうち。もと豊臣氏蔵入地。慶長5年(1600)姫路藩領、元和元年(1615年)宍粟藩領、慶安2年(1649)幕府領、以後延享元年(1744)~同3年出羽国山形藩領、宝暦2~13年上野国高崎藩領、明和6年(1769)~文政11年(1828)尼崎藩となったほかは幕府領。
 享保6年(1721)御年貢割賦之事では村名の上に鉄山請負の内と肩書が付いている。これは年貢米を鉄山請負の内と肩書きが付いている。これは年貢米を鉄山師の方へ廻したことを意味し、鉄山扶持方為替米という。鉄山師にとっては所相場で安く米が入手でき、百姓にとっても諸経費軽減となり双方の利益になった。

 享保17年(1732)不作による年貢銀納願のため江戸表へ越訴する一件が起きている。文政8年(1825)美作国吉野郡の一揆勢百姓1千人が地内こだにを越えてなだれ込み、当地の百姓も一緒に塩地峠を越え青木(山崎町)まで騒ぎたてた一件がある。

 神社は、天正19年(1591)勧請の日名倉神社。同社の祭神にまつわる話として、日名倉山(日の暮山)頂上に大日留女命が祀られていたが、誰も参りに来ないので神は東へ向かって跳び降りたといわれる。途中の岩で踏ん張ったためその岩に今でも大きな足跡が残っている。また、この神は婿がなく大変嫉妬深いので、当地では家でする結婚式には絶対に祝言の盃を交わさない風習がある。寺院は真言宗秋福山西方寺。明治22年千種村の大字となる。

【近代】室 明治22年~現在の大字。はじめ千種村、昭和35年からは千種町の大字。


◇今回の発見
・西山から作州後山に通じる道は、千種鉄を備前に運んだ主要道。名高い備前国長船の刀匠に好まれた千種鉄は名刀に生まれかわった。
・城郭構築で謀反の疑いをもたれた平福の利神城主。追っ手に家来全員討死。その霊を祀ったという六人塚が室に残る。息女は輝政のもとへ連行されたという(佐用町史)。
・作州美作国と最も近い千種の西山・室には古くから美作・備前と経済・文化のつながりがあったことを発見。

※今日のげん木1本「千種 仙光寺の大コウヤマキ」をご覧下さい。
http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=6103&…;bbs_id=94
※今日のげん木1本「千種 教福寺のイチョウ」をご覧下さい。
http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=6260&…;bbs_id=94

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。