宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「一宮 春名邸のオカジロガキ」」
「今日のげん木1本「一宮 春名邸のオカジロガキ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「一宮 春名邸のオカジロガキ」
【閲覧数】1,135
2010年01月14日 12:17
第68弾は、「一宮 春名邸のオカジロガキ」 所在は、一宮町須行名 春名邸。国道29号線を北上し、播磨一宮伊和神社前の道を右手に進んで行くと、山里の集落に至る。ここは、岡城山(おかじろやま)通称宮山(みやま)の南麓に位置する。小字に「岡城」という地名が残り、岡城城主の末裔の地でもある。

このオカジロガキは、明治45年農務省農事試験場の調査報告書に、全国の柿品種分布調査の報告があり、甘柿の部の兵庫県に「岡城柿」とある(今井敬潤著「柿の民族誌」)。
その報告書には、兵庫県に44種もの柿の品種が書かれているが、現在、地名が品種になって残っている柿は、本種しか知らない。本樹は、その母樹である。森林王国にとって、また民俗学的にも銘木といえる。(しそう森林王国 巨樹・巨木)

岡城山の山頂には中世期の岡城(別名岡山城・宮山城)が築かれ、今も城郭の跡(石塁・堀跡)が残っている。山頂は見晴らしのよいところで、伊和神社を眼下に南北の町並みが一望できる。

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community/comm_map.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56902&am…bbs_id=621

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。