宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「一宮 西林寺のカゴノキ」」
「今日のげん木1本「一宮 西林寺のカゴノキ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「一宮 西林寺のカゴノキ」
【閲覧数】836
2010年01月08日 12:03
第65弾は、「一宮 西林寺のカゴノキ」 所在は、一宮町下野田 西林寺奥の院。国道29号線を北上し、一宮東市場を右折し、下野田の集落前の右手、山すそに進む。染河内川のしあわせ橋を渡ったところに西林寺奥の院虚空蔵堂があり、その叢林の中にある。他にも数本のカゴノキがある。

カゴノキを見る機会は少ないが、クスノキ科に属し、小さな赤い実がなる。

名前の由来は、樹皮が鹿の子の背中の模様によく似ていることから、鹿の子(かのこ)から来ている。鹿とは逆で、カゴノキの樹皮は若木のときはこの模様はでないが成木になると、樹皮が円状に薄く剥げ落ちて、独特の模様を作り出す。

材は褐色ないし暗褐色で硬く、模様をそのまま生かす床の間の柱としたり、太鼓や鼓の胴、小細工ものの製作などに用いられる。

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community/comm_map.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56706&am…bbs_id=621

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。