宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「波賀 安養寺参道のソメイヨシノ」」
「今日のげん木1本「波賀 安養寺参道のソメイヨシノ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「波賀 安養寺参道のソメイヨシノ」
【閲覧数】797
2010年01月07日 12:59
第64弾は、「波賀町 安養寺(あんようじ)参道のソメイヨシノ」 所在は、波賀町斉木字中千保。国道29号線を北上し波賀の斉木口を左折し、波賀橋を渡り、少し進むと、バス停「安養寺」があり、その前に見える。

 ソメイヨシノは、染井吉野と書き、江戸末期から明治初期に、江戸の染井村(現在の東京都豊島区駒込)に集落を作っていた造園師や植木職人達によって広められたという。

 前回に紹介したヤマザクラと違うところは、葉が出る前に花が咲く。成長が早いが、寿命は短い。その理由は、はっきりはしていないが、特定の病気や自然環境に弱く、百年の寿命をもつものは稀だという。実生ではなく、すべて接木で増やす。

 日本の桜の開花予想の品種がこのソメイヨシノですが、気象庁は今年(2010年)の春から桜の開花予想を取りやめると発表した。民間が近年、精度の高い開花予想を発表するようになり、役目を終えたと判断したからという。

 宍粟市は、山崎南部から波賀北部・千種北部まで、桜の花を広範囲で長期間楽しめるエリアである。


宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community/comm_map.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56540&am…bbs_id=621

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。