宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「波賀 小野のメグスリノキ」」
「今日のげん木1本「波賀 小野のメグスリノキ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「波賀 小野のメグスリノキ」
【閲覧数】692
2009年12月11日 13:20
第52弾は、「波賀 小野のメグスリノキ」 所在は、波賀町小野字ドウガセ。第13弾の「小野のアカメヤナギ」のある岸辺の下流で小野クリーンセンター近くの引原川河岸にある銘木である

メグスリノキは、日本にだけ自生する珍しい木で、カエデ科カエデ属の落葉樹。標高700メートル前後の山中に多くみられ、イチョウなどと同じく雌雄異株(オスの木とメスの木がある)です。秋には真っ赤に紅葉し、国道からも目立ちます。

この木の本名はまちがいなく「メグスリノキ」。名が示すように葉や樹皮を煎じて、眼病や肝臓の薬として利用されてきた。福島県相場地方では、目薬として古くから利用され、目のかすみが解消され千里の先までよく見えるということから「千里眼の木」とも呼ばれています。また江戸時代初期には、京都や播磨で眼病の特効薬として評判になったといわれています。

※ずっと前ですが、有馬温泉の土産品店でメグスリノキのお茶を見たことがあります。

▼近くにある「小野のアカメヤナギ」第13弾も参照ください。
http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=6219&…;bbs_id=94

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56884&am…bbs_id=621

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。