宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「波賀 小野の大トチノキ」」
「今日のげん木1本「波賀 小野の大トチノキ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「波賀 小野の大トチノキ」
【閲覧数】1,137
2009年12月01日 10:57
第44弾は、「波賀 小野の大トチノキ」 所在は、波賀町小野字大谷。国道29号線を北上し、神姫バス「上小野」バス停を左折し、小野ログハウス村を通り、上城山小屋キャンプ場手前の林道を左手に入っていった所にある。本樹と近くにもう1本の巨樹が立ち並び壮観である。幹や根元には、シダやコケ類が着床し年代を感じさせる。推定樹齢500年以上。兵庫県指定天然記念物。

トチノキは、落葉性の高木で、水気を好み、谷間では、より低い標高から出現することもある。サワグルミなどとともに姿を見せることが多い。葉も非常に大きく、初夏に穂状の花序が顔を出す。穂は高く立ち上がり、花は白や薄い紅色。

実は、大きさ、艶、形ともに、クリのてっぺんのとんがりをなくして丸くしたようなもの。渋抜きして食用になる。同様に渋抜きして食用になるコナラやミズナラなどの果実(ドングリ)よりも手間がかかるが、かっては米がほとんど採れない山村ではヒエやドングリと共に主食の大きな一角を成し、常食しない地域でも飢饉の際の食料として重宝された。縄文時代からの古代食の一つである。

木材として家具などの材料となる。巨木になるものが多いので、昔はくり抜いて臼を作るのにもよく使われた。

現在では、但馬地方では、栃もちやせんべいとして、その素朴な味はお土産として人気がある。

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56551&am…bbs_id=621

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

▼2本のトチノキが並立▼花蜜は蜜蜂の好物 ▼実は自然の恵み

返信書き込みはありません。