宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「氷ノ山のブナ(林)」」
「今日のげん木1本「氷ノ山のブナ(林)」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「氷ノ山のブナ(林)」
【閲覧数】722
2009年11月04日 09:49
第26弾は「氷ノ山のブナ林」 所在は、波賀町戸倉 坂ノ谷国有林。氷ノ山の南側のチシマザサの群生の中に仁王立ちしているブナ。

「近年このような大木が少なくなり、若木の生育も少なく、西日本太平洋側のブナ林としては貴重な存在である。」(しそう森林王国巨樹・銘木より)とある。

ブナについて調べると、
ブナは花を咲かせるのに50年、実をつけるのにさらに30年、80年でやっと大人の仲間入り。なんと人間の4倍の時間がかかるという。

人間も他の動物に比べると一人前になるまで最も長いが、ブナはもっとかかるという。だからこそ、いま生き残っているブナは大事にすべきもの。ブナは宍粟の遺産として大切に後世に繋いでいくべきものの一つでしょう。

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56521&am…bbs_id=621

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。