宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「千種 大森神社のホオノキ」」
「今日のげん木1本「千種 大森神社のホオノキ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「千種 大森神社のホオノキ」
【閲覧数】925
2009年10月22日 09:57
第20弾は「千種 大森神社のホオノキ」所在は、千種町河呂字山田。市立千種中学校の西側一帯の群生林。大森神社は河呂大森神社と千草大森神社とが並んで祭られていて、社叢は両神社を取り囲んでいる。河呂神社には、県の民俗文化財に指定されている農村歌舞伎舞台がある。

社叢には、シラカシを中心に、ケヤキ、トチノキ、モミ、スギ、ヒノキ等が混生している。その中に、ホオノキの古木がある。社叢、ホオノキともに市の天然記念物に指定されている。

ホオノキはモクレン科で、成長が早く、葉の大きな高木になる。

葉には芳香があり、殺菌作用があるため食材を包んだり、食器がわりに使われていた。特に、この木の葉は、飛騨のホオ葉味噌で有名。飛騨高山・下呂温泉旅館で食べさせてくれる。この味噌を包んでいる葉がホオ葉。

材は柔らかく狂いがないので細工物、楽器の鍵盤、下駄、まな板、彫刻、版木、鉛筆やマッチの軸と幅広く利用されている。

樹皮は、生薬(健胃、腹薬)になる。

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=57004&am…bbs_id=621

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。