宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「山崎 春安のツバキ」」
「今日のげん木1本「山崎 春安のツバキ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「山崎 春安のツバキ」
【閲覧数】745
2009年10月21日 10:17
第19弾は「山崎 春安のツバキ」 所在は、山崎町春安字鎌谷。レストラントッポジージョ、特養やまさき白寿園の前をとおり、中国自動車道の下をくぐるとお堂(耳の神様のいわれがある)があり、その隣に灰色で凸凹した木がある。これが春安のツバキである。幹周が205cmもあり、ツバキでは、これほどのものは県下でも数少ないという。

ツバキには、ヤブツバキとユキツバキ(多雪地帯に多い。)があり、本樹は、ヤブツバキである。

ツバキは、その赤い花が、花の付け根から、いきなり落ちることから、首が落ちる様を連想し、特に武士には縁起がわるく嫌われていたと言われるが、現実には、古くから一般庶民にも愛され、特に江戸時代には品種改良が盛んに行われ、さまざまな花を楽しめるようになった。このツバキは、西洋にも伝わり、冬にでも常緑で日陰でも花を咲かせる性質が好まれ、豪華な花をつける品種がいまでも愛されている。

材は、大木が入手しにくいので建築用にはあまり使われない。木質は固く緻密、かつ均質で木目は余り目立たない、摩耗に強くて摩り減らない等の特徴から工芸品、細工もの等に使われる。代表的な用途は印材。このツバキの種子からは、椿油がとれ、昔から使われてきた。

※撮影は、10月であり、今はつぼみを持ち、開花の準備をしている。花の写真は後日紹介します。

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56833&am…bbs_id=621


「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。