宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「一宮 池王神社のアカガシ」」
「今日のげん木1本「一宮 池王神社のアカガシ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「一宮 池王神社のアカガシ」
【閲覧数】1,410
2009年10月20日 09:50
第18弾は、「一宮 池王神社のアカガシ」所在は、一宮町深河谷789。一宮北部の八鹿・山崎線を北上し、下生栖(しもいぎす)を左に折れ、深生橋を渡り、揖保川にそそぐ深河谷川(ふかだにがわ)に沿ってのぼっていくと、深河谷地区の案内板があり、その並びに池王神社のアカガシの表示板があった。あちこちの取材には、このような案内板はありがたい。少し進んだところで、左に橋を渡って地名さながらの深河谷川の谷あいを引き返すように行くと、池王神社に到着。

昼でも薄暗い社叢。この社叢は、県指定の天然記念物になっている。そして、神社本殿の左に、巨樹が目に入る。深河谷の宝物として、大切に守られててきた神木である。樹齢600年の堂々たる巨樹で、幹に空洞があるものの、あらん限りの枝を伸ばし、葉はびっしり茂っている。

本樹は、幹周が569cm、樹高20mで、県下はもとより日本でも屈指の巨樹である。

アカガシはブナ科の常緑高木。カシに属するものは県下には7種自生している。その一種で、カシ類ではもっとも耐寒性が強いと言われている。

アカガシの名は材の色(赤褐色)に由来している。
材は堅くて、器具、車輛、船舶、機械、枕木、木刀などに使われる。

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56467&am…bbs_id=621

「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。