宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本 「千種 中ノ宮神社のケヤキとスギ」」
「今日のげん木1本 「千種 中ノ宮神社のケヤキとスギ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本 「千種 中ノ宮神社のケヤキとスギ」
【閲覧数】900
2009年09月28日 13:00
第4弾は、「中宮神社のケヤキとスギ」所在は、千種町河内 中ノ宮神社。千種川上流、左に行けばスキー場のある千種高原、右に行けば三室高原、その分岐点より三室方面に1キロほど行った所。道の脇(ガードレールすれすれ)に鳥居があるのですぐわかる。松やスギにこんもりと境内が覆われている。本殿の左右に門柱のように、右に大スギ、左に大ケヤキがある。特にケヤキのびっしり厚いコケに覆いつくされた太い幹に圧倒された。このケヤキは、しそう第1位だとか。

ちなみにケヤキについて、調べてみると
「落葉高木山地の谷沿いの斜面や、川沿いの平地などに林をつくるが、古くから屋敷、公園、境内、並木などに広く植栽された。巨樹、銘木とされるものも多く、木目が美しい上に狂いがほとんどなく、湿気にもよく耐え、保存性が高く、金茶色の材質、男性的な木目、堅い材質で用途が広い。用材としても優れる。比較的くるいやすい材で、伐採後10年ぐらい雨ざらしにし、その後製材、乾燥させるというように、手塩にかけて使う。・・・」とある。この時世に伐採後10年も寝かせておくなんて、ケヤキの製品が、木目の美しさとあわせて、その価値・値段の高い訳が、理解できる。

宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56533&am…bbs_id=621


「E-宍粟」支援隊“そーたん’s” 

返信書き込みはありません。