宍粟の巨樹・巨木・銘木 〜しそう見てある木 今日の元気一本〜の「今日のげん木1本「十二ン波のアカメヤナギ」」
「今日のげん木1本「十二ン波のアカメヤナギ」」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
今日のげん木1本「十二ン波のアカメヤナギ」
【閲覧数】1,060
2009年09月18日 10:21
※平成25年高瀬舟公園化及び河川敷整備のため伐採により消失

第一弾は「十二ン波のアカメヤナギ」所在地は山崎町須賀沢字古町。宍粟橋のすぐ上流の川べりにあります。ごく最近の調査まで注目されなかったという、いわば見落としされていた巨樹です。

先月(2009.8)の洪水によって幹のかなり上まで枯れ草や材木がひっかかっています(写真1)。過去の幾たびかの洪水にも耐え、岸辺の土を守ってきたといえます。南には、宍粟橋(写真2)、西の対岸には、市の庁舎(写真3)が見えます。屋上には「森と共に生きるまち宍粟市」とあり、このコミュニティを歓迎してくれるのかなと思いながら、1枚カシャ。

撮影前、アカメヤナギとヤナギの名のついた木だから、葉は長いのかなと、思っていたが、違っていた。楕円形の葉でした。で、後からアカメヤナギについて、調べてみるとこんなことがわかりました。

「チョウ類のコムラサキの食草となる。赤芽柳の意味で、若葉が赤色を帯びることからこの名前がついた。別名であるマルバヤナギは他のヤナギ類に比べ葉が広く楕円形であるからである。材は軽くて柔らかく、昔は下駄や箱を作った。」とある。 人にとっても、蝶にとっても、有用な木だったんですね。

  ついでに、蝶のコムラサキを調べるとヤナギ類、クヌギ、コナラなどの樹液によく集まり・・・・とありました。紫に輝く羽が特徴です。普段よく目にする蝶だということがわかりました。ちなみに、紫が一段ときれいなオオムラサキは国蝶です。

※しそうみてある木 巨樹巨木100選
http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=94

※宍粟の自然の情報リンク
http://hyocom.jp/community.php?bbs_id=621
http://hyocom.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=56464&am…bbs_id=621

▼洪水の後  ▼南方面宍粟橋が見えます  ▼対岸に見える新市庁舎



「E-宍粟」支援隊“そーたん’s”

返信書き込みはありません。