タケネットの名城をゆく の「伊予 松山城 をゆく」
「伊予 松山城 をゆく」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
伊予 松山城 をゆく
【閲覧数】67
2019年03月28日 17:51

 

伊予 松山城  をゆく
愛媛県松山市丸の内1

 

▲中央が大天守

 

▲二の丸から本丸郭を望む

 

             

 

  ▲戸無門(となしもん)                  ▲紫竹門東塀に沿って右に曲がると大天守 

 

 

 

 

▲左:小天守、右:大天守(南面

 
▲筒井門と東続櫓(復元)      ▲焼失前(昭和13年撮影)説明板より


▲天守台から南を見下ろす

 

▲天守最上階から東方面の展望 道後温泉方面


 いよいよ四国の紹介です。最初は伊予松山城です。 城跡を通じて四国の歴史を探っていきたいと思います。松山市といえば道後温泉。過去何度か訪れたことはありますが、松山城跡に登城するのは初めてで楽しみにしていました。

 松山城は勝山の山頂に現存天守をもつ平山城で日本三大平山城(伊予松山城・姫路城・津山城)の一つと数えられています。
ただ初めて山麓から見上げたとき、天守が山頂に並ぶ城郭のどれだかわからなかった。その理由は後から知ることになりました。
 


松山城のこと

 松山城は関ヶ原の戦いで戦功をあげた加藤嘉明(よしあき、よしあきら)(家康の家臣加藤教明の長男、賤ヶ岳七本槍の一人)が伊予20万石で入封し、手狭な正木(まさき)城(愛媛県松前町)にかわる新しい城郭と城下町の建設地として勝山の地を選び、松山と名づけた。

  ようおいでたなもし
     

▲初代城主「よしあきくん」がお出迎え 

 勝山(標高132m)は松山(道後)平野の中央部にあり石手川に面した単独丘陵で、その山頂部に本丸を築いた。西南の中腹に二の丸、山麓に西南郭(三ノ丸)、東郭、北郭があった。

戦後まもない昭和22年(1947年)の航空写真(国土交通省開示)


伊予松山城古城絵図  (江戸中期~後期 国立国会図書館蔵)

 

 



 蒲生忠知の時代に二の丸に藩邸が完成した。
 松平定行のとき、寛永16年(1639)幕府に許可をとり、天守や門塀や石垣の修理・改修工事を行い、そのとき従来の五層の天守が三層に改築された。
 松平定国のとき、天明4年(1784)に天守が落雷により焼失した。
 松平勝善のとき、嘉永5年(1852)6年がかりで天守閣と楼櫓の復元した。

 大天守はもともと五層建ての天守台に三層天守を築いたため、城郭群の中にあって目立たないものとなっている。しかし天守、櫓等の建造物の連結のまとまりは、姫路城につぐ優美な姿を今にとどめている。
 松平定直が藩主であった47年間、学問を愛好し俳諧になじんだため、そのことが藩士の間でも広がり、松山の文化の土壌が育まれたことが知られている。

 


◇松山郷土菓子タルトのおこり 

 松平定行は長崎探題として長崎に赴いた時に持ち帰ったタルトが松山の郷土菓子のおこりという。

 

 

松山城周辺 (by Google)

 


中世の城 湯築(ゆづき)城跡のこと (上の写真右上)

 建武年間(1334~36)に河野通盛(こうの・みちもり)が築城と伝える。天正13年(1585)秀吉の四国征討軍の小早川隆景により開城。そのあと、隆景が伊予国35万石の大名となり、この城を本拠とするが、そのあとを継いだ福島正則がほどなく越智郡国分(今治)に移り、河野氏時代から栄えた湯築城は廃城となる。
 城跡には二重濠と土塁が昔の面影を残している。現在城跡は道後公園となり、松山随一の桜の名所で季節には多くの人が訪れる。

雑 感

 今回は、二の丸の庭園からはじまり、黒門口登山道(大手道)から本丸へ、帰りは県庁裏登城道(公園道)を降りた。そんなに汗をかくこともないゆったりとした登山道がよかったことと、本丸を支えるみごとな高石垣、天守からの眺めは格別だった。
 
 城山(勝山)の山平城は、登城安易な距離・勾配で城下展望の本丸天守をもつ、藩政の中心の城として最適な場所に位置している。次回来るときには城下の屋敷や町家の名残りを見てみたいと思っている。
 

 
▲黒門口登山道(大手道)       ▲登りやすい大手道

 

 

▲松山城天守内の展示物

 

松山城跡の二つの大井戸

▲左:山頂の大井戸  右:山麓の二の丸庭園内の大井戸


◆市内周辺散策

 
伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ) 

 

 
石手寺(いしてじ)


※参考:「日本城郭大系」「角川日本地名大辞典」他



◆ 宍粟(しそう)・播磨の城跡 をご覧ください。http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=122


返信書き込みはありません。