タケネットの名城をゆく の「備中 松山城 をゆく (2)」
「備中 松山城 をゆく (2)」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
備中 松山城 をゆく (2)
【閲覧数】64
2019年03月25日 16:40

 

備中 松山城 をゆく (2) 
岡山県高梁市内山下1

 

 

 

 

 

 

   竹田城(朝来市)の雲海は有名である。一方備中松山城の雲海も負けてはいないと、展望台からの雲海をテレビで紹介していた。

   昨年秋紅葉が始まる11月上旬に行ったときに中太鼓の丸あたりから、その展望台を見つけることができた。そして、2カ月経った今年の1月下旬好天気、備中松山城を思い立ち高梁に向かった。

 

 

 

▲高梁市観光案内地図(部分)

 


アクセス


   案内地図中央の東西に走る県道484号線を通り、案内板(⑫の下)から北へ4km。
展望台に至るまでに左(西)に展望の開けたところがある。そこから城山がかろうじて確認できる。

 

 

▲パノラマ 中央やや右の林の上

 


▲ズーム  肉眼では難しい

 

ここから展望台はすぐである。駐車スペースは4台ほどある。

 

 

 
▲雪が少し残っていた                
  

▲展望台
 
▲備中松山城の中太鼓の丸からみた展望台


 

▲肉眼で見える風景 城と城下が遠望できる

 


▲城をズーム


▲さらに最高倍率20X


展望台から引き返し、県道を西に進むと大ループがあり、その途中大久保峠からみた城山

 

 

 

  


▲ズーム


街中のJR高梁駅付近から城山を見上げた。

 

 


▲天守の上部が見える


 高梁川を渡って方谷林(ほうこくりん)公園の登り口から城山を撮る。城は見えないが峰々の連なりがよくわかる。
 この城山は古くは松山と呼ばれ、江戸時代以降臥牛山(がぎゅうざん)と呼び、手前から前山、小松山、天神の丸、大松山の四つの峰からなる。近世の城は小松山に、中世・戦国期の城跡は大松山、天神の丸にある。

 



▲方谷林公園登り口からみた城山 4つの峰が見える

 


▲城下のパノラマ  江戸時代高梁川は高瀬舟が活躍していた

 

 

城下散策

 

□ 武家屋敷通り

 

 

 

 


□ 頼久寺

 


▲小堀遠州作といわれる庭園は必見

 

 備中松山城は大河ドラマ『真田丸』のオープニングで使用された。以後観光客が後を絶たないようだ。
 天守北側に以前はなかった中世・戦国期の城郭跡のある天神の丸・大松山への案内板ができていた。

 


関連

備中松山城(1)http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=22505…1553475592

◆ 宍粟(しそう)・播磨の城跡 http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=122

 

▼マップは頼久寺を示す


返信書き込みはありません。