宍粟・播磨の城跡の「播磨 谷城跡(市川町)」
「播磨 谷城跡(市川町)」の書込一覧です。
播磨 谷城跡(市川町)
【閲覧数】4,085
2014年01月16日 17:50

播磨 谷城跡

かんざきぐんいちかわちょうたに

神崎郡市川町谷 

 

 市川は、兵庫県中部の朝来市生野町(あさごしいくのちょう)の三国山(標高855m)に源流を発し神崎郡域を南流し、姫路市飾磨区で播磨灘に注いでいる。

 古くからその市川沿いに街道が発達し生野街道または但馬街道と呼び播磨と但馬を結ぶ交通の要衝であった。その流域には多くの城跡・砦跡が残されている。それらは中世の室町期に赤松一族により播磨の北部の守りとして築城された。赤松氏は嘉吉の乱以降、播磨守護赤松氏の宿敵であった但馬守護山名氏との抗争の地となり、中世の末期には羽柴秀吉の侵攻により一掃され廃城となったという伝承に彩られた地域でもある。 

 

 

 

 ▲谷城の全景 南方面から                   ▲東方面から

 

 谷城の全体図 (藤原孝三氏作図)

                       

 

 

 

谷城跡のこと 

 

   市川中流域にある神崎郡市川町の西部の鶴居、神崎・田中・谷・小室・千原・近平(ちから)の七大字に中世鎌倉期に「永良荘(ながらのしょう) 」があった。

   南北朝期から室町期にかけて、市川町域は播磨守護大名赤松氏の支配に属し、赤松則祐(円心)の孫(長男範資の子)則縄が永良荘を本拠として永良姓を称したという『赤松盛衰記』。

 永良氏が播磨北部国境の守りとして市川町谷の古城山(標高206m)とその北峰つづきの稲荷山城を築き、永禄(155870)のころ戦火により焼失、廃城となったと伝えている。

 

 

 ▲昭和22年(1947)の航空写真(国土交通省)         ▲昭和49年(1974)の航空写真(国土交通省)               

            

▲谷城跡見取り図

 

永良氏のこと

 

  赤松範資(のりすけ)の子、則縄が始まりとする永良氏の出自や永良氏の城郭の伝承に関して、最近の研究報告によりいくつかの事実が明らかにされ、そこから従来の系図とはちがった見解が指摘される。

市川の護聖寺の銅鐘が数奇な運命で発見された。その銅鐘の銘文から、見えてきたものがある。

 

1、 市川の護聖寺の銅鐘が三次市で発見

 

 永良荘に宝華山護聖寺(現在廃寺)にあった銅鐘が、広島県の三次市にある三勝寺に存在していることがわかった。この銅鐘に記された銘文から銅鐘の巡った経緯と関わった人物から永良氏との関連が推定できた。

 護聖寺は、永和2年(1376)、赤松則村(円心)の孫にあたる範資の子師範(もろのり)が創建したとされ、開山に雲渓支山を迎えている。雲渓支山はのち上郡の法雲寺、京都相国寺に務めている。『雲渓山禅師語録(建仁寺蔵)』 

 

2、『投贈和答等諸詩小序』にみる播磨の雲渓支山について 片岡秀樹氏の研究から

 

 高坂好氏によると出典は記されていないが、護聖寺は七条流の赤松範資の子、師範によって建てられたとされている。しかし寺の法要の記録から、開山の時は師範は29歳で一寺の開山としては若く無理があるとしている、そもそも『萬年山聯芳録』には雲渓が播磨の壇越(施主)の援助によって創建したという。赤松師範の道号は「雪渓」で、師範が師と仰ぐ雪村友梅と雲渓支山の名を併せたものという。

 播磨守護赤松則祐が、永良荘を永良孫三郎に安堵している『永良文書』。赤松の複数の系図には、範資の子則春、範綱、則綱らが挙げられているが、孫三郎はその誰に当たるかは不明である。しかし『萬年山聯芳録』には、雲渓が晩年に住した相国寺玉龍庵の後を継いだ啓宗の父は永良則春であるという。そこから孫三郎とは則春のことかも知れないとしている。

 

3、 熊本藩主細川氏に仕えていた永良氏

 

 永良氏が熊本藩主細川氏に代々仕え、現在も存続されていることが判明した。細川家の家臣団記録に「赤松摂津」とあり、系図では氏祖を赤松則春としている。

 

4、 永良氏の武家官位は「近江守」!?

 

 明徳3年(1392)『相国寺供養記』に赤松則春の受領名に「近江守」とあり、応永19年(1411815日の『八幡社参記』にも、足利将軍の帯刀衆として供養した「赤松近江守満永」とあり、この地の最後の領主も「永良近江守雅親」とされている。これらの近江守の官位は永良氏が代々引き継いだものと考えられ、そうであるなら「赤松近江守則春」が永良氏初代とみられる。

 

 赤松円心の長男範資の子孫は赤松七条庶流家として、赤松光範が七条家惣領家となり、他には分家(在田・永良・本郷・広岡・葉山)があり、その多くが猶子※の関係をもったとされる。

※猶子(ゆうし):家督を受け継ぐ養子とは異なり、親戚や特別な関係の者と契約上の待遇をもたせた繋がりをいう。

 

           永良氏の系図 (考察)

 

 ◆市川護聖寺の銅鐘の移動経緯

 

 

 

   嘉吉の乱(1441)のあと、播磨は山名氏の管轄下にあり、護聖寺の寺領の返還を命ずる文書が残っており、その時点では護聖寺は存続していたことがわかっている。

播磨から周防山口の志駄岸八幡宮に奉納されたのは長享元年(1487)8月で奉納した大内政弘は応仁の乱後の下国して11年後のことであり、山名氏と大内氏との関連は、応仁の乱で西軍の山名氏に対し大内氏は大援軍で組みしていることから、大内氏の下国の手土産としたのかも知れない。銅鐘の追記にある前永興周省とは永興寺(ようこうじ)の前の住職のことであって、また大内政弘の弟であるという。銅鐘は一旦は岩国の永興寺(延慶2年1309年に大内弘幸が創建した臨済宗の寺)にあった可能性もある。

 

 

 銅鐘と銘文

  

          

 

 

  最後に銅鐘は、備後(広島県三次市)の三吉氏の所有となっていた。三吉氏は戦国時代は備後の国人領主であり、初め大内氏に属するも、その後毛利氏と同盟・交戦を繰り返す。天文22年(1553)三吉隆亮は父致高とともに毛利元就・隆元に対して、忠勤の誓詞を出し以後兄弟として勤めている。徳川綱吉の頃(1680~1709)、広島の浅野支藩三次5万石の浅野長治が三次氏を召抱え、三吉氏の所有する銅鐘を三勝寺に下げ渡した。大内政弘よって志駄岸八幡宮に奉納された銅鐘が、どのような経緯で三次の三吉氏に渡ったかについては、不明である。

 

 

アクセス

 

  谷地区の南に城の案内板があり、そこを左に入ると大歳神社がある。神社前に駐車が可能。

 

 

 ▲谷城跡の案内板                      ▲登城口となる大歳神社 

 

 神社前の遊歩道イラストマップより

 

神社の階段を登ると、玉垣や神社の寄付名簿に永良姓が確認できる。

 

 

 ▲ここが登り口                 ▲境内の玉垣に永良姓が

 

 

 

 神社の左裏の案内に従い、少し登るとこの稲荷神社と奥の社にづづく石段がある。

 

 

▲さらに奥の社の鳥居と石段                 ▲奥の社の左裏の案内板                

 

さらに奥の社をぬけ、登っていくと大きな堀切がある。いよいよ城域に入る。

堀切を避けて登る大歳神社からの道は後世の道だろう。

 

 

 ▲登山路                            ▲大きな堀切

 

 明るくなった道の右上を見上げると石積みが見える。

 

 

▲本丸はもうすぐ                        ▲右上に石積

 

案内板を右に進むと、見晴らしのよい曲輪跡がある。

 

 

▲案内板                             ▲最初の曲輪跡 

 

 

▲東・南が一望できる

 

この上部が主郭(本丸)である。東西20m・南北40mある。本丸の東斜面は侵入がむずかしい崖状の急斜面となっている。城の向きは東であることは容易に理解できる。

 

 

▲この上が主郭(本丸)                    ▲本丸東の急斜面

 

 

 ▲南側からの主郭(本丸)                  ▲北側からの主郭(本丸)

 

 

▲主郭(本丸)からの市川流域の展望

 

主郭(本丸)を下った北詰めには、やや大きな曲輪がある。

 

 ▲谷城跡の北詰めにある曲輪

 

西の谷には水の手がある。

 

 

 ▲井戸跡の案内板                      ▲井戸跡  西向きの沢でシダが多い

 

北側には三つの堀切があり、北尾根筋からの侵入を拒んでいる。尾根筋はハイキングコースとなり、横倉山観音堂へとつづく。

 

▲北側からみた谷城跡 三つの堀切と土塁がある

 

▲北の尾根筋にある案内板                 ▲尾根筋 

 

 北と南に厳重な堀切があるとすれば、大手道や居館跡等は西山麓にあるはずであるが、伐採の木々や地肌荒れ等により山上からでは確認できない。

 西山麓部分の探索を城郭仲間と数回重ねるうち、その大手道と思われる道を発見した。

 

  

▲西の山麓下の道              ▲竹やぶの下の石積みは?

                        

  

▲巨岩                               ▲西麓に流れる振子川   

 

 

▲地蔵堂の横に宝筺印塔や五輪塔が             ▲地蔵堂の由来

 

谷城の東西の山麓には多くの宝筺印塔や五輪塔が祀られているが、戦国期にこの場所で戦いがあったことを示している。

 

周辺探索

 

 

▲沢の構(かまえ)跡と説明板

 

 沢の構跡には稲荷神社が祀られている。道路敷設工事のときに発掘調査されこの南周辺に居館跡と堀跡が確認された。

 

▲護生寺の裏手にある宝筺印塔・五輪塔谷城の東山麓)

 ※護生寺、護聖寺(廃寺)とは別ですが、同じ敷地内に江戸時代に建立されている。

 

▲天満宮(小室)

 

雑 感

 

  市川流域の城を探索し始めたのが2年前で、それ以来市川町、福崎町、神河町に行く機会が増えた。この周辺は個人的な興味で最初は一人で登った。

 谷城跡に始めて登ったときは、きれいに整備され保存状態もよく、なによりも中世の典型的な山城跡だと感動を覚えた。その後は城郭仲間と共に何回か行った。何度行ってもたいくつしないのは、行くたびに何らかの発見もあるのだが、何か不思議な魅力にとりつかれているのだろうと思う。

 

 永良氏は赤松総領家に従った赤松一家衆の一つで、総領家の没落、再興の波に翻弄される運命をもったと理解している。残された城跡を探って、永良氏の中世の足跡を垣間見ることができればと思っている。

 

 

参考:「永良氏とその城郭」藤原孝三氏、『投贈和答等諸詩小序』にみる播磨の雲渓支山について」 片岡秀樹氏、「角川日本地名大辞典」

「三勝寺の銅鐘 by 箕園」http://leocorporation.web.fc2.com/goshouji-1.html

 

 

◆◆ 銀の馬車道を歴史遺産に ◆◆ 

 

 生野から姫路飾磨までの約50kmを「銀の馬車道」と呼んでいる。生野銀山の銀を運ぶ馬車専用道路で別名「生野鉱山寮馬車道」といい、この道を地域歴史遺産とし地域活性に活かすさまざまな取り組みが朝来市・市川町・神河町・福崎町・姫路市で始まっている。

 

 

 

 


書き込み数は6件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re[4]: 播磨 谷城跡(市川町)
【返信元】 Re[3]: 播磨 谷城跡(市川町)
2014年01月22日 16:58
先日は残念でした。資料は頂きました。

それにしても、いつも寸暇を惜しんでの遠征に 脱帽です。
加西の山下城は別タイプの城跡で興味をもっています。
雪が終われば高取城、但馬方面養父に抜ける谷筋の城砦群、それに未知の丹波も控えています。
 
未訪・再訪したいところが山とあるのは同感です。(^▽^)
Re[3]: 播磨 谷城跡(市川町)
【返信元】 Re[2]: 播磨 谷城跡(市川町)
2014年01月22日 15:48
日曜日の備前行は、残念でしたね。
山城攻めはなしでしたが
それなりに面白い見学会でした。

見学会前の土曜日、一宮の御形城と生栖城に登ってきました。
両方とも小さな城ですが
御形城は切岸、削平などしっかりと造られ
横堀状の帯曲輪、尾根を遮断する大堀切が見事でした。

生栖城は主郭の山側に築かれた土塁が特徴的な山城でした。
偶然出会った田路正幸さんのガイドで
鉄穴流しのことなど、いろいろな話を聞きながらの登りとなり
思いがけず、有意義な山城探索ができました。


赤松氏の場合、探索するにも範囲が広く
なかなか一筋縄ではいきませんが
市川筋の諸山城と遺跡群、養父に抜ける谷筋の城砦群
美作・備前など岡山東部の諸山城群 
未訪のところ、再訪したいところが山とあります。

次は、山下城、高取城が見学会の遡上にのぼりそうです。
楽しみです。
Re[2]: 播磨 谷城跡(市川町)
【返信元】 Re: 播磨 谷城跡(市川町)
2014年01月20日 20:37
 城郭や歴史に詳しいF氏やH氏の研究成果を紹介していることなので、私の場合は探求と言えても、研究とまではいきません。(^^;

 歴史については、おっしゃるとうりです。郷土史を理解して、貴重な歴史文化遺産を地域の誇りとして子に孫に語り伝えていくことが我々のなすべきことだと思っています。

 今から紹介する神崎郡には多くの山城跡があるにもかかわらず、日本城郭大系には香寺の恒屋城しか紹介されていません。
よくわからないかよく調べられていないからこそ、地域の遺構城跡とそれを根拠とした国人衆の足跡を探っていくのは面白いともいえます。
Re: 播磨 谷城跡(市川町)
【返信元】 播磨 谷城跡(市川町)
2014年01月20日 19:47
こつこつと一人で研究されおそれいりました。

歴史は今を生きる我々の元ですから大事にしなくてはなりません。

そして、我々も将来子や孫の元になって行きますから大事に生きて行かねばなりません。
Re[2]: 播磨 谷城跡(市川町)
【返信元】 Re: 播磨 谷城跡(市川町)
2014年01月18日 10:50
お褒めのコメントありがとうございます。2年もたち、やっとUPできました。


播磨・市川に根づいて活躍していた赤松一族の動きを城跡を中心に探っていくのは興味あることです.
Re: 播磨 谷城跡(市川町)
【返信元】 播磨 谷城跡(市川町)
2014年01月18日 09:49
谷城、アップされましたね。
いつもながら、その探究の深さと
ビジュアルに城を感じられる構成は
素晴らしいです。

これから市川沿いの
山城が増えていきそうですね。

楽しみにしています。