宍粟の地名(由来)の「宍粟市の難読地名番付作成!」
「宍粟市の難読地名番付作成!」の書込一覧です。
宍粟市の難読地名番付作成!
【閲覧数】7,037
2012年06月14日 22:06
宍粟市難読地名の番付表を作成しました!

 平成の大合併において宍粟市の市名は旧・宍粟郡がそのまま継承されました。そして、その宍粟市は難読・誤読地名の西の横綱に選ばれるという光栄(?)に浴しました。
 ※竹内正浩著「日本の珍地名」で難読・誤読地名番付による(最下部写真)

 同時に“宍粟”は読めないだけでなく、書けない、どこにあるかわからない、という三拍子そろった地名だと揶揄(やゆ)されています。

 どこにあるかわからないとは今後のPRの課題としても、宍粟の地名は播磨国風土記(奈良時代)に記され、確認される地名としてこれほど古い地名はないのです。

 行政上の都合で繰り返される地名変更、特に新たに命名される軽薄な地名と違って歴史の深さや重みはこれ以上のものはないのです。その意味で、大半の市民がこの地名を市名に選択したことは間違ってはいなかったと私は思っています。

 ちなみに、東の横綱は下総国(現在の千葉県)の匝瑳(そうさ)市。この市名も、古代(奈良・平安時代)からの郡名。宍粟市との共通点は郡名であったことと、さ行の発音が中心であることがいえます。匝瑳(そうさ)の匝の読みも書き順も難しい。この文字は、岡山県赤磐市の一地区の周匝(すさい)でも使われています。意味はめぐり、周だとか。
 ※匝瑳市ホームページに「匝瑳の由来・語源」
http://www.city.sosa.lg.jp/index.cfm/18,5904,259,1,html

 さて、宍粟の地名は、播磨国風土記(奈良時代)に国造りに名を馳せた伊和大神(イワノオオカミ)がアメノヒボコと国占めの争いを繰り広げ、その中で多くの地名が生まれていったことが記されています。すでに奈良時代には宍粟の主な地名がほぼできていたようです。

 それだけ古い地名の中には、読みの難しいものや珍しいものが数多くありますが、読みの難しいものに絞って独断と偏見ですが相撲番付風に宍粟市難読地名番付を作って見ました。
 スムーズに読めるかどうか試してください。

◆読めない地名は、しそうの地名(由来)のコミュニティのアドレス一覧http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=102で確かめてください。
 

▼難読地名番付         ▼読み       ▼難読・誤読地名番付
 

書き込み数は8件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re: 宍粟市の難読地名番付作成!
【返信元】 宍粟市の難読地名番付作成!
2012年07月16日 21:42
宍粟市難読Tシャツなるものが発売されましたね。
このトピックとは関係なく作繰られたようですが…

http://tokusaya-bungu.jp/
Re: 難読市名東西横綱タッグ(朝日新聞千葉版)
【返信元】 難読市名東西横綱タッグ(朝日新聞千葉版)
2012年07月08日 11:16
匝瑳市には、JR総武線の八日市場駅がありますね。地図上で視ると成田国際空港が近く、東に行くと銚子市。パンフレットをみると古い街並みや植木市が開かれたりと宍粟市と共通点もありそうです。

一度、訪れてみるのもいいかも♪
難読市名東西横綱タッグ(朝日新聞千葉版)
【返信元】 宍粟市の難読地名番付作成!
2012年07月08日 00:14
2012年6月2日付朝日新聞千葉版に
難読市名東西横綱タッグというタイトルで、匝瑳市と宍粟市のご当地キャラによる交流の記事が出ていました。

この新聞記事はSNS会員が千葉の友人から入手されたそうです。その新聞記事を紹介します。

ちなみに、6月29日に俳優の地井武男氏(70)が亡くなり、その出身地が千葉県八日市場市(現匝瑳市)であったことがわかりました。

▼朝日新聞千葉版の記事
Re[2]: 宍粟市の難読地名番付作成!
【返信元】 Re: 宍粟市の難読地名番付作成!
2012年06月15日 23:35
地域や城跡を知るには、地域の地名(小字)を見る必要があること感じ取っています。兵庫県の小字名集はありますが、その図面がないのでなんとかならないかといつも思っています。
Re: 宍粟市の難読地名番付作成!
【返信元】 宍粟市の難読地名番付作成!
2012年06月15日 23:14
宍粟の難読地名、半分以上が読めませんでした。
タケネットさん、守備範囲がドンドン広がりますね。
Re[3]: 宍粟市の難読地名番付作成!
【返信元】 Re[2]: 宍粟市の難読地名番付作成!
2012年06月15日 23:06
音水も候補にあげてはいたのですが・・

富土野町の字を富士野町と書かれたものを見たことがあります。確かに間違いやすいです。

上ノは元は、上野だったのでしょう。省略形だと思います。その川下は中野、そのまた川下は、下野(現在東下野)で野がついています。

おっしゃるとおり、地域の住民が呼びあっていた小字には面白いものがたくさんあって、地形の格好からきたもの、基準になるものの前後・方角、危険を知らせたものなど、なぜそう名付けたのかを探ることは、地域を知る上で意義のあることだと思っています。佐用町(旧佐用町)の町史には小字の由来まで詳しく紹介されていました。

一宮町については小字配置図が発行されていますが、宍粟市全体のものが欲しく思っています。
Re[2]: 宍粟市の難読地名番付作成!
【返信元】 Re: 宍粟市の難読地名番付作成!
2012年06月15日 22:35
阿舎利といえば、阿舎利山・阿舎利の名水で有名な地です。しかし、一宮町河原田の小字なので割愛しました。地名の由来では、阿闍梨という高僧がこの地に薬草を求めてやって来たとういう説もあります。
Re: 宍粟市の難読地名番付作成!
【返信元】 宍粟市の難読地名番付作成!
2012年06月14日 22:54
「阿舎利」なんかどう?

また、山の名前なんかでもやってみると面白そう…