宍粟・播磨の城跡の「赤松氏ゆかりの城 ~ 城山城 ② ~」
「赤松氏ゆかりの城 ~ 城山城 ② ~」の書込一覧です。
赤松氏ゆかりの城 ~ 城山城 ② ~
【閲覧数】7,337
2012年02月02日 12:51

 赤松氏ゆかりの城を訪ねて

 

城山城(きのやまじょう)跡へのアクセス(2)  主郭から亀山頂上に向かって

 

▼越部古道散策マップより          ▼城山城縄張図

 

 

 城山城跡の中心部の案内板を右(北)の亀山に向かいます。右手の主郭の曲輪群を右に見ながら、登っていくと、石塁Cの案内表示があり、それに従って進みます。

 

▼城山城跡の表示                    ▼次のルート案内

  

▼石塁Cの表示                       ▼途中の表示(石塁までもう少し)

 

 

 西の谷あいに突如、大きな石塁が現れます。その規模は、高さ3m・全長約40m。城山城の最大の見所です。ここに来て初めて、「このような高い山上になぜこのような石塁を!」と驚嘆させる最大の遺跡です。

 

 

 

 元に戻り、亀山山頂に向かうと、山頂に門の築石の案内(5分)があり、左(西)に向かいます。

 

 ▼亀山(城山) 標高438mの表示     ▼築地の案内

  

 

 尾根筋の途中に古代山城の門の築石(礎石)が点在する。思っていたより大きな築石で、凹字形をしています。大きくえぐられた四角は60cmあり、そこに角柱を立て、その内側の四角のくぼみ30cmに扉をつける角柱が据えられる。中央部の段差は扉の開閉を調整するためだそうです。これらの築石は、その上の削平地からずり落ちたと考えられます。

 

 

 

 元に戻り、亀ノ池(きのいけ)に向かいます。途中、自然のモニュメントの亀岩が出迎えてくれます。山の名は、亀山(きのやま)、池の名は亀ノ池(きのいけ)、このモニュメントは亀石(かめいし)、実に亀ずくしといえます。

 

▼亀石

 

 

 亀山山頂から北の尾根を進み、いくつかの曲輪を過ぎ、大きな堀切と横掘を進むと、亀の池方面に進みます。

 亀の池は、水を満々とたたえ水面を鴨たちが泳いでいました。しばし、その光景に登山の疲れが癒されました。

 

 ▼亀の池 

 

                                 ▼池より 北の山々の展望

  

                                 

 

  この池の先は、左に行けば中垣内、右が井関三神社奥宮があります。この亀の山には奈良時代の「播磨国風土記」に水の争奪戦の伝承があります。出水里がこの遺称地であるとされています。

 

 

 

もとに戻り、北に進みます。案内板にはこのまま北に進めば、祇園嶽、東は馬立てとあり、下山の道を選びました。

 

 

 

下山は、急な傾斜や石場、そしてしだ群のある変化のある道で、ロープが用意されています。途中の出っ張った岩場からの眺望は絶景です。(※ ここからの景色は、末尾にビデオでご覧ください。)

 

 

 

 山麓が近くになると、落ち葉が多くなり、あちこちに丸い山形の古墳が次々と目に入ります。これが姥塚古墳群(古墳時代後期)。全部でその数30基。多くの古墳は今もなお形を留めています。

 

 

 

 山麓の山神社の横にある古墳の中に入れば、その石積みがよくわかります。

この周辺は越部の里といい、はっちょう塚古墳群、市野保(いちのほ)裏山1号墳や、越部(こしべ)廃寺(古代寺院跡)遺跡など古代の遺跡が多く見られます。

 

山麓の水涸れした山根川を渡り、馬立の集落に降りました。

 

▼山根橋                          ▼馬立 ここは城山城の登山口でもある 

  

▼馬立(うまたて)の像

    

 ◆ 興聖寺(こうしょうじ)  下野田(下野田橋を渡り左すぐ)

 

▼興聖寺                           ▼赤松氏の念持仏や位牌

  

 

興聖寺は、赤松氏の菩提寺であると伝えられ、赤松満祐の念持仏(毘沙門天像)や位牌などがあります。登山時にお茶を頂き、写真を撮らせていただきました。

 

 

雑感

   嘉吉元年(1441)9月10日、赤松満祐や郎党が自刃したといわれている場所に三基の墓碑があります。その場所は主郭の中ほどの当時の水溜め場のあたりで、杉林に覆われ薄暗く、近寄りがたい雰囲気があります。

  嘉吉元年(1441)6月24日は、赤松家及びその一党を震撼させ、赤松一族の運命を変えた日です。播磨国守護赤松満祐は、前代未聞の室町幕府第6代将軍足利義教を暗殺するという嘉吉の乱を引き起こし、室町幕府の権威を大いに失墜させました。それは、下克上の戦国の世に突入するきっかけをつくったともいえますが、その代償は、赤松に同調する者もなく、幕府の追討軍にことごとく討ち果たされ、無念の自刃と赤松の破滅。ただ、息子教康(のりやす)や兄弟たちの脱出を見届けての自決であり、その後赤松の血がなんとか残され、お家再興のチャンスが訪れることになったのがせめての救いだったのかと思われます。

 

 

※城山城嘉吉の乱1 http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=15374…bbs_id=122 

※しそうの城跡一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=122

 

 「E-宍粟」支援隊そーたんs

 

▽ビデオは、城山城の中腹より東を望む(22秒)


書き込み数は4件です。
[ 日付順 ] [ 投稿者順 ]
Re: 古代山城の門の形状イメージ
【返信元】 古代山城の門の形状イメージ
2012年02月05日 12:26
古代の門 想像図
なるほど!なるほど!!
分かりやすいです。
Re: 赤松氏ゆかりの山城 ~ 城山城 ② ~
【返信元】 赤松氏ゆかりの城 ~ 城山城 ② ~
2012年02月04日 10:08
なるほど、なるほど、細かい観察ですねー。
古代山城の門の形状イメージ
【返信元】 Re: 赤松氏ゆかりの山城 ~ 城山城 ② ~
2012年02月03日 14:55
いいタイミングで、コメントを頂きました。

岡山県総社市の鬼ノ城は別格で、古代山城の見本として参考になります。 
 この城山城の西方の尾根筋で2つの築石を見て、あとで写真で確かめると、どうも中央部の細工に違いがあることがわかりました。

 一つは、数センチの段差を設けたものと、もう一つは4・5cmの溝状に彫ったものとがありました。

 築石(唐居敷)の説明をもとに、門の形状を図で書いてみました。
どうも、段差のあるものは、門を外から押しても動かない仕組みだったと考えられるし、もう一つの溝状の彫りは、最初からさしこむなどし動かないように締め切ったものとみました。

 この門は、少し上の崖上にある削平地の端に造られていたものと考えられ、常時人が出入りする門ではなく、基本は守りで時により攻撃のために一方が外開きになっていたと考えてみました。
‥‥どうでしょうか?

▼門の形状 イメージ  ▼段差のある築石  ▼溝のある築石
Re: 赤松氏ゆかりの山城 ~ 城山城 ② ~
【返信元】 赤松氏ゆかりの城 ~ 城山城 ② ~
2012年02月03日 14:16
あのあたりは鶏籠山は見ていますけれど何となく走っていますが、すごいものがあるのですね。鳥籠山は中世古城と近世城、城山は古代古城と中世古城か!!!。門の礎石の削った痕など見ると大きな柱の門が目に浮びますね。(岡山の鬼の城を見てるからイメージがうかびやすいのかなナ)