宍粟・播磨の城跡の「赤松氏ゆかりの城 ~山王山城 (美作市大原) ~」
「赤松氏ゆかりの城 ~山王山城 (美作市大原) ~」の書込一覧です。
新着返信
返信がありません
QRコード
赤松氏ゆかりの城 ~山王山城 (美作市大原) ~
【閲覧数】3,430
2012年01月26日 17:50

赤松氏ゆかりの城を訪ねて

 

 

            さんのうさん           おはら

美作 山王山城(小原城)                     

 

岡山県英田郡大原町古町(現美作市大原)

 

 

▼大原地区の鳥瞰    by google

 

 

 今回は、美作市大原にある山王山城(小原城)跡を訪れました。

  大原町(現在美作市大原)は岡山の北東部に位置し、江戸期には宿場町で栄えた町で、宮本武蔵の生誕の地として有名です。近年大原宿の古き町並みが保存整備されています。ここから北へ進むと西粟倉(にしあわくら)があり、この先は、志戸坂(しどざか)峠を越えると、鳥取県八頭郡智頭町につながっています。

 

  中世の時代、この岡山北部の中国山脈は、山陰と山陽の勢力の境目でもあり、この大原の地域は赤松の勢力の北限に近い地域であったところで、山陰の勢力尼子氏や山名氏との戦いが繰り返されました。

 

  江戸時代鳥取藩は、参勤交代には因幡街道を利用し志戸坂峠(851m)別名駒帰(こまがえり)峠の難所を越え、大原・平福・三日月・新宮千本の各宿場町を利用しながら、姫路経由で江戸に向かいました。

 

▼鳥取藩の参勤交代の出発コース

 

山王山城小原城)のこと

 

  山王山城(小原城)は、古町の東の朝霧山(355m)山頂にあります。地元では城山と呼んでいます。

  鎌倉末期の建武2年(1335)、足利氏方の赤松の武将小原孫次郎入道信明が築城しました。康安元年(1361)山陰の山名氏が攻め入り、落城したといいます。その後 康正2(1456)、今度は赤松方の武将宇野家貞が播磨高田から入り、城の修復をしました。宇野家貞は、新免長重に嫁した妹の子を養子とします。これが宇野貞重で、後に新免伊賀守貞重と改めます。貞重が明応2年(1493)下町の竹山城に移り、この城は廃城となりました。

 

※城跡に「小原山王城趾」と書かれた記念碑に、応永23年(1416)に竹内伊豆守久秀が入城し、以下4代康正2年(1456)まで在城し、靍田城(岡山市北区建部町鶴田か)に移るとありました靍田城が廃城になったあとの城主の一族の記念碑のようです 。

 

  新免伊賀守貞重は、下町の西にそびえる山(430m)に竹山城を築きました。以後、この城は山名氏や尼子の標的にされています。そして慶長五年(1600)の「関が原の戦い」まで存続したといいます。

 

山王山城小原城)跡へのアクセス

  

 山王山城(小原城)跡は、大原古町の東山麓の大原神社の背後にある山の尾根上にあります。神社の左の道を進み、社殿の背後を上ります。途中木の階段があります。登りきると第一の郭が現れ、さらにその奥には第二の郭「本丸」があります。

 

▼大原神社                         ▼神社左から回り込む

 

 

▼登りの階段                        ▼最初の曲輪からの展望

 

 

▼最初の曲輪                       ▼城主の一族の記念碑

 

 

▼主郭の次に大きな堀切が三箇所ある        ▼堀切を越え、上りきると主郭に至る

 

 

▼主郭の先に※高射砲台の跡

 

※太平洋戦争時に、爆撃機をねらった高射砲の設置台が残っていた。

 

 

 

※しそうの城跡一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=122

 

「E-宍粟」支援隊そーたんs 

 


返信書き込みはありません。