タケネットの名城をゆく  - トピック返信
新着返信
返信がありません
QRコード
豊前 小倉城をゆく
2019年03月29日 22:28


 小倉城 をゆく 
北九州市小倉北区城内

 


 

 

 

 


 小倉といえば映画「無法松の一生」で知られる祇園太鼓がある。毎年7月の祇園祭では山車が繰り出され、玄界灘の荒波をほうふつさせる太鼓の両面打ちの荒々しい音が響きわたる。
 その小倉に数十年ぶりに訪れると、駅周辺に走っていたちんちん電車は既になく、替わってモノレールが走り、街はビルが立ち並び大きく変貌しているのには驚かされた。
 現在小倉城跡は勝山公園として整備され、昭和34年に復元された天守は歴史観光のシンボルとなっている。


昭和34年の復興天守の建築前後

▲昭和32年(小倉城内展示)                ▲昭和34年 (小倉城内展示) 


小倉城跡のこと

 小倉は関門海峡を押さえ、九州の咽喉(のど)にあたる要所に位置する。秀吉による九州討伐後、天正15年(1587年)家臣の毛利勝信が企救(きく)・田川の両郡6万石を与えられ、小倉の城主となる。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍で出兵するも、その間に小倉城は、中津城主※黒田官兵衛孝高に落とされた。

※黒田官兵衛孝高は、天正15年(1587年)秀吉から豊前国6郡、京都(みやこ)、仲津、築城(ついぎ)、上毛(こうげ)、下毛(しもげ)、宇佐郡の12万3千石が与えられ、豊前京都郡馬ヶ岳城に入り、翌年中津で築城を開始した。


▼福岡県行政区画図


(角川日本地名大辞典より)

 関ヶ原の戦いの後の慶長7年(1602年)、細川忠興が豊前1国と豊後2郡39万石の外様大名として中津に入った。そのあと、忠興は小倉城の大改修を行い、紫川を天然の堀とし城内に町を取り込む総構えの城を築いた。このとき築かれた5層6階の天守閣は黒塗り下見板張りの独特の構造で、「南蛮造り」「唐風造り」と呼ばれた。


▼豊前国小倉城絵図(国立公文書館 デジタルアーカイブ)

 


 忠興の跡を継いだ忠利が寛永9年(1632)肥後熊本藩54万石の領主として熊本城に移った。小倉城には、播磨明石から小笠原忠真が15万石の譜代大名として入城した。以後幕末まで10代、240年間にわたって小笠原氏が治めた。


・参考 「角川日本地名大辞典」他



▲絵図の部分               ▲航空写真 (国土交通省 1974)

 
 
 絵図には本丸を取り囲んで多くの堀が見られる。東の紫川や西の板櫃(いたびつ)川、そして寒竹(かんたけ)川や砂津川を取り込み幾重にも堀を張り巡らし,防御を厳重にしている。本丸、二の丸、三の丸の周辺に侍屋敷、寺社、町屋敷を組み込んだ大規模な惣構えの城となっている。
 現在、堀は天守周辺を残すのみでほとんど埋められ、道路や宅地に転用されているのがわかる。

 

 
▲西ノ口門跡             ▲鉄門跡に旧第12師団司令部の正門※

※第12師団司令部の正門が本丸入口の鉄門(くろがねもん)跡に残されている。司令部は明治31年(1898)建てられ、森鴎外が軍医部長を務め、この門を通り登庁していた。司令部は大正14年(1925)久留米に移転した。

 

 
▲下屋敷と庭園 (天守から撮影)  

     

▲下屋敷から見た天守


路面電車が走っていた昭和の小倉界隈

▼昭和35年小倉井筒屋から砂津方面 ▼昭和39年中央奥が市民病院  (小倉城内展示)
         


参考 小笠原氏関連
・播磨明石城をゆく http://blogs.yahoo.co.jp/takenet7/35053470.html
・安志藩 小笠原氏 http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=14211…bbs_id=122

◆ 宍粟(しそう)・播磨の城跡 http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=122