宍粟・播磨の城跡 - トピック返信
新着返信
返信がありません
QRコード
小代・城山城跡(美方郡香美町)
2017年08月12日 20:19

 

おじろ    じょうやま

小代・城山城跡  美方郡香美町小代区 

 

  

 養父市大屋町の諸城の探索の後、羽柴秀長の家臣藤堂高虎を苦しめた小代一揆の本拠地小代・城山城をいつかは見てみたいと思っていた。しかし小代は但馬北西部の山岳の谷合にあるので、事前の下調べをすると城跡は「ふるさと歴史公園」として整備され、城山頂上付近まで車で行けると知り、雪解けの桜の咲く4月中旬、いくつもの山越え谷越えの道を進んでいった。

 

 

 

 ▲矢田川東岸より

 

小代・城山城跡のこと

 

 小代区の中心部の矢田川と久須部川の合流地点の山上の標高396.7m(比高120m)にある。

城の縄張りは主郭(東西約11m、南北22m)を中心に、四方に延びる尾根筋上に連郭式砦(曲輪)をもち、個々の曲輪跡は小さいものの、城域は東西510m、南北500mの規模をもつ。山麓の「字段の平」に城主居館があったと考えられている。

 城主は朝倉氏・八木氏・田公(たきみ)氏と伝わる。田公氏は天正五年(1577)羽柴秀吉の第一回但馬侵攻のとき、城山城を捨て因幡に逃走したという。

  小代一揆勢はこの城を本拠とし、藤堂高虎が攻め寄せたが撃退した(小代合戦)という伝承がある。

 

 

 

▲イメージ図 説明板より

 

▲小代・城山城図(一部着色加える) 説明板より

 

▲城山城周辺図 ( P:駐車場、赤丸:四方の砦)

 

 

▲城山方面からの小代を見る 

 

 

小代合戦

 

 小代合戦そのものを記録した一次史料はなく、地域伝承と藤堂家の年譜録と実録の記録が残るものの、その実態がはっきりしていない。

 

 地元伝承として、「七美郡誌稿」地元八木玄蕃著(明治時代)には、藤堂高虎率いる120騎が小代谷に攻め入り谷中の寺々を焼き払い古城山(城山城)を攻め寄せたが、太田垣、広井、小代大膳等は抗戦し、二方郡栃谷城の塩谷勢(50騎)の挟み撃ちになり、高虎勢は壊滅し、高虎はただ一騎で広井坂(一二峠)、天滝を越えて敗走した。

 余勢を駆って、一揆勢30人は大屋に攻め入り、横行に要害を構えて攻撃し、これに対し藤堂勢は、蔵垣・筏・栃尾館で抗戦し、勝利を収めた。

 その後、秀吉勢(堀尾吉晴ら)は七美郡に入り、「射添強盗」(いそうがんどう)を平定した。

 ※射添は村岡町内にある地名

 

 藤堂高虎家に残る記録として、「公室年譜録」には、天正5年秀長の但馬攻めのとき、小代大膳・上月何某ら92名が抵抗した。秀長は藤堂高虎に鉄砲数艇をもたせ、小代勢掃討を命じた。小代勢が大屋に侵攻し栃尾館を包囲したが、藤堂勢が応戦し、一揆の大将富安丹後・瓜原新左衛門等を打ち取り、小代勢は退散する。その後小代の砦を攻略した。しかし小代勢は分散しながらも勢力を保持し、秀吉来但の時、謀略により高須(村岡町)で召捕り極刑に処した

 

もう一つ、「高山公実録」(藤堂高虎一代記 幕末編纂)に、藤堂高虎と小代一揆勢の攻防は天正8年~9年(1580~81)の2年間戦った。一揆勢は小代だけではなく宇津賀(兎塚)(村岡町)からも押寄せた。小代勢は「上月某・小代大膳などと申す者一類九十二人」、「横行と申す山中に一揆共山籠いたし、要害を構、小屋掛け居り申す」、「天滝を越え横行山へ突出て、蔵垣において数度御合戦」等の記述あり。・秀吉の来但の記録:播磨から明延を越え大屋に入り、栃尾加賀守屋敷に立ち寄り、栃尾氏に判物(大屋の内川の支配権)を与えた。さらに秀吉は栃尾屋敷から小代に直行し一揆勢を捕縛し高須で獄門磔刑に処した。と公室年譜録よりやや詳しく記述されている。「大屋町史」より

 

 地元伝承と高虎家の記録とは時期や内容は一致しない点がある。地元伝承では攻め寄せた藤堂軍を撃退し、大屋まで追い込んでいるのに対し、藤堂家の記録では小代での敗退は触れられず、大屋に攻め入った小代勢を撃退させ、その後小代を攻略したという。

 いずれにせよ根強い小代勢の一掃は天正9年の因幡・鳥取城攻めの前の秀吉本隊の出動までまたなければならなかった。

 

 

 

 ▲但馬・因幡の主な城配置図

 

 

アクセス

 

 養父市大屋を抜け国道9号線から村岡区萩山の一二(ほい)峠を越えて小代に入った。

小代の谷筋に入り、ふれあい温泉おじろんを目指す。おじろんから久須部川沿いに進むと城への案内板あるので、左折し登って行くと歴史公園がすぐである

 

 

 

  

▲久須部川                       ▲整備された城山への道 

 

 

▲駐車場 トイレあり             ▲城図と詳しい説明 

 

 説明板のある部分は南砦にあたり、ここから北の尾根筋上に歩道が設けられ、主郭につづく。途中堀切があるが歩きやすいよう小さな橋が設けられている。

 

  

▲歩道が整備されている            ▲堀切に敷かれた小さな橋 

 

最後の階段を登ると、主郭にいたる。城山をイメージした木の櫓が造られている。

 

 

 

 

東西南北の各砦の案内板がありわかりやすい。主郭の西側には数段の曲輪があり、さらに進むと西砦に至る

 

  

▲北・西砦案内板               ▲主郭の西側の1番目の曲輪跡 上からの写真

  

▲主郭の西側の2番目の曲輪跡

 

東砦へは急勾配だが、階段が敷かれているので楽に降りられる。

 

 

▲東砦案内板                 ▲尾根筋に階段が敷かれている

 

▲東砦

                  

  

 

雑 感

 

  城跡は公園化され、歩道が整備され櫓が建てられここが中世・戦国期の城跡であることを多くの人に見てもらいたい、知ってもらいたいという地元の人たちの思いが伝わってくる。

 

 東西南北に砦を配した堅牢な城山城。最も守りの重点においたのは北砦だろう。その北砦から山麓に降りたかったが時間の都合上できなかった。次回行く機会があれば、北砦と山麓の居館跡地などを探索したいと思っている。

 

 秀吉にとって小代の一揆勢の存在は毛利との因幡鳥取合戦の前にうるさい存在だったようで、配下の者に指示を出し、最終的に自ら鎮圧に出陣している。因幡・鳥取城合戦には山陰の海路と但馬内陸部の因幡に通じる街道を押さえる必要があり、すなわち但馬から因幡若桜鬼ケ城にいたる氷ノ山越えの歩行・兵站ルート確保には小代勢の排除が最優先だったと考えられる。

 その小代・村岡を拠り所とした小代一揆勢は強盗(がんどう)と呼ばれていたが、捕縛した一類への獄門磔という厳しい処罰は秀吉の怒りに触れたものだったようだ。

 「高山公実録」に秀吉が但馬大屋の栃尾屋敷に出向くのに、播磨宍粟郡一宮町富土野経由で明延から大屋に入ったとあるのは興味深い。

 

 

[関連] 藤堂高虎と小代一揆

但馬 蔵垣城跡(養父市大屋町)          

http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=21872…1479435792

因幡 若桜鬼ケ城

http://shiso-sns.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=17555…1360336445

 

※宍粟・播磨の城跡一覧

http://shiso-sns.jp/community/?bbs_id=122 

 


書き込みツリー表示
小代・城山城跡(美方郡香美町) - 17/08/12 20:19 (タケネット)